JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5404
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

猫の(元ノラ、家に来て8年年齢不詳)左足にコロコロがあり、リンパ腫の可能性が高いと言われ、針生検をして病理検査をしま

解決済みの質問:

猫の(元ノラ、家に来て8年年齢不詳)左足にコロコロがあり、リンパ腫の可能性が高いと言われ、針生検をして病理検査をしました。結果は非上皮性悪性腫瘍が第一に考えられるでした。かかりつけの獣医さんは、悪性なのは間違いないから腫瘍は取った方がいい。悪性だけどリンパ腫かどうかはわからないから外科で腫瘍を取って再度、病理検査に出し、その結果、抗がん剤治療にするか、別の治療にするか、それとも取っただけで何もしなくても大丈夫かもしれないしと言われました。ただ・・・以前から鼻詰まりが病院の薬では治らず別の病院の漢方専門の獣医さんに処方してもらっていて、その獣医さんにも相談しました。その獣医さんは(猫の状態は見ていなく、私の話だけですが)リンパ腫の可能性が高いので、免疫の下がる抗がん剤・手術は反対派で漢方で治癒するので抗がん剤・手術はやめて下さいと言われてしまいました。二人の獣医さんは信頼していますが、考え方が違うので迷ってしまっています。かかりつけの獣医さんは、まだリンパ腫かどうかはわからないと言いますが、私も沢山調べたんですが、リンパ腫の可能性が高いのではと思っています。リンパ腫は完治が難しく延命治療になり、殆んどが抗がん剤治療みたいですが、うちの猫は精神的に大変弱く、病院に行くだけで開口呼吸・ヨダレダラダラになってしまい死んでしまうのではないかとの状態になる為、通院は難しいと思っています。ただ取らないよりは取った方が抗がん剤治療は考えていなくても、取った方が少しでもいいのかなぁと思ってもいます。手術をするとしたら予定は一週間後です。今現在の状態はリンパ腫の可能性ありと言われてから癌にいいという漢方・サプリを飲ませていていますが、腫瘍の大きさは半分になっています。まだ、元気で食欲はありますが、咳が時々出ます。一人の獣医さんに手術はやめて下さいと言われてしまってどうしたらいいか悩んでいます。どうしたらいいかわかりません。先生のお考えをお聞きしたいのですが。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

東洋医学と西洋医学の違いの狭間でお悩みとのことですね。

私であれば猫ちゃんの状態がよいのであればまずは東洋医学の治療を行い
反応が無い、腫瘍が大きくなってくるなら西洋医学にスイッチするでしょう。

また西洋医学でも最近は免疫療法といって体から免疫調節リンパ球を取り出して
実験室でこれをふやして猫ちゃんの体に戻す治療法があります。
(まだどの腫瘍でも効くということではありませんが、それなりに効果を出す)

こうったものを使用するのも手だと思います。

リンパ腫はできている部位にもよりますが、手術することは少ないので
内科治療が主です。また腫瘍の中では抗がん剤に対して1,2を争う位
抗がん剤や放射線治療に反応がよい腫瘍でもあります。

大変ですが、自宅への往診でもある程度は治療ができると思います
担当医と相談してみてください
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

有難うございます。きっと漢方の獣医さんがいなければ、かかりつけの獣医さんが言う様に、即手術・抗がん剤をしていたと思います。かかりつけの獣医さんに、それとなく漢方・サプリの話をしましたが、漢方(東洋医学)で治療出来るなら獣医師の間で話題にならないはずがないと言われてしまって・・漢方・サプリは信じるなと言われてしまいました。リンパ腫は抗がん剤が効きやすいというのも調べましたが、再発大というので、ストレスなどを考えると無理だと思います。私の本心は、弱い子なので出来れば手術はしたくありません。先生のいう通り東洋医学の治療を行い反応が無い、腫瘍が大きくなってくるなら西洋医学にスイッチするでしょうという言葉に気持ちが落ち着きました。免疫療法についても勉強になりました。


 

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
実際に小さくなっているのであれば効果があるのでしょうから
まずそのようにしてみるのも手でしょう。

お大事にどうぞ

猫 についての関連する質問