JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

8歳のオス猫 ミックスです。腸管にできたリンパ腫とわかったのが3月25日でした。n 試験開腹の結果、狭窄部分前後の

質問者の質問

8歳のオス猫 ミックスです。腸管にできたリンパ腫とわかったのが3月25日でした。n
試験開腹の結果、狭窄部分前後の炎症が強いので手術が出来ず抗がん剤ほか化学療法での治療になりました。全然食べませんので一日入院の連続での栄養補給のための通院が3週間。
その間すこしだけカリカリを口にする事もありましたが、消化液など大量の嘔吐を定期的にしました。
二回目の抗がん剤の効果もなく悩んでいた時でした、4月15日大量の嘔吐の際に開腹したときの傷が開き腸が出てしまいました。すぐに病院に駆け込みみて頂きましたが炎症が治まっているので狭窄部分を切除して腸を縫合したとのことでした。長期に食欲がなく栄養不足になっているので高タンパクの栄養を静脈点滴を続けていますが、いまだ自発的に食べません。1週間前より強制給餌を始めましたが、食べたくないので苦痛で負担のようです。少しですが便は3日出ています。今後の治療を相談しました。もう少し体力が戻ったら抗がん剤の投薬をはじめた方が良いといわれました。症状が出てから体重は1.5キロ減少しています。このまま強制給餌しながら栄養補給の通院も費用ほか負担になり始めました。他に治療の方法、食欲が出るヒントまた抗がん剤の錠剤の費用教えて頂きたいと思います。この40日の間には2度獣医さんから厳しい状況と言われ覚悟もしました。生命力があったのですから生活の質をあげてやりたいと思います。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんばんは。

消化管型のリンパ腫で治療をされている8歳8か月の猫ちゃんということですね。
しかし看護や費用の負担が大変ということですね。

少々お伺いしたいのですが、
これから抗がん剤による治療をされる予定ということですが、それは飲み薬ということでしょうか?
またその抗がん剤の錠剤の名前はおわかりになりますでしょうか?
今現在猫ちゃんの様子はぐったりしているのでしょうか?それとも回復してきているのでしょうか?
今のところ食事を食べさせてあげると食べることができて、吐いたりはしないということでしょうか?

ご返事お待ちしております。


質問者: 返答済み 3 年 前.

ご連絡有り難うございます。次の抗がん剤は飲み薬で副作用もほとんどないと聞いていますが、名前はわかりません。


猫自身は痩せてゴツゴツはしていますが、グッタリはしていません。


ときには甘えたり、日向でくつろいでいる事もあります。


 


この1週間口をパクパク気持ち悪そうにする回数

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。

次の抗がん剤は飲み薬で副作用もほとんどないと言われたということですね。
その場合は恐らくクロラムブシルという抗がん剤ではないかと思います。
飲ませ方はいろいろあるのですが、恐らく1回あたり500円前後になるのではないかと思います。値段は各病院で多少異なると思います。
他にはCCNU(ロムスチン)という薬もありますが、骨髄抑制などの副作用があるので、もしこの薬を使用する場合には血液検査などのモニタリングを定期的にされることをお勧め致します。
これにプレドニゾロン(ステロイド)を併用して使用することが一般的です。プレドニゾロンはおよそ1回分が100円-150円程度ではないかと思います。
これに胃薬や抗生剤が加わることもあると思います。

腸管を切除したということであれば、それを病理検査に提出して診断をしたり遺伝子型を確定したりされたのでしょうか?

飼い主様も主治医の先生にご説明されてよくお分かりかと思いますが、リンパ腫は比較的抗がん剤による反応がよい腫瘍とはいえ完治することは稀です。抗がん剤を使用する目的はそれを使用することである程度苦しむことなく飼い主様と一緒に時間が過ごせることに大部分があります。

毎回食事を猫ちゃんに口から食べさせてあげるのは非常に大変なことです。そのため可能であれば食道チューブを設置することをお勧め致します。喉辺りに穴をあけて食道から胃の入り口まで届く管を設置するというものです。
そうすることで比較的楽に一度に沢山の食事を食べさせてあげることができます。ある程度体重が回復してきて自分で食事ができる状態がよくなったらそのチューブをはずしていただければよろしいかと思います。

リンパ腫などでは食べれなくなって痩せて脱水状態になるなどして状態が悪化することが多いです。そのためまずはしっかりした栄養を補給することが重要です。そのためにより楽に飼い主様も猫ちゃんもストレスなく食事を食べさせてあげれるように、一時的にチューブを設置するのがよろしいかと思います。
一度主治医の先生にご相談されてみてはいかがでしょうか?

その他に抗がん剤以外ではD-フラクションやバイオブランなどがサプリメントとしては免疫系活性作用があるため飲ませてあげてよろしいかと思います。



質問者: 返答済み 3 年 前.

