JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

12歳の雄猫です 今月4/2に陰部を頻回に舐める行動があり受診。カテーテルで採尿し、少し浮遊物があるが細菌は検出さ

質問者の質問

12歳の雄猫です
今月4/2に陰部を頻回に舐める行動があり受診。カテーテルで採尿し、少し浮遊物があるが細菌は検出されず、ストレス性のものと考えられるとのことで、サイエンスダイエットのC/Dに食事を変えてみてはとアドバイスされました。その日、猫がc/dを気に入り、サンプル2袋を通常の食事の代わりに食べました。翌朝、いつものロイヤルカナンとc/dを半分ずつあげると、c/dのみを食べました。仕事から帰ると、その日から、水下痢・嘔吐が始まりました。4/3の夜中に嘔吐の後、目が左右に眼振を20秒ほどしました。途中声をかけると私を見ますが、一瞬でまた眼振に戻りました。その後は眼振はありません。4/4朝、移動するのも休み休みであり、食事も受け付けず、水下痢嘔吐を繰り返すため受診しましたが、軽い脱水とのことで、点滴を200mlしました。この点滴のおかげなのか、動作がスムーズになり、体を伸ばして寝るようになりました。一日病院にいたため絶食水の状況となり安静が保たれたのか、以降下痢は止まりました。嘔吐が何度もあり、4/518時に受診しセレニアを注射し、4/6(本日14時)までは嘔吐が無かったのですが、本日分のセレニアを内服させ、a/d缶を溶いたものを10ccほど口に数回に分けて給餌しました。18時、多量に水を飲み、a/d缶の混ざったものを多量に嘔吐しました。

今後は、このまま様子を見て良いものなのでしょうか。
食べて2時間以上経っているのに胃に残っているので消化不良状態なのでしょうか。
体重は昨日の受診の段階では200グラムほど減っていました。

昨年3月頃も同じような症状があり、食べ物のアレルギーを考えていろいろ変更しましたが、体重がどんどん減って、9月に腹部にリンパ腫のようなものが見つかり、細胞診で「高分化型の疑いがあり」と出ています。リンパ腫?はいつの間にかなくなり、一時はチューブで給餌していたのですが、10月には一人で食べられるようになり、最近までは問題なしでした。3月上旬に血液、レントゲン、エコーをとって、問題はありませんでした。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんばんは。
12歳の猫ちゃんで嘔吐と下痢の症状があって、治療により下痢は治まっているが嘔吐の症状がまだあるということですね。
少々お伺いしたいのですが、
今回の症状がしょうじてから何か検査をされたでしょうか?
血液検査や腹部エコー検査などは3月上旬にしてからされていないのでしょうか?
a/d缶を強制給餌したとのことですが、まだ自力で食べれないのでしょうか?
猫ちゃんの元気は現在普段の何%くらいでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 3 年 前.

よろしくお願いいたします。


 


<検査について>


自分が看護師ですので、脱水と考え4/4に受診しました。猫を預けていたので、迎えに行ったとき、レントゲンや血液検査をしていないのには驚きました。獣医師の判断でどのような検査をしてもかまわないと伝えてあったのですが、二人の獣医師が関わっていますが、下痢嘔吐による脱水と考えて、検査は必要ないと判断されました。点滴で少し元気になっているので脱水だったと思うのですが、3月に検査が異常がなくとも、今症状があるのになぜ検査をしないのかと院長に尋ねたのですが、大丈夫と考えているようでした。


根拠が不明だし、吐くところを見ていると、通過障害もあるんじゃないのかと疑わしく、獣医さんを変えた方がいいのか家族で悩んでいます。


 


<食事>


昨年リンパ腫かな?と診断された時も、下痢と嘔吐が主訴でしたが、高齢のためそれ以上の組織の検査などを望まなかったため、セレニアとステロイドを飲んで、ステロイドのおかげで異常な食欲になり体重が増え食道チューブを抜くことが出来ました。


 


通常はロイヤルカナンの高齢者用カリカリが主で、食べにムラがあるため、食べない時はA/D缶を1/8~1/4一日1回食べさせていました。


ただ、尿検査に至る少し前より、食べる量が少なくなっており、心配になり観察したら陰部をなめることが多かった・・・と気づきました。


 


<猫の元気>


猫の元気についてですが、尿検査をした4/2以前は、陰部は頻回に舐めていましたが、1Fから3Fまで自由に移動し、好きな場所でのびのびしておりました。それを10とすると、現在は3~4だと思います。階段の下りるのを手伝ったりしないと、やすみやすみ行動する。ジャンプはためらい失敗する。体がだるい様子。などがあります。体を伸ばしたり、ごろごろいうので、4/4頃よりはよいと思います(その時は、入れ物の中に入れて獣医さんの前に置いても、目はきょろきょろするけれど動かなかったので。)


