JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

3月16日生まれのチンチラ猫の赤ちゃんの目の事で教えてください。 3匹帝王切開で生まれ、10日で一番大きな子の目が

解決済みの質問:

3月16日生まれのチンチラ猫の赤ちゃんの目の事で教えてください。
3匹帝王切開で生まれ、10日で一番大きな子の目が開きだし今は、綺麗に開いております。
残りの2匹なんですが生後2週間で目が薄く開いてきましたが目やにがこびりついてましたので両目にファルキサシンの目薬を2日間点しましたがまぶたも腫れて眼球が見えない状態でしたので4月1日に病院へ連れて行きました。インターフェロンの目薬と抗生物質の飲み薬をいただきまして、5日間たちまして身体の状態は、元気になりましたが1匹は、片目は、開いてきましたがもう一つの目は、ぷくっとした白い膜をぶった状態です。もう1匹
は、腫れは、少しひきましたがやはり白い膜をかぶり目は、両目閉じてるかんじです。こんな状態は、改善しますのにまだ日にちがかかりますか?目が失明してしまうのかと心配しております。
よろしくお願い申し上げます。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんにちは。
3月16日生まれの子猫の目の状態が気になるということですね。
インターフェロンと抗生剤の治療によって症状が改善したということであれば感染症の可能性が高いのではないかと思います。
少々お伺いしたいのですが、
目以外の全身状態はいかがでしょうか?
体重は順調に増えているのでしょうか?
目の症状以外に鼻水やくしゃみなどの症状はあるでしょうか?
主治医の先生からは原因は何であろうと言われていますでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。お母さんが元気ですが軽いくしゃみをしております。2匹の赤ちゃんは、生まれた時から体重が軽く今は、250グラム前後です。大きな赤ちゃんは、300グラム以上あります。くしゃみは、少しあるようなきがします。


家の先生は、ウィルスに感染しているようですが、改善しなければ来週来てくださいとのことでした。


私は、今までペルシャチンチラの赤ちゃん猫を育ててきましたがこんなに目の治りが遅い赤ちゃんは、初めてでして心配しています。


この2匹赤ちゃんは、母乳を飲んでおります。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。お母さんが元気ですが軽いくしゃみをしております。2匹の赤ちゃんは、生まれた時から体重が軽く今は、250グラム前後です。大きな赤ちゃんは、300グラム以上あります。くしゃみは、少しあるようなきがします。


家の先生は、ウィルスに感染しているようですが、改善しなければ来週来てくださいとのことでした。


私は、今までペルシャチンチラの赤ちゃん猫を育ててきましたがこんなに目の治りが遅い赤ちゃんは、初めてでして心配しています。


この2匹赤ちゃんは、母乳を飲んでおります。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。 ウイルスに感染(恐らくヘルペスのこと)しているということで、その治療をしているということですね。 やや小柄ですが全身状態は悪くはないということですね。 今インターフェロンの点眼と抗生剤の飲み薬で治療をされているということですね。 できればオフロキシンなどのニューキノロン系の抗生剤の眼軟膏を使用すると目に留まっている時間が比較的長いので効きがよろしいかと思います。 猫でニューキノロンの投与が目にあまり良くないとされていますが短期間使用される分には問題ないと思います。 またそれでも改善が無い場合にはファムシクロビルという抗ウイルス薬の経口投与をされるのも方法の1つだと思います。 一般的には点眼して1週間位でかなり改善がされてくると思います。まだ開かない方の目も改善の傾向がある場合には今の治療をもうすこし続けてみて来週受診されるのでも良いかと思いますが、改善傾向が無い場合には早めに来週まで待たずに早めに受診されることをお勧め致します。

治療されているので失明する可能性は低いと思いますが癒着なのどの後遺症が多少残る可能性はあるかもしれません。

issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問