JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

3ヶ月の子猫2匹(2匹ともメス)のワクチンについて質問です。現在、発展途上国の地方都市にいるため、ワクチンを普通に受けさせることができない状態です。(地元の獣医には狂犬病のワクチン

解決済みの質問:

3ヶ月の子猫2匹(2匹ともメス)のワクチンについて質問です。現在、発展途上国の地方都市にいるため、ワクチンを普通に受けさせることができない状態です。(地元の獣医には狂犬病のワクチンのみしかないので、ワクチンを首都で購入して持参し、地元の獣医にうってもらう形になります。)

さて、3ヶ月の子猫2匹はもうすぐ里親に謙譲予定なのですが、まだワクチンをまったくしていません。
以前、首都で購入したワクチンをずっと冷蔵庫に保存していたのですが、有効期限が2013年5月17日となっていました・・・。ワクチンは下記のものです:
"Feline rhinotracheitis-Calci-Panleukopenia-Chlamydia Psittaci Vaccine"
modified live virus and chlamydia Nobivac (Made in USA)

オプションとして、下記が考えられるのですが、子猫たちのことを考えた時に、どのオプションが最も好ましいでしょうか・・・?

 (a) ワクチンをせずに謙譲する(そのまま接種しない)
 (b) 有効期限が過ぎたワクチンを接種してから謙譲する
 (C)ワクチンを接種せずに謙譲し、1ヶ月後に私がワクチンを打ちにつれていく
  (前後の健康状態が観察できないのが不安です)
 (d) 1ヶ月待って首都で新たなワクチンを購入し、接種した後謙譲
  (謙譲時に4ヶ月半ぐらいになってしまうので、食文化も違う里親さんの家に
   なじめるのかが心配です。私の家では肉や日本から買って来たキャットフードなどが
   食べられますが、里親の家ではパンと牛乳だけだったりすることも多いので。)
里親さんはみんな現地人で、わざわざ猫を獣医につれていってワクチンを打つ文化はないので
ワクチンを彼らにしてもらうのは、ほぼ無理だと思われます。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんばんは。
子猫のワクチン接種についてのご相談ということですね。
選択肢の中で有力なのはbかdだと思います。恐らく有効期限が切れていても効力はあると思いますが、獣医師のほうから大丈夫とは言えません。またワクチンは生まれた年は2回以上打つことがしっかりした免疫をつける上では望ましいです。
1回だけですとワクチンの効果が不十分なことが多いです。
もし有効期限を気にしないということであれば、今あるワクチンをすぐに打ってあげて、さらに3週間後にも新たなワクチンを打ってその2週間後に譲渡されるのが現実的ではないかと思います。
もちろん一番よいのは、新らたなワクチンを1か月後に打ってあげて、その3週間後にもワクチンを打ち合計2回打ってから2週間後に譲渡されるのが望ましいと思います。しかしそれですと時間がかかりすぎますので多少の妥協は必要だと思います。

本来はその後も1年ごとにワクチン接種を続けることが望ましいですが、それは難しいということですね。その場合には最初だけでもしっかり免疫をつけることをお勧め致します。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問