JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5277
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

約20歳のオス猫のアメリカンショートヘアです。 最近口から粘っこい泡状の唾液を垂らして、数秒痙攣し、失禁します。

解決済みの質問:

約20歳のオス猫のアメリカンショートヘアです。
最近口から粘っこい泡状の唾液を垂らして、数秒痙攣し、失禁します。
多い時には夜中に3回
痙攣後しばし呆然とした感じですが、すぐに元通りになります。
どのような病気が考えられるのでしょうか?

また9歳のメス犬:ラブラドールですが、尻尾の毛が抜けて禿げてきました。
近所で放し飼いしていた犬も全身まだらに禿げていた犬がいました。(半年くらい前に死亡)
ステロイドを塗ればよいでしょうか?
ご教示お願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問ありがとうございます

20歳の猫で考えられる病気は

①心臓疾患
 高齢ですし、心臓で不整脈を起こした時に痙攣や発作を起こします
 心臓の検査でレントゲン検査や心電図、血圧測定、心臓超音波検査が必要です

②腎臓病による尿毒症で脳に障害がでて発作を起こした
 点滴などで腎臓の数値を下げる必要があります、人間のように透析は難しいでしょう

③脳腫瘍や脳炎
 脳腫瘍や脳炎から発作を起こしている、MRI検査で診断します
 治療は抗生剤やステロイドになるでしょう。脳腫瘍の場合には高齢なので
 手術は難しいでしょう

などが考えらえれます

尾の脱門の原因としては
①甲状腺機能低下症

②ノミダニなどによる寄生虫により刺されたので、噛んでいる

③真菌感染
 診断で真菌培養が必要です
 抗真菌剤の塗り薬や経口薬が必要な場合もあります

④皮膚腫瘍
 皮膚の切除生検で切除が必要になる場合があります
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
おそらくステロイド剤を塗ってもよくならないでしょう

まずは診断が必要です

猫 についての関連する質問