JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

こんにちは。はじめて質問させて頂きます。  ①呼吸困難(呼吸数が多い)、②よだれが出る、③鼻水が出る、④ぐったりして

解決済みの質問:

こんにちは。はじめて質問させて頂きます。  ①呼吸困難(呼吸数が多い)、②よだれが出る、③鼻水が出る、④ぐったりして辛そう  ◎以前から食事の後、時々おう吐していた(毛玉吐きかなと私は思っていた)  ◎三日くらい前は変わった様子はなく、元気で食事もしていたのに、突然2日前くらいから①②③④の症状が出た。  普段からビニールなどを食べようとする傾向があった。  獣医さんに連れて行き、レントゲンやエコーをしてもらったところ、心臓や肺は特に異常がみられないが、気管が極度に狭くなっていて、動脈?(心臓のそばあたりを通っている血管)が異常に太くなっていて、血液検査では、肝臓の機能が低下しているとのことだったので、とりあえず、酸素室に入れてもらって(今日で3日目)気管支拡張剤をやってもらったり、抗生物質、利尿剤を投与してもらったりしているが、呼吸数は相変わらず1分間に150近辺で苦しそうで、これといった改善は今のところみられないとのこと。・・・・なにが原因でこんな急変したのでしょうか? 以前おしっこの病気で、尿が出にくくなって(石による)食事療法をしました。   それと、1か月くらいまえ、寝ていたところに血液の薄いような液体がかわいた状態で2回ほどみつかりましたので、病院に連れていって抗生物質をもらったら症状はおさまりました。そのときのエコーでは、膀胱にキラキラした石のようなものがみられるとのことでした。(→これは1か月前の症状で今の症状が出る前は改善していました。)   とても心配です。お心当たりがありましたら、教えてください。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 3 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

 

ご記載の内容からどのような診断名が考えられるかというご質問でよろしいですか?

質問者: 返答済み 3 年 前.

そうです。第3者的なご意見を伺いたいと思いました。

専門家:  yasuyuki 返答済み 3 年 前.

診察していないので、正確なところは分かりません。主治医の診断、治療と異なっている場合には、そういう解釈もあるのか、という程度にご理解ください。

 

個人的には、猫喘息、フィラリア症を疑います。また、異物摂取の過去があるのであれば、胃内異物も疑わしいです。

 

喘息はX線写真で分かることもあります。何枚か撮影して、診断します。また、血液中の白血球の分類の割合で推定することもあります。ステロイドという薬がよく効きます。継続して内服していくことが必要なこともあります。

フィラリアは血液検査と心臓の超音波検査です。ネコは心臓が犬より小さいので、寄生していても、なかなか分かりません。総合的に判断することになります。

胃内異物は、内視鏡(胃カメラ)で分かると思います。胃ではなく、食道に何かがあることも考えられます。

ほかには、エイズ、白血病、口内炎、内耳・咽頭ポリープ、門脈体循環シャントなどが疑わしい上位に挙がってくると思います。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ご丁寧に詳しくご返答、ありがとうございます。 しかしながら完全な室内飼育の猫なのですが、そうすると、①今ご提示いただいた病気の候補から、先生が除外できると推測されるものはありますでしょうか?  ちなみに②外飼いの犬をこの時期家の玄関に入れていますが、犬から病気がうつる可能性はありますか?(玄関とは扉で遮断されていて、めったに猫と犬が接触することはありません。)    以上、①と②の質問にお答えいただけたらと思います。

専門家:  yasuyuki 返答済み 3 年 前.

除外できるものはございません。

可能性はあります。たとえば、ノミ、マダニなどの外部寄生虫と呼ばれる体表に寄生するもの。皮膚糸状菌と呼ばれるカビやクリプトコッカス(ワンちゃんに鳩の糞がついていると)というカビの仲間。

これらも今の病気の候補にはあがってきますが、可能性は高くはないと考えます。

yasuyukiをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問