JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

猫の後ろ足両方が腫れている。 10ヶ月前に、乳癌で摘出手術を実施した。 4月脚の付け根にしこりを発見医師に見せた

解決済みの質問:

猫の後ろ足両方が腫れている。
10ヶ月前に、乳癌で摘出手術を実施した。
4月脚の付け根にしこりを発見医師に見せたところ、リンパ節に癌が発生し水分が溜まっているためと言われ抗がん剤の投与を二週間おきに3回実施したが改善の兆しはなく、
手の施しようがない。
抗がん剤は投与できないので、このまま衰弱するのを見届けるしか方法がない。
痛みがでないのであればこのままみとる。
痛みが出るようであれば、安楽死も考慮することを判断してください。
以上のようなことをいわれました
このまま看取るしか方法がないのでしょうか。
ちなみに、年令は13歳の女の子のヒマラヤンです。
よろしくおねがいいたしますrz
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

なかなか難しい状況ですね。

乳癌のリンパ節転移の場合、確かに抗がん剤をやって見て効果がなければ、根本的な解決法というのはかなり難しくなります。

そうなると、方法としては代替療法あるいは緩和療法というものになります。
代替療法というのは手術や放射線、抗がん剤以外の治療法になりますが、今現在で改善できる可能性があるとすれば、オゾン療法かと思います。
これはまだまだたくさん普及しているわけではない治療法ですが、他の治療が効果がない場合には試す価値はあります。
お住まいの地域 動物病院 オゾン で検索をすると出てくるかもしれません。
他には漢方なども代替療法に入りますが、害はないものの効果が出てくることは残念ながら多くはありません。ただし、害はないのでやって見てもいいと思います。

それから緩和療法に関してはできるだけ症状や痛みを抑えたり、食欲を出すものになります。
レーザーなどによるリンパ流の促進により、腫れを抑えたり、ステロイドやNSAIDsによって炎症を抑えることで腫れを抑えたり、痛みを抑えるという方法もあります。


こういった治療もありますので、セカンドオピニオンを受けに行かれるのも方法の一つかと思います。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問