JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

猫、去勢済み、オス、2歳半、太ってはおらず標準体型です。先日、別件で入院することがあり、ついでにお願いしたグリコアルブミンの検査で18%の値が出たため、1か月後くらいに、糖尿病の検

質問者の質問

猫、去勢済み、オス、2歳半、太ってはおらず標準体型です。先日、別件で入院することがあり、ついでにお願いしたグリコアルブミンの検査で18%の値が出たため、1か月後くらいに、糖尿病の検査に行くことになりました。
多飲多尿などの一般的な糖尿病の症状は出ていないのですが、
① それまでに症状の観察以外にやったほうが良いことは、ありますか?
② 症状なし、グリコアルブミン18%の場合、一般的にはどのような治療になりますか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんにちは。
2歳半の猫ちゃんで糖化アルブミンがやや高いということですね。
尿検査をされることをお勧め致します。もし糖尿病であれば尿糖が出ていると思います。
もし尿糖が陰性の場合にはやはり食事療法が一番最初にするべきことではないかと思います。
食事の選択肢としてはヒルズのw/dが候補になると思います。
猫ちゃんは興奮すると血糖値が上がりやすいですから、採血時の血糖値はあまり参考になりません。
血糖値が280以上あると尿に糖がでますので糖尿病になると思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

返信を有難うございます。


「① それまでに症状の観察以外にやったほうが良いことは、ありますか?」


についてはいかがでしょう?ご飯は検査前には変えないほうが良いのでしょうか?


また、尿糖が陽性の場合は、治療はどのようなものがありますか?


 

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
症状の観察以外に尿検査をされることをお勧めいたします。
食事は今すぐには変更されずもう一度検査してやはり高い場合にはw/dへ変更されるとよろしいかと思います。
w/dへ変更後しばらくしてまた糖化アルブミンを測定することをお勧め致します。
尿糖が陽性の場合には糖尿病なので、食事療法(糖コントロールやm/d)が必要だと思います。またインスリン治療も必要になると思います。
また体重が5.4kgとのことですが、肥満の場合には体重を減らすことをお勧めします。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答を有難うございました。


とりあえず市販の検査薬で尿検査を行い、結果によっては病院に行く時期を早める相談を、かかりつけの医師としたいと思います。


また、病院に行くまでは、今まで通りの食生活を続けていくようにし、症状の観察だけはしっかりしようと思います。


 

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。

尿検査にて尿糖が陽性の場合糖尿病の可能性が高いです。

しかしそれ以外にも慢性膵炎の可能性もありますので、一度猫膵特異的リパーゼ(血液検査ですが外注検査になります)で数値が高くないかどうか調べることをお勧めします。
膵炎の慢性化の場合にも血糖値が高くなることがあります。必ずしも吐き気や食欲不振がでるとは限りません。

猫膵特異的リパーゼが正常値の場合は膵炎は否定されます。

糖化アルブミンが高めの場合で尿糖が陰性の場合にはw/dやr/dへの食事の変更をして体重コントロールをしてあげて下さい。


質問者: 返答済み 3 年 前.

なるほど、


検査時に、なるべく多くの検査を行うようにします。猫膵特異的リパーゼですね。


ご丁寧に対応していただき、有難うございました。


 

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
また何かございましたらご連絡いただければと思います。
お大事にして下さい。

猫 についての関連する質問