JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

後ろ足を引きずっているように見えます。 元気がありません。明らかに何時もと様子が違います。

解決済みの質問:

後ろ足を引きずっているように見えます。
元気がありません。明らかに何時もと様子が違います。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

それはご心配ですね。
足先が冷たいということはないですか?
また、最近お水を飲む量やおしっこの量が増えたなどということはないですか?
質問者: 返答済み 3 年 前.
冷たくはありません。
いつも私が帰宅すると、出迎えてくれるのですが、今日はベッドから降りてこずに、抱くといやがる声を出します。立たせるとすぐに座り込んでしまいます。
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

抱くと嫌がる声を出すというのはどこかに痛みがあるときが多いです。

尿は出ていますか?
ペニスをいつも以上に気にしてなめているということはないですか?
質問者: 返答済み 3 年 前.
今日は一度おしっこしています。
以前5年ぐらい前に尿管結石になりましたが、今は大丈夫やと思います。
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

そうなると可能性としては、腰や関節の痛みである可能性が高いです。

高齢のねこちゃんでは馬尾症候群といわれる、しっぽの付け根の神経の痛みや股関節炎などが多いです。
その場合にびっことして症状が出てきます。
一度腰のあたりを押したり、しっぽを上に持ち上げてみてください。
それで嫌がる場合は馬尾症候群である可能性が高いでしょう。
痛みどめのお薬が必要になります。

それからそれ以外にも糖尿病でも後ろ足の神経の麻痺がおこります。
また、椎間板ヘルニアや脊髄の腫瘍などでも同じような症状が起こります。

今晩は安静にしてもらい、無理に抱っこなどせずに明日まで様子を見てください。
明日も同じ状況であれば身体検査とレントゲン検査はしておいてもらったほうがいいでしょう。
馬尾症候群や股関節炎はその二つで大体診断はつきます。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.
ありがとうございました。
今日は様子を見て、病院に連れて行きます。
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
はい、お大事にどうぞ。

猫 についての関連する質問