JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

猫ミックス♀1歳5ヵ月の子を飼ってます。最近、寝てばかりでたまに起きるとコケたりしてたのが、ここ3~4日で急変して前

解決済みの質問:

猫ミックス♀1歳5ヵ月の子を飼ってます。最近、寝てばかりでたまに起きるとコケたりしてたのが、ここ3~4日で急変して前肢に力が入らず肘から床に着く状態になりました。後肢も力が入らないようです。血液検査では血液の量が少なすぎて一部の項目しか調べられないとのことでした。異常値を示したのがCPKー973、GOTー64、NH3ー205でした。掛かり付け獣医さんは筋炎、重症筋無力症を疑いましたが痛そうにはしていないし、まぶたも下がったりはしていません。
他に疑われる病気には何があるでしょうか。
脳神経には多分異常はないと言われています。レントゲンも撮り骨には異常ありません。
前後肢とも著しく筋肉量が減りました。
ショックが大きく上手く質問出来ませんがよろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 3 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

 

もともとどのようにしてその子を入手したのか教えてください。

質問者: 返答済み 3 年 前.

獣医さんから頂いた野良です。生後1ヵ月ほどでした。猫かいせんの治療をし、昨年9月に避妊手術しました。

質問者: 返答済み 3 年 前.

あれ?もう終了ですか…


 

専門家:  yasuyuki 返答済み 3 年 前.

ご連絡いただきまして、ありがとうございます。

 

ノラちゃんで避妊手術を受けているんですね。

 

そういうことですと、コロナウイルス感染による脳障害の可能性がもっとも高いと思います。また、いわゆるエイズ、白血病でも脳の障害を起こしますので、血液検査をしてもらいましょう。その結果その3つの病気が否定的ならば、トキソプラズマという寄生虫が脳で問題を起こしているかもしれません。これも血液検査で分かります。ただし、一定期間後、たとえば2週間後に再度検査をして1回目と2回目の検査値を比較する必要があります。

 

避妊手術のような生体に大きなストレスとなるような処置のあとは、免疫が下がり、それがきっかけで、発症してくることがありますので、上記4つの感染症は否定できるといいですね。

 

血液検査の再検査で肝臓が悪くないことを確かめておく必要はあります。しかし、今の症状は肝臓が悪い時の症状とは少し違うような気がします。肝臓の超音波検査でもわかるかもしれませんので、入院中に検査を依頼してもいいでしょう。

 

脳、脊髄の障害の可能性が高いと思います(ただし、主治医がその可能性が低いということならそれに従ってください。診察していない獣医師には診断はできませんので)。最終的にはMRI検査が必要になるでしょう。大学病院や二次診療センターにご紹介していただけると思います。高額な医療費がかかりますので、ご相談ください。

 

検査値の解釈ですが、GOTがそれほど高くないのに、CPKが高いのは、神経の問題を強く疑います。今の症状で主治医がすでに脳障害の可能性を低く見積もっている理由がこちらには分かりません。場合によっては、セカンドオピニオンを求め、ほかの獣医師に診察を仰いだ方が、早く解決するかもしれません。

 

 

yasuyukiをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問