JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

10歳の雄猫、去勢済み、他の猫と合わせて3匹で室内飼いです。最近水の減り方がとても早いので、血液検査をしてもらったと

質問者の質問

10歳の雄猫、去勢済み、他の猫と合わせて3匹で室内飼いです。最近水の減り方がとても早いので、血液検査をしてもらったところ、この猫の血糖値が少し高いが糖尿病とはっきり診断はできないと言われました。経過観察して今は何もしなくていいでしょうということでした。でも私は気になるので餌だけでも糖尿病食にしたいと思いますがいかがでしょうか。病院の先生は同じ餌でかまわないとおっしゃてます。この猫はとても食欲旺盛でガツガツ食べます。今の体重は6キロで太り気味です。他に病気が進まないようにする為に何かできることはありますか?どうぞよろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんにちは。
10歳のやや肥満の猫ちゃんが水の減りが早いので血液検査したところ血糖値がやや高めということですね。
少々お伺いしたいのですが、
検査は血糖値以外にもされたのでしょうか?
その場合、異常はなかったのでしょうか?
ご返事お待ちしております。
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事いただいておりませんが分かる範囲でお答えさせていただきます。
10歳の猫ちゃんで最近水を飲む量が増えたということであれば、一般的には糖尿病、腎臓病、甲状腺機能亢進症、などが疑われると思います。
この中で糖尿病や腎臓病は血液検査だけでははっきりしないことや病気の初期状態は見つけにくいので、一緒に尿検査をされることをお勧め致します。
尿糖が出ていれば糖尿病の疑いがかなり強くなります。そのため追加検査で約2-3週間前の血糖値を反映すると言われる糖化アルブミンやフルクトサミンを測定することをお勧めします。
この数値が基準より高い場合、尿糖陽性、血糖値高い、という検査結果と合わせて糖尿病と診断して差支えないと思います。
また尿検査にて尿比重(1.030以下、1回だけでなく何回か測定)が低い場合は初期の腎臓病です。その場合は、腎臓食に変更する、皮下点滴を週1回の割合でする、ビタミンの補給、などを週1回の割合でされることをお勧めします。
甲状腺機能亢進症の場合はALTやALKPの上昇がみられることが多いです。もしこれらの数値の上昇がある場合には血中の甲状腺ホルモンを測定されることをお勧めします。
尿検査にてさしあたり異常が無い場合には、やや肥満ということがありますので体重を下げることをお勧めします。そのために特別療法食でロイヤルカナンから出ている減量サポートを食べさせてあげることをお勧めします。
今までの食事に少しずつ混ぜる量を増やして10日間で置き換わるようにされるとよろしいかと思います。
半年後の検査では遅すぎますので尿検査は今すぐにされることをお勧めします。
血液検査も異常がなくても3か月後には再度されることをお勧めします。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.
このお返事を読む前に前のメールを出してしまいました。
詳しいご説明ありがとうございます。とても参考になります。
取りあえず尿検査ですね。早速してもらってきます。ありがとうございました。
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
また何かございましたらご連絡いただければと思います。
お大事にして下さい。

猫 についての関連する質問