JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

猫の血糖値について詳しく知りたいです。 6歳になる男の子を飼っていて、2年弱前から糖尿病予備軍ということで定期的に

解決済みの質問:

猫の血糖値について詳しく知りたいです。
6歳になる男の子を飼っていて、2年弱前から糖尿病予備軍ということで定期的に病院に通っています。血糖値としては、落ち着くこともあればまた数ヶ月すると跳ね上がるの繰り返しです。

今回の質問ですが、11月頃からまた定期検診で血糖値が175と高めに出たので治療しながら定期的に通い経過として175から164になり、前回は150でした。興奮もしていたので実際はもう少し低いと獣医さんは言ってました。

これで少しずつ下がってはきたかな?と思いたいのですが、175と164と結果が出た時より前回150と結果が出た日は検査時間が1時間から2時間ずれました。
朝方に食事をあげて、175と164と出た日は食後6時間ぐらいで150と出た日は食後8時間でした。

これが原因でただ少し下がったように錯覚しているだけなのでしょうか?
それとも、血糖値が高くなってる時は食後6時間や8時間などの時間差は関係ないと考えるべきですか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 3 年 前.
こんにちは。
確かに食後の同じ時間帯で検査をするのが一番正確な値は出るとは思いますが、二時間程度でしたら、そう大きな差はないと思います。
なので、今回下がったのも、純粋に値が下がっていると思っていいと思いますよ。
次回は食後8時間後で今回と合わせるか、6時間後で今後統一された方がよいでしょうね。
質問者: 返答済み 3 年 前.
ありがとうございます。
検査時間を合わせたいですが、その病院はとても混雑していてその日によってまちまちといった感じです。
普通、猫ちゃんの血糖値というのは食後どのような時間配分で変化していくのでしょうか?調べてみても書いてることがばらばらなので疑問です。
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
おはようございます。
猫ちゃんの血糖値についてのご質問ですね。
猫にも糖尿病という病気がありますが、猫で尿糖がでるのは血糖値がいくつ位になったらでるかおわかりでしょうか?
猫の場合は人の場合と異なり、血糖値が280前後にならないと尿糖はでません。また興奮しやすい猫の場合採血時の興奮によってすぐに180位まで血糖値は上がります。
従って採血時の血糖値が180位だからといって、飼い主様の猫ちゃんは糖尿病の予備軍とは言えません。
もしその点を気にされているのであれば、糖化アルブミン(国内測定可)やフルクトサミン(アメリカで測定)を測定されることをお勧め致します。
これは約2週間前の血糖値を反映する値とされています。従って特に猫のように興奮するとすぐに血糖値が上昇する動物のような場合の血糖値のモニタリングにはうってつけです。
恐らく飼い主様の猫ちゃんもこの糖化アルブミンを測定したら正常値に入っていると思います。この糖化アルブミンは今されているみたいに食後何時間後とかに測定する必要もないので飼い主様のご心配を解消するには非常に有効な測定項目です。
ぜひ一度ご検討してみて下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.
詳しくありがとうございます。
以前は249などガクンと上がったこともあり尿は調べたことはないものの予備軍であるのは間違いないと言われてます。
今度、そのような検査も頭にいれて定期検診させてみます。

それとは別に今回の質問に関しては先生はどうお考えかお聞かせ願えますか?
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうござます。 以前249だっとこともあるということですね。 確かに249はやや高いですね。 猫の糖尿病の判断基準は、持続的高血糖(いつも280以上)、尿糖+、糖化アルブミンやフルクトサミンが基準値以上、ですと糖尿病と診断されます。 また飼い主様の猫ちゃんが太っている場合には、痩せることも予防につながります。その場合はw/dなどの高繊維食、やr/dなど低脂肪食も有効です。これらは特別療法食になるので、使用時には獣医師とよく使いかたを確認してから使用されることをお勧めします。 今回の飼い主様のご質問について、時間的な差(6時間後と8時間後)が血糖値に影響を与えるかどうかについては、与える可能性は十分にあると思います。 なぜかというと、われわれはよく糖尿病の猫ちゃんをお預かりして朝から晩まで2時間ごとに血糖値を測定する検査(1日血糖値曲線)を行いますが、6時間後と8時間後ではやはり8時間後の方が血糖値が下がっている場合が圧倒的に多いです。そのため、時間的な差はあるともいます。しかし150と170の血糖値に質的な差があるかと言いますと、ほとんどないと思います。

また同じ時間に採血した血液を同じように測定しても2度測定すると20前後の値の違いがでます。それは測定装置の誤差なのです。以上のことから150と170の質的違いはないと思います。

質問者: 返答済み 3 年 前.
食事はw/dを与えていますが、中々血糖値の管理はうまくいかないもので毎日飲む水の量をはかっては一喜一憂しています。
質問に対して詳しくありがとうございます。
食後の時間に関してはやはり影響はあるのですね。
糖尿病になっていると食後の時間帯関係なくあまり血糖値が下がらずに高いままなのかな?と思っていたので勘違いなのですね。
170も150も質的には変わらない、ということはあまり良くなってはきてないのでしょうか。

何度も返信してしまい申し訳ないです。
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
糖尿病の患者の血糖値曲線はインスリンを最初に打ちますので、時間とともに下がってきます。
インスリンを打たない場合でも時間が経てば血中濃度は下がります。
食後6時間で170、食後8時間で150というのは質的な差はないと思います。
糖化アルブミンを測定されるとそのことはよく分かると思います。
w/dを与えておられるということですね。血糖値で管理するのではなく、糖化アルブミンにて正常範囲かどうかを調べることと、体重測定して体重管理をされることをお勧めします。
猫ちゃんの理想体重を先生と相談して決めていただき、その理想体重に近づけるように、食事量を徐々に減らし(例えば1日1粒づつ減らすなど)、3か月位かけて体重を減らすとよろしいかと思います。太っている猫ほど時間をかけてゆっくり体重を減らすことをお勧めします。
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験: 北海道大学獣医学部卒業
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問