JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5271
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

猫、スコティッシュのオス。 去勢済みの1歳5ヶ月です。 骨りゅうの事はスコティッシュを飼う時に知りましたので

解決済みの質問:

猫、スコティッシュのオス。
去勢済みの1歳5ヶ月です。

骨りゅうの事はスコティッシュを飼う時に知りましたので
掛かりつけの病院で定期的にレントゲンをとり看て頂いていましたが
この2週間程で急に左後ろ足をカバって歩くようになりました。

明確な治療法も確立されてはいないとの事ですが

東洋医学、鍼やマッサージ、整体等は効果的なのでしょうか?
根治は無理にしても、痛みの緩和や進行の遅延の希望はありませんか?
通常痛み止めの処方から始まり、場合によって外科的治療
一部では放射線治療もあると言う事は判りましたが、東洋医学との関連が判らず質問させて頂きました。

お手数かけますが、宜しくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
骨の変形に伴う痛みなので、人間同様に東洋医学はあまり効果が無いと思います

痛みに伴う筋肉の緊張を取ったりはできると思いますが
長時間の鍼やマッサージ、整体などおそらく拘束している時間や効果から
考えると効率も悪いですし、猫ちゃんも毎回は耐えられないと思います

理学療法の半導体レーザー治療器での照射などはもしかすると多少の痛みを取る
効果が出るかもしれませんが根治もしませんし多少楽になる程度でしょう

wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問