JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

雄猫4歳です。現在ウィルス性腹膜炎と戦っています。以前出血時に相談しました。翌日かかりつけ医で、腹水を減らす薬を中止

解決済みの質問:

雄猫4歳です。現在ウィルス性腹膜炎と戦っています。以前出血時に相談しました。翌日かかりつけ医で、腹水を減らす薬を中止(出血傾向になるため)し止血剤をもらい(1日2回経口投与)、口中の腫瘍が治まっていた為に止めていた抗炎症剤(先生はできたら投与したくない)を1日おきに経口投与する事になりました。週3回のインターキャットも継続中です。それに加え、血液検査で腎臓、肝臓の数値も貧血も悪くなっており、週3回の点滴も始めました。その点滴後にハイテンションになり、おかしな行動をします。本人はごろごろと上機嫌らしく、いつもより機敏に動き回り一箇所にじっとしていないのです。その間は飲食したそうにするのですが受け付けないようです。それはどういう事なのでしょうか?対処の方法が分かりません。教えてください。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんにちは。
4歳の猫のころっけちゃんがウイルス性腹膜炎(猫伝染性腹膜炎?)の治療中ということでしょうか?
その治療で皮下点滴をしたあとに興奮気味になるということでしょうか?
少々お伺いしたいのですが
点滴には点滴液以外になにか他の注射(インターフェロン以外で)もいっしょに打っていますでしょうか?
具体的にはごろごろして機敏に動いて一か所にジッとしていない以外にどのような症状がありますでしょうか?
ご返事お待ちしておりますので宜しくお願い申し上げます。
質問者: 返答済み 3 年 前.


2週間に一度の抗菌剤以外はないです。普段鳴かない子がよく鳴きながら、何かを探しているようにも見えます。すり寄って来るのですが、触るのを嫌がるようにも思います。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
点滴のあとに毎回そうなるとするとやはり点滴による背中の違和感が一番考えられると思います。
今の時期寒いので例えば点滴液が冷たいままですと、それを背中に入れられるとかなり違和感を感じるはずですがいかがでしょうか?
一度病院で点滴されるときに点滴パックを触ってみて温かいかどうか確かめてみられることをお勧めします。
飼い主様がご記入された猫ちゃんの症状からすると不安を感じて落ちつかない、何かから逃れたいような雰囲気に感じます。
今度点滴されるときにパックを触って確認してみて下さい。触ってみてひと肌程度にあたたかければ、点滴液を背中に入れられて違和感があるなどのほかの原因が考えられます。
もしパックが冷たいようであれば先生にお願いしてひと肌程度に温めてから輸液してもらってください。
皮下点滴した後に生じる一時的な行動であればそれほど問題無いと思いますが、冷たい液を入れられると体温が低下して刺激にもなります。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.


点滴液は人肌くらいに温めてくれています。現在2キロ弱しかないので、ご指摘いただいたとおり違和感なのかもしれません。ありがとうございました。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
点滴液は温めてあるということですね。
その場合には背中に点滴液が入ることで違和感を感じている可能性が高いと思います。
もしかしたら1回の点滴量も多めなのかもしれません。
またビタミン剤(赤茶色の液体)などが一緒に入っているとさらに刺激性が増します。
点滴後の一時的な行動であれば、問題になることは無いと思います。
お大事にしてください。

猫 についての関連する質問