 


以上よろしくお願いいたします。


 


前の猫から10年以上の付き合いのある獣医さんなので、こうしてセカンドオピニオンを必要とするのは気が引けるのですが釈然としないので、よろしくお願いいたします。


 


 

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
猫ちゃんの症状は下痢と嘔吐で、見た目上一見消化器疾患とそれによる脱水?のようにみえます。そのため主治医の先生も最初は治療を優先して対症療法をされたのではないかと思います。
しかし今現在元気が50%以下で吐き気も再発していますので、初期治療の効果による改善は不十分あるいは改善なしと考えてよろしいかと思います。
そのため、明日にでももう一度受診されてまず検査、特に血液検査、レントゲン、腹部エコー検査をされることをお勧め致します。
その上でもう一度治療方針を立てなおすのが望ましいと思います。
主治医の先生も3月に検査をされているので、今回は検査不要と思われたのかもしれません。
急性の下痢や嘔吐の原因は食事の急激な変更による一過性の消化器症状と考えたのではないでしょうか?
しかし確かにその可能性もありますが、他の病気、例えば膵炎や胆管炎など、またリンパ節の腫れの再発があるかどうかも気になるところです。
検査はしようと思えばできるのであれば、まずその病院で飼い主様のほうからやっぱり具合がよくならないので、とお願いして検査をご希望されてみてはいかがでしょうか?
リンパ腫の疑いがある猫にステロイドを使うとリンパ腫か反応性の炎症か分からなくなるために、その後は要経過観察であると思います。
一般的には対症療法で様子をみるのは3日間が限度ですので、その3日経ってまだ回復が十分ではない場合には一度検査をされるのが良いのではないかと思います。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
申し訳ございませんが、しばらく席を外しますので、追加のご質問への返答は夜中になってしまいます。
もしお待ちいただけない場合には再投稿していただきますようお願いします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。


 


明日状況を伝えて検査を依頼してみます。


 


 


他の獣医を受診しなくとも非常に納得が出来ました。


大変安心いたしました。


 


 


 


 

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
返答が遅れまして申し訳ございません。
セレニアは嘔吐の原因に関わらず吐き気を抑えてくれますので一見症状が良くなったと錯覚することがあります。軽い胃炎程度であればそれでよくなると思いますが、薬の効果が切れるとまた吐き気が出る場合には原因をしっかり調べる必要があると思います。
猫ちゃんの具合がよくなってまた元気に動けるようなることを願っております。
お大事にして下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。


 


実は、主治医に受診したところ、腹部エコーで腸の脇辺りに3センチほどの塊があり、リンパ腫なのか?とのことで、細胞診を出しています。


主治医の先生は、血液検査などはいらない、化学療法をしましょうという事でしたが、前回ステロイドで治っているので、ステロイドのみを希望しました。同日、脱水が酷いようなので別な病院で血液検査と腹部エコー、点滴を受けました。結果、血液検査は、生化学、血算など行いましたが、血液像でどこかに炎症がある所見のみ。膵リパーゼは39でした。


いろいろ検査に連れて行って、猫がかなりストレスになっている事を感じましたので、もう通院はやめて様子を見ることにしました。


現在は、処方していただいたステロイドのみの内服で、下痢は一日一回泥様便、尿は一日1回量的にはOK 食事は強制給餌をしていましたが、一昨日より夜中にひとりでカリカリを食べるようになったので、様子を見ています。セレニアを止めて吐く様子はなく、あと数日でステロイドを飲み終わってからどうなるかだと思います。


 


猫的には、小走りに移動したり、段差を飛んだりし始めましたので、お腹が痛いのは便の直前のみではないかと思います。おなかも触ると柔らかく、本人も気持ちよいのか何度も伸びをします。


リンパの腫れがあるのかもしれませんが、がんの悪液質の様には見えません。このまま、元に戻れればと思いますが・・・。


 


先生のアドバイスのおかげで、別な病院を受診する勇気ができ、受診したところ、どちらの先生も同じエコー所見で精査を必要としましたので、自分ではその部分が病気であると納得できました。


ただ、化学療法は今のところまだ検討中です。


 


この度は本当にありがとうございました。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
お腹の中のしこりの細胞診の検査待ちということですね。
猫ちゃんの食欲は回復傾向にあるということですね。

感謝いただきありがとうございます。
また何かございましたらご相談いただければと思います。
検査結果が猫ちゃんにとって良い結果であることを願っております。
お大事にして下さい。

猫 についての関連する質問