JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

よろしくお願いします。 生後6カ月の元気なノルウェーの女の子ですが乳房に沿って6箇所くらいやわらかいしこりのような

解決済みの質問:

よろしくお願いします。
生後6カ月の元気なノルウェーの女の子ですが乳房に沿って6箇所くらいやわらかいしこりのようなものがあります。しこりは◎←こんな感じで真ん中にへこみがあります。大きい物は5センチ近くあると思います

病院に行きましたが、悪いものの可能性は低いだろうと言われました。
避妊手術を5/7に決めて生検もする予定でいます。

それまでしこりの大きさを観察するように言われました。

子猫は乳癌にはならないのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんばんは。

生後6か月の猫ちゃんで乳腺に軟らかいしこりがあるということですね。

少々お伺いしたいのですが、
猫ちゃんは今発情中ということはないでしょうか?(わかりずらいですが、急に人懐こくなる、おしりをあげる、鳴く声が普段と違うなど)
しこりに固い部分はありますでしょうか?

ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 3 年 前.


激しくはないですが少し発情の様子はあります。


病院の先生が言うには、発情してもしこりが出来る事はないと。


 


ただ、まれにそのような症状がある子猫がいると言われました。


避妊してもしこりは消えない事が多いようです。


 


経過観察をしているのお不安で・・・


 


よろしくお願いします。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

一般的には乳腺腫瘍の発生年齢は10-12歳位が多いとされています。 しかし稀に1歳位でも発生することがあるそうです。

ただ乳腺部位が腫れるのは過形成といって良性の増殖性の腫れが起きる場合があり、それは背後6か月令から発生して特に発情期の終了直後や妊娠中になることが多いとされています。

これは恐らくホルモン刺激による過形成なので避妊手術をすることで小さくなると思います。 まだ若いですし、固いしこりはないとのことなので、恐らくこの発情によるホルモン刺激が原因の乳腺過形成の可能性が極めて高いと思います。

過形成の場合には手術による切除の必要はないです。

そのためまずは避妊手術の時に、細胞診(針で細胞を採取する検査)か組織生検(組織の一部を切り取る検査)をされて、病理検査をされるのがよろしいかと思います。

issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問