JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

こんばんは。宜しくお願いします。16歳の雄です。体重は元気なころは6.9キロ。4月14日の夜に一晩中泣いて5回ほど吐きました。吐いたものは黄色い水様のもの。22日にかかりつけ医に診

解決済みの質問:

こんばんは。宜しくお願いします。16歳の雄です。体重は元気なころは6.9キロ。4月14日の夜に一晩中泣いて5回ほど吐きました。吐いたものは黄色い水様のもの。22日にかかりつけ医に診察していただくと体重は6.1キロ、血液検査・超音波・血圧検査を受けました。血圧が上が236あったためその時は血圧を下げるということでアピナック、アムロジピン、ウルソを処方されました。投薬の効果か夜泣きも収まり、吐くこともなくなったのですがご飯を全く食べなくなりました。今日は5.8キロ。
吐き気止めを注射してもだめです。4月15日と22日に受けた血液検査の数値です。BUN48.1→36.7 クレアチン3.6→3.1 GOT115→60 GPT211→114 ALP142→164 ナトリウム158→157 カリウム2.3→3.1 クロール120→118 白血球 赤血球 血色素 ヘマトクリット値
MCV MCH MCHC PLT は基準値内です。餌のにおいは嗅ぎますが全く食べないため注射器で
無理やり缶詰を食べさせてます。あと膵炎の血液検査も受けました。異常なしでした。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 3 年 前.
頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

慢性腎不全のようですね。
ご質問の趣旨は食欲がないことに対するものですか?
具体的なご質問をいただけると助かります。
質問者: 返答済み 3 年 前.

このまま体重が減りつづけて衰弱してしまうのが心配です。食欲を上げる方法はありませんか。慢性腎不全のよい治療方法はありますか。

専門家:  yasuyuki 返答済み 3 年 前.
残念ですが、今のところ腎不全は治りません。
人と同様、腎臓移植をするか、透析に通うかしかありません。
通常は、点滴に通うか、自宅用に処方してもらうことになるでしょう。
点滴により、体内の老廃物が尿に排出されやすくなり、気分がよくなります。
消化管内で老廃物ができるのを、吸着させて、そのまま便に出すような薬もよく処方されるはずです。
吐き気があるために、食欲がなくなりますので、吐き止めや、胃酸分泌抑制剤などが処方、あるいは注射されることになります。
今回の検査結果に記載がありませんが、リン(P)が高ければ、これを下げるお薬やサプリメントが用意されています。
腎不全があると血圧が上がりますので、アピナック、アムロジピンは血圧を下げてくれるので、腎臓を長持ちさせることができます。
以前よりも排尿量が増えているはずです。これにより、カリウムが尿として余計に排泄されてしまいます。カリウムは食事としてとったり、サプリメントとして摂取させたりします。カリウムが減ると、胃腸の動きが悪くなり、食欲低下の原因となります。
必ず進行しますので、今のうちに、ノドから胃までチューブを通す手術をしてもらうといいかもしれません。このことにより、食欲が落ちても、このチューブから腎臓病用の流動食を与えることができます。点滴せずに、水分も補うことができます。
さらに膵炎という結果が返ってきたときにも、早期の栄養補給が必須ですので、このチューブは役に立ちます。
質問者: 返答済み 3 年 前.

2か月前にやはり腎不全対応でコバルジンという老廃物を吸着してくれるお薬を処方されましたがえさに混ぜると全く食べてくれません。今注射器であげているえさにコバルジンを混ぜて食べさせてみてもいいでしょうか。


慢性腎不全は腎臓移植するしかないとすると最終的にはどうなっていくのでしょう。

専門家:  yasuyuki 返答済み 3 年 前.
それでもいいでしょう。そういうことを考えるとやはりチューブからあたえるのが便利で、確実です。腎臓病の食餌も、メーカーによって味が違うので、いろいろなものを処方してもらうといいでしょう。

腎不全は最終的には、嘔吐が続き、脱水し、栄養確保ができずに、どんどん痩せて行きます。点滴、吐き止めとチューブからの流動食の給餌により、これを抑えることができます。
しかし、最終的には、腎臓で尿を作ることができなくなります。これを透析で肩代わりします。これらを行なわないと、尿毒症という状態になり、嘔吐しながら、ケイレンを起こし、あるいは、飢餓状態になって、亡くなります。
治すことはできませんが、腎臓を長持ちさせ、十分な水分と栄養補給をしてあげることで、生活の質を維持しながら、延命することができます。
質問者: 返答済み 3 年 前.

チューブの手術はどのようなものですか?16歳の老猫に耐えられる手術ですか?

専門家:  yasuyuki 返答済み 3 年 前.
ノドに穴をあけて、チューブを入れる手術です。
心臓の検査をして、問題がなければ、耐えられる手術です。
ただし、全身状態を把握しているのは主治医ですので、主治医ができないと判断すれば、できないことになります。手術に年齢は関係なく、全身の評価次第です。たまたま当院では本日、18歳の猫ちゃんの開腹手術を行ないましたが、今の時点では高齢を感じさせない、回復ぶりです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。家族とよく考え、主治医の先生にも相談してみます。


夜分ありがとうございました。

専門家:  yasuyuki 返答済み 3 年 前.
いい解決策がみつかり、少しでも快適な余生を送らせてあげられるといいですね。
yasuyukiをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問