JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

十二歳のメス猫です、いっさいのときに出産経験あり、1ヶ月位前から、左の後ろ足をひこずるようになり、何日後には両足をひ

質問者の質問

十二歳のメス猫です、いっさいのときに出産経験あり、1ヶ月位前から、左の後ろ足をひこずるようになり、何日後には両足をひこずり、平行が保てなくなり、パタパタと横に倒れます、ここ一週間はほとんど寝て過ごし、餌や水を与えると少量摂取します、哺乳瓶でミルクを与えて育てた子です、どうぞ良いアドバイスをお願いします
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

それはご心配な状況ですね。

原因として考えられるのは大きく分けて
1.神経の異常
 椎間板ヘルニアや馬尾症候群、脊髄腫瘍、末しょう神経障害などの異常によって美っこを引くことがあります。糖尿病でも末梢神経障害がでることがあります。
 また、脳腫瘍でも後ろ足のびっこが出てくることがあります。
2.関節の異常
 高齢のネコちゃんでは変性性関節炎などが多く、その場合にびっこを起こすことが多いです。
3.血栓症
 ねこちゃんでは心臓が悪いと血栓ができることがあり、それが後ろ足の血管につまって後ろ足がマヒすることがあります。

残念ですが、今の状態をお家でみていて何か改善する可能性は極めて低いでしょう。
早めに治療ができればよくなる可能性も上がりますので、できるだけ早く病院で診てもらい、レントゲン検査などをしてもらうといいでしょう。
 

猫 についての関連する質問