JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

13歳の猫です。3/28より様子がおかしく、鼻がでて風邪のような症状。食欲もあまりなく、動かずぐったりとしていました。 翌朝3/29に動物病院へ。熱は39.8℃。点滴、抗生物

質問者の質問

13歳の猫です。3/28より様子がおかしく、鼻がでて風邪のような症状。食欲もあまりなく、動かずぐったりとしていました。

翌朝3/29に動物病院へ。熱は39.8℃。点滴、抗生物質の注射をしてもらい帰宅。気持ち動くようになりましたが、あまり元気はなし。再度4/1(月)受診。前回同様に点滴と注射をして帰宅。少し部屋を動くようにはなるが元気はなし。4/2食欲が戻らないので再受診。口の中を調べ歯が歯肉炎と判明。このため食べなかったのではないか?と診断。歯石を取り帰宅。

翌日より食欲は徐々に戻ったように見えたが元気はなし。念のため4/4血液検査。4/7検査結果が出てクレアチン9.6、尿素窒素 142という数値。腎不全と診断され経口の薬をのむこととと食事療法を始めました。

4/9から4/11は。ムラはあり多くはありませんが腎臓サポート用の餌を食べました。昨日4/12よりまた餌を食べなくなり、鼻が少し出てきています。定期的に「クスッ、クスッ」と短く鼻をすするような音と共に震えのような仕草をします。左目は目やにがひどく結膜炎が再発しているようです。触った感じでは熱はないようには思いますが心配です。

水はかわらず飲んでいます。部屋の中ではゆっくりですが動きのびなどはしています。トイレもしている様子です。食欲がないことがなにより心配です。日曜日なのでかかりつけは休みで行けないのですが、家でできること、休日診療の病院を探して連れていったほうがよいでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんにちは。
猫ちゃんで猫風邪のような症状がでているということですね。

少々お伺いしたいのですが、
腎不全とわかったのは4月7日の血液検査が初めてでしょうか?
治療は食事療法以外に何かしていますでしょうか?

ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。


 


腎不全と分かったのは7日の血液検査が初めてです。


風邪だとばかり思っていましたが、念のために...と血液検査をしたところ数値があまりに高く、腎不全と診断されました。


 


治療は食事療法と、経口のお薬をいただいたのでのませています。


 

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
腎不全と分かったのは4月7日がはじめてということですね。
腎臓病の数値はクレアチニンで評価するのですが、正直9.6という数値はかなり高いです。
他にも食欲不振の原因はあるかもしれませんが、おもなものはこのクレアチニンの上昇と高窒素血症が原因で悪心がでるので食べる気がしないのだと思います。

一般的にはこれくらいの数値の異常があれば点滴をする(静脈点滴の場合は入院、皮下点滴の場合はしばらく毎日通院)などして数値を下げる必要があります。

また腎不全が進行することで免疫力が低下して風邪のような症状がでてもおかしくないと思います。口内炎なども腎不全があるとひどくなったりします。

本日かかりつけの病院はお休みとのことですが、食欲不振がつづいていて腎不全の治療も十分にされていないことから、できれば他の病院を受診されて、治療を受けられることをお勧め致します。
ご自宅でお薬を飲ませたり腎臓サポートを食べさせたりしている程度は症状の改善は見込めないと思います。
腎臓病は原因にも依りますが、老齢性の変化からくるものの場合、治るということはなく、治療の目標は良好な状態を保つためにコントロールしていくことになります。
そのため、クレアチニンの数値がある程度まで下がるまでは本来であれば入院して静脈点滴をしてあげて、数値が下がって自分である程度食べれるようになったら、通院に切り替えるようにされるのがよろしいかと思います。(入院治療が差支えなければの話ですが)
感染症のような症状は体調不良によるものからきている可能性もありますが、抗生剤をしばらく使用することもよろしいのではないかと思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。


 


家族と相談し、休日診療の病院に連れていこうと思います。


腎不全の猫の飼い方として気をつけるべき点など餌以外で何かあれば、アドバイスをいただけますか?


 


よろしくお願いします。


 

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
飼い主様の猫ちゃんの場合血液検査にて腎臓の数値がかなり悪いということは分かりましたが、なぜ悪くなっているのかまでは、まだ調べられていません。
そのため治療も重要ですが検査ももう少ししっかりされて腎臓病の原因を調べることをお勧めします。一般的には尿検査(特に尿比重で比重がどの程度低いか)、レントゲン、腹部エコー検査(腎臓の断層像やその他の臓器に異常がないかを調べる)、可能であれば血圧測定をお勧め致します。

その上で年齢からくる腎機能低下ということになれば、その治療をされるとよろしいかと思います。
治療(ここでは通常の維持管理の治療です。)は一般的に食事療法、点滴(皮下点滴や静脈点滴)、リンの数値が上昇している場合はリンの吸着剤を食事に混ぜる、腎血流量を増やすACE阻害剤という薬を飲ませる、胃炎をしばしばおこすので胃薬、ビタミンBやCの補給、などです。
その他には水のお皿を2個以上にしてあげて水を飲める機会をふやす、定期的に体重測定する(毛があるので知らないうちに体重が減ってきている場合があります)、などです。

腎臓病の場合、いかに食欲を維持して水和状態を保つかということが重要です。食欲が低下するとそれだけで体調が悪くなるので、その下支えをすることが治療の主な目的になります。

飼い主様の猫ちゃんの場合は本来であれば静脈点滴による水和による治療がお勧めですが、そのためには入院する必要があります。しかし猫によっては入院がなかりのストレスになることもあります。
そのため入院が難しいという場合には朝入院して点滴していただき夕方お迎えというのを繰り返す方法もあります。
その辺りは主治医の先生とご相談されてどのような治療が望ましいか決めていただくようお願いします。クレアチニンが9では食欲はでませんのでなんとか3-4位までは下がってほしいところです。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

とてもよく分かりました。


原因も含め、診ていただける病院を探しいってみます。


どうもありがとうございました。


 

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。

飼い主様の猫ちゃんの場合、検査も重要ですが治療もしっかりする必要がありますから、午後開いている病院で一旦お預けして検査と治療をしていただき、夕方お迎えに行かれた時に今後の治療方針を先生と相談して決めるという方法もあると思います。

また何かございましたらご相談いただければと思います。

お大事にして下さい。

猫 についての関連する質問