JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5403
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

<猫> 名前:風(ふう)、種類:ゴールデンチンチラ、毛色:茶+白、生年月日:2001、 歩行中、後ろ足が床フロ

解決済みの質問:

<猫> 名前:風(ふう)、種類:ゴールデンチンチラ、毛色:茶+白、生年月日:2001、

歩行中、後ろ足が床フローリング上でハの字状に開き始めました。その後2〜3日で前足も開き始めてもつれ出しました。。基本的な歩行は出来るのですが、ふらつき、進行方向への蛇行、体毛の逆毛などが出はじめ、家族からはなれた場所で、動かずにぐったりしている状態です。地元の獣医さんに見ていただき、腎臓他の血液、各所レントゲンなどの検査をしていただいたのですが、特になにも発見出来ませんでした。現在、ステロイド系の薬を頂戴しております。そのおかげと思いますが、最低限の食事だけは食べております。お医者さんには年令でもあるし、これ以上のことはと言われていますが、なんとか助けたい思いでメール致しました。よろしくお願い致します。秋元
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

考えられる病気としては

①免疫介在性のリュウマチなどの関節炎 
 レントゲン検査だけでははっきりとわからない場合があります
 関節液の穿刺検査や抗核抗体検査(血液)で診断します

②心臓疾患
 心臓疾患がありぐったりしている
 肥大型心筋症で心臓の大きさは正常だが心筋が肥大している

③血圧が高くてフラフラする
 猫は甲状腺機能亢進症や心臓病、腎臓病で血圧が高くなったりぐったりします
 血圧や甲状腺ホルモン測定(血液検査でT4)などが必要でしょう
 治療は甲状腺機能亢進症の場合には薬でホルモン過剰を抑えます

④脳疾患
 脳腫瘍や脳炎などがありフラツキが出ているなどが考えられます

一番手っ取り早いのはおそらく大学などの2次診療施設で検査をしてもらう事です

紹介性なので担当医と相談して一度検査を受けに行きましょう
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問