JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5481
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

6歳のメス猫です。 2年くらい前にウィルス性歯周炎と診断され、それから月に1回程度ステロイドと抗生剤の注射を受けて

解決済みの質問:

6歳のメス猫です。
2年くらい前にウィルス性歯周炎と診断され、それから月に1回程度ステロイドと抗生剤の注射を受けていますが、今年の1月くらいからお腹の毛が抜けはじめ現在ではお腹の面積の半分くらいが抜けてしまいました。
かかりつけの獣医さんの診断ではステロイドの副作用が疑われるとのことでした。
ウィルス性歯周炎の治療、ステロイドの副作用について良い治療方法があればお教え願います。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

ウィルス性の歯周病の場合には

①副作用の弱いステロイドに変更する。強いステロイドだけでなく弱いプレドニゾロン
 というステロイドを飲ませるなどの方法があります。私は歯肉炎では歯肉を切除して
 病理検査の診断から強いステロイドを使用しなくても良い場合には弱いステロイド
 を使用します。
 
②歯周病では細菌感染が複合していることも多いので抗生剤を使用する

③ウィルス性のものならインターフェロンを飲ませる方法もあるのでインターフェロンを
 飲ませてウィルスの増殖を抑える

④サプリメントでeFACE-Vというものがありますが、これを舐めさせると歯肉炎が
 改善します

⑤本当に歯肉炎が酷くて、歯がボロボロの場合には歯を抜くと歯肉の炎症を
 おこしている部分は少し痛みや炎症が歯が無くなると歯肉を刺激しないので
 改善するでしょう

こういった事の複合治療で改善することが多いでしょう

月に1回で済む強いステロイドは脱毛するなどの副作用が強い、段々と効かなくなるなど
から私は必要と判断されない限りは使いません。
前述のような対処方法で大抵は改善しますが、歯科に強い先生に相談してみるのも
よいと思います
質問者: 返答済み 3 年 前.

早速に丁寧なご回答をありがとうございます。


現在は歯が抜けることはなく、よだれを流すようになったときにお医者に行って注射をうってもらっています。(このときには歯茎が腫れています)


注射をうってもらった後はよだれも止まり、普通に食事もできています。


ただやはり注射の効き目は短くなっているようで,前回3月13日に注射をうちましたが3月31日によだれを出すようになりました。


弱いステロイドでは効き目の期間がやはり短いのでしょうね。


サプリメントのeFACE-Vやインターフェロンは普通の獣医さんであつかってるものなのでしょうか?


 

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
サプリやインターフェロンは病院にしかありませんが、業者さんから手にはいりますが
こういった治療法を知らない獣医さんも多いので聞いてみて下さい
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問