JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

昨年の8月10日生まれのオスの子猫です。 2ヶ月のときにペットショップで購入しました。 「お腹が緩くなりやすい子

解決済みの質問:

昨年の8月10日生まれのオスの子猫です。
2ヶ月のときにペットショップで購入しました。
「お腹が緩くなりやすい子猫です。」と引渡しのときに言われました。
二日ほど下痢をして、以降は大変元気ですが10日程経った10/26に便に粘液と血液が少量ついていました。1週間分の薬をもらって直ぐに良くなりましたが、1ヶ月後にまた血便。
フードをヒルズのi/dに切替えて3週間薬を飲みました。
薬を飲み始めると直ぐに良くなります。
しかし12/17に再度血便が出た為、色々検査した結果アレルギーがあるとのことでフードをz/dに切替え済みの現在も薬を飲んでますが血便が出ています。
一ヶ月ほど様子を診ないとわからなとのこと。
このまま様子をみて大丈夫なのかしんぱいです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんにちは。
5か月のマンチカンのオスで血便を繰り返すということですね。
少々お伺いしたいのですが、
お薬は何をのんでいるのでしょうか?
アレルギーと分かるためにどのような検査をされたでしょうか?
カルシウムの数値はどの位の値でしょうか?また何回測定しても高いのでしょうか?
ご返事お待ちしておりますので宜しくお願い申し上げます。
質問者: 返答済み 3 年 前.
血液検査は12/10のみで、カルシウムが14.0 mg/dlです。
薬の成分の詳細は粉薬でわかりませんが、2回目の血便時に3種類薬が入っているため1週間ずつ減らして様子をみましょうとのことで3週間飲みました。最後の種類はビオヘルミンみたいな整腸剤だと言っていました。
人間の様なアレルギー検査はしていません。
フードを消化器症状用の物に切り替えても繰り返すので、アレルギーが考えられるとのこと。
子猫自身は来た時から、血便が出ている時でもいたって元気です。
体重も1kgから現在は3kgこえました。
食欲は旺盛過ぎて困っています。
スリムですがドンドン大きくなって、体重に見合った量をあげているつもりですが、減らすように先日言われました。
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
血液検査は1回だけで、カルシウムが14ということですね。
気になる点として、検便はしっかりされいるのかな?と思います。子猫なのでまずは感染症の可能性をしっかり除外する必要があるとおもいます。
検査として直接法、浮遊法、ジアルジアやコクシジウムへの感染、便に含まれる細菌や原虫の遺伝子検査をしっかりされて感染症の可能性がないか徹底的に調べることからスタートするべきだと思います。
血便は大腸という肛門に近い位置にある腸管のなんらかの炎症によるもので、大腸粘膜が剥がれることで血がでたり、ゼリー状の粘膜がでたりします。栄養の吸収に関わる小腸の炎症ではないので、栄養失調にはならないので体重も増えていきます。
感染症の可能性が除外された場合は食物不耐性や何らかの慢性炎症などの可能性も考えられると思います。免疫系の異常のアレルギーについては2か月のときからお腹が緩くなると言われているのではれば、可能性としてはまだ低いのではないかと思います。
z/dのフードに変えても血便は出るということからも、アレルギーの可能性はどうかな?と思います。感染症の可能性がほぼ除外された場合は、栄養性の問題も疑って、血中の葉酸やビタミンB12の値を測定することもよろしいかと思います。
ビオフェルミンなどの整腸剤は害はないと思いますが、ステロイドなどを与えることはまだされないようにするべきだと思います。
現在は症状はありますが、体重も増えていることですので、それほど心配することはないと思います。今はまず感染症をしっかり除外しておいて、もう少し大きくなって1歳を超えても同じ症状が出る場合には麻酔をかけて大腸粘膜の内視鏡検査や粘膜を採取して培養や病理検査をされることも将来的にされることを考えておかれるとよろしいかと思います。
また食事はz/dで症状の改善が無い場合は、ロイヤルカナンの消化器サポートを一度試されることをお勧め致します。
質問者: 返答済み 3 年 前.
検便は引渡し前に1回、10/26・11/27と計3回異常なしです。
最初のフードはペットショップでも食べていたロイヤルカナンの子猫用です。
主治医の指示通り1ヶ月はz/dで様子をみた方が良いでしょうか。
どの程度まで血便が出ていても様子をみた方が良いのか、どの程度以上なら緊急性があるのか不安です。

ちなみに完全にフード切り替わったのは3日前ですが、切り替わっていく過程で便は以前より柔らかくなり、そこがまた不安でもあります。
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
便検査は合計3回されたということですね。
便検査にも先に挙げたようにいろいろな種類がありますし、感染の遺伝子検査などは特殊な検査になりますので、もう一度どのような便検査をされたのかその内容をご確認されることをお勧め致します。
ジアルジアやコクシジウムは陰性なのかどうかも確かめることをお勧めします。
z/dは本来育ちざかりの猫に対応していないと思います。しかしもう5か月令であることから1か月程度であれば成長に問題はないと思います。
血便で緊急性がある場合は明らかにそれが原因で食欲元気がない場合です。その場合は様子をみるのではなく直ちに積極的に治療することをお勧めします。
見た目で元気があり、体重も順調に増加している場合は緊急性は無いと思います。
しかし血便が出ている時点で大腸には確実に炎症があり、多かれ少なかれお腹がシクシク痛むのは間違いないことです。命に別状がないから大丈夫というのは乱暴な考え方なので、血便が出る場合は、治療をされる、その治療で改善が無い場合は他の可能性を考えて治療法を変えるなどが一般的な考え方だと思います。
z/dは加水分解蛋白の食事なので腸内細菌が上手に消化できずそのため下痢や軟便になることがしばしばあります。この点は非常によくあることなので主治医の先生があらかじめ飼い主様に注意する必要があると思います。子猫の血便の治療法のアプローチとしても典型的とは言えないと思いますので、これで症状が改善しない場合は他の病院の先生に診察していただくのも方法の1つだと思います。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問