JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

14歳のメス猫ですが、いままでも食べた後に口の中を痛がるそぶりを見せていたのですが、数日前から舌を出しているときが多

解決済みの質問:

14歳のメス猫ですが、いままでも食べた後に口の中を痛がるそぶりを見せていたのですが、数日前から舌を出しているときが多く、よだれがでています。口の中を見たくても、野性的なのでとても見ることができません。この症状は腎臓病でも起こり、痛がっているのではなく、吐き気でも起こる症状ではないかと以前に病院でお聞きした覚えがあります。スープ状の食べ物はなめます。腎臓によいロイヤルカナンの固形をずっとあげていますが、あまり食べません。病院で見てもらうにしても、あばれてつめで引っかく猫ですので、どうしたらよいか悩んでいます。我が家では5匹、ねこを飼っております。他の猫とはほとんど、接触しない猫です。よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 3 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

 

おっしゃるように腎臓が悪いのでしょう。

また、高齢ですので、歯石がひどくたまり、重度の歯周病を併発していると考えられます。麻酔をかけて、歯石を取ってあげれば、症状の改善が見込めます。そのときに口腔内を精査すると、腫瘍などもみつかるかもしれません。

かかりつけ医にまず電話でご相談いただき、歯石を除去してもらう予約をとられるのがいいでしょう。ただし、高齢ですので、麻酔のリスクが高いというお話しがあると思いますので、あらかじめご家族でよく相談されてから、予約をとってください。暴れる、高齢、腎臓が悪い可能性が高いなどから、麻酔に耐えられず、麻酔で死亡したり、処置後うまく体調が持ち上がらずに、亡くなってしまうかもしれません。しかし、このままでは、食事ができずに、栄養不良で、痩せ細り、亡くなってしまいます。よくご検討のうえ、主治医と相談してください。

もし、主治医がリスクが高すぎてできないということでしたら、事情を話して、他院で受け入れてくれるところを探されることをお勧めします。当院では、ワクチンを接種していない患者さんは、麻酔をかける処置を行なっていません(院内感染の防止のため)。主治医ではないところを受診する際には、ワクチン接種の有無もお伝えください。

yasuyukiをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

先日はアドバイス本当にありがとうございます。何回も経験していることなのですが、入院させて死なせては後悔し、家で見取ろうと入院させなくても後悔し、短い命、猫にとってどちらがよかったのだろうかといつも思っていて、先生にその点のお話をお聞きしたいです。

専門家:  yasuyuki 返答済み 3 年 前.

診察してみないとわかりませんが、歯周病になっていると思いますので、麻酔をかけてしっかりとってあげたほうがいいでしょう。食べられなければ亡くなってしまうのは明らかです。食べられれば生きられる望みがでてきます。欲をいえば、ノドに流動食のチューブを設置してもらい、しばらく、そこから流動食を与えられるとさらに救命率は上げることができます。腎臓が悪いならなおさらで、そのチューブは生命線になるでしょう。

ただし、経済的に余裕がない飼い主様には、なにもせずに、お家で看取ってもらうか、安楽死をしてもらうかの選択をしていただいています。

質問者: 返答済み 3 年 前.

お返事ありがとうございました。おかげで今病院からもどりました。歯肉炎、口内炎をとりあえず抑え、食べられるようになる注射、血液検査いたしました。腎臓も心配したほどでなく、ほっとしております。しろうと考えで、もう死ぬんだ、それなら病院には可哀相だから連れて行かない、などと思っておりましたが、先生のアドバイスで病院に連れて行く決断ができ、感謝しております。本当にありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

猫 についての関連する質問