たびたびすみません。


食道チューブについてはネットでみた事はありますが、猫の体の負担はないのでしょうか? 獣医さんに相談してみます。


 


また1週間まえより、はなびらたけ・冬虫夏草(コルデイM)のサプリを飲ませています。


 


切除した病理検査報告書の診断は「リンパ腫・慢性腹膜炎」でした

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。

食道チューブについては自力での食欲が十分ではない状態の動物の場合のカロリーや栄養の補給のためには有効です。特に猫のように強制給餌をすごく嫌がる動物の場合には給餌の際の負担やストレスが大幅に軽減されるために設置するメリットは大いにあると思います。
ただし人の患者の場合もそうですが、チューブを設置することへの飼い主様の抵抗があるのでその点が問題です。
サプリはすでに他のものを飲んでいるということですね。その場合はそれをお続けになっていただいてよろしいかと思います。
切除したものはリンパ腫との診断だったとのことですね。
抗がん剤にもいろいろ種類がありますし、1種類よりは多剤併用で使用する方が抗がん剤への耐性ができにくいので寛解の期間が長いなどメリットがありますが、病院に行く回数が増えたり費用的負担もその分大きくなるというデメリットもあります。
手術を15日にされたのであれば手術による傷は治っているはずですので、なるべく今は栄養をしっかり摂らせてあげて体力の回復を図っていただければと思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

愛ねこの様子は、今はグッタリはせず時々甘えたり日向でゆっくりしていることもあります。

自らはほとんど食べませんが、給餌の後吐いた事はありません。たまにカリカリを10粒くらいは食べています。



抗がん剤の件は、飲みくすりでふく作用もほとんどないと聞いていますが、名前はわかりません。

自分で食べたくないせいか、給餌するにも体全体で拒否するので動画を参考にできず食べさせるのに困っている状態です

現在はヒルズのa/dを食べさせていますが嫌いみたいで、栄養補給で良いものがないでしょうか。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。

今はa/dを食べさせているが猫ちゃんが嫌がるので他に何かよいものはないかということですね。

恐らくa/dが嫌というよりは体調不良によって食欲が低下していることや、強制給餌が嫌なのではないかと思います。
もし食欲があるのであれば自力で食べだすと思います。

食道チューブを設置する以外の方法では、

a/d以外で栄養補給になるものはないかということであれば、森乳サンワールドのチューブダイエットカケシアという袋に小分けされた粉末タイプでお湯で溶かして使う食事があります。ネットでも購入できますのでご検討されてみてはいかがでしょうか?
a/dと使い分けて使用されてみてもよろしいかと思います。

また食事にふりかけるなどすることで嗜好性が増すゲル状の食欲増進剤でビオベテナリー(全薬)の猫用もあります。こちらも病中などで食欲が低下している猫ちゃんのための食欲増進剤です。これもネットや病院で購入できます。
これはフードにかけることで猫ちゃんの食欲がでてくるというものです。すこしでも自分で食べる量がふえてくればそれだけ強制給餌の負担が減りますし、体力の回復になると思います。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

有り難うございました。いろいろとアドバイスを頂き本当に助かりました。


あれから数日して食道チューブを考え始めたころに、急にドライフードを食べ始めてびっくりしています。飼い主である私の気持ちに反応したかのようで


不思議でした。


 


不治の病と言われるリンパ腫ですが、再発の心配もあります。


今は平穏に一日でも多く送れる様に願っています。


出来るだけ前向きにと思いますが、またの折にご相談させて下さい。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんばんは。
ご返事ありがとうございます。

猫ちゃんの食欲がでてきたとのことで、それは大変よかったですね。
このまま調子の良い状態が長く長く続いてくれることを私もお祈りしております。

お大事にしてください。
質問者: 返答済み 3 年 前.

可能であれば再度質問させて下さい。


1週間前に食欲が少し出たとご連絡しましたが、束の間でした。


それで、ビオベテリナリーを取り寄せましたが詳しくは獣医さんに聞く様にと書いてありました。


これは一日の容量(30ml)を守ればどのフードにかけても良いのでしょうか? それともこのまま飲ませるだけでも良いのでしょうか


 


現在、フェラビタⅡ・森永製品(エナジー500)。ロイヤルカナン退院サポート等少しづつ給餌しています。


 


体調を戻すには食べる事と思いますが、食道チューブが最善でしょうか?


まだ獣医さんには聞いていませんし、その話も出ていないのです。


 


 

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
返答が遅れまして大変申し訳ございませんでした。

食欲は一時出たのですがまた低下しているということですね。

ビオベテナリーの使い方はどのようにつかっていただいても問題ないと思います。
ただそれ自体はそれほどカロリーはないですし、総合栄養食ではないので、フードに少量かけて風味づけとして使用されるが本来の使い方だと思います。しかしビオのみ舐めさせあげるとうこともできます。ビオベテナリーを食事にかけるときはビオをふりかけるだけでもいいですし、かけてからすこし混ぜて与えていただくのでもよろしいかと思います。

食道チューブを設置するタイミングは遅くなりすぎると麻酔がかけられませんし、まだ猫ちゃんが十分に食欲がある段階でつけるのは必要ないということになりますので、難しい問題ですが、
ガスターや胃粘膜保護剤(スクラルファート)など使ったりすることで、悪心が取れてたべれるようになることもあります。
また手差しで与える、しばらく撫でるなどして猫の気分をよくしてから食事を与えるなどすると食べてくれることもあります。

食道チューブを設置するタイミングにつきましてはまず先生にさりげなく、食欲が出ない場合はチューブを設置してみる方法はありますか?、とお尋ねになってみて先生の反応を見てみられてはいかがかと思います。

体重がじわじわ減少していく状態が続くようですと、チューブの設置を検討していただいてもよろしいかと思います。

猫 についての関連する質問