JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

掛かり付けの獣医がおりますが、あえて質問させて頂きます。 ミックス 猫 ♂ 18歳6ヶ月 先日 右頬の膨らみの為診察をうけたら、右奥歯の奥に扁平上皮癌の診断をうけました。 食

質問者の質問

掛かり付けの獣医がおりますが、あえて質問させて頂きます。
ミックス 猫 ♂ 18歳6ヶ月
先日 右頬の膨らみの為診察をうけたら、右奥歯の奥に扁平上皮癌の診断をうけました。
食事は、若い時からc/dです。何度も尿結石を繰り返し、体質の様です。
手術でペニスも取りました。
数年前から、甲状腺の機能が落ちてると、チアマゾール を投薬してます。
掛かり付けの獣医から扁平上皮癌の説明を受けました。
ただ、今後については、酷くなったらご飯も食べられないだろうから、安楽死を考えた方が良いと言われました。
言ってる事は理解出来ます。が、
これからどうなって行くのか不安で心配でなりません。
掛かり付けの獣医は信頼も出来るんですが、若干、楽観的にも感じてます。
それに救われる時もありましたが、今回については不安になるばかりで、我が家の猫の最後が
近い以上愛猫の為に残された時間を大切に、最後を少しでも苦しまないで安らかに見送りたいと思ってます。
長くなりましたが、お聞きしたい事は、
今回、我が家の愛猫の扁平上皮癌について、どの様になっていくのか教えて下さい。
その時愛猫は、どうなって行くのかを知りたいです。
わかれば、最後は何が原因で、どの様に息をひきとるのか、も、
一概には言えないと思いますが、お分かりになる範囲でお聞き出来たらと思います。
現在、薬は、癌には効果無いが膿んだ時の感染予防の為と、抗生剤を投与してます。
この抗生剤は本当に意味があるのでしょうか?
甲状腺治療のチアマゾールも続けて投与していますが、これも今投与する意味があるんでしょうか?むしろ獣医からは、足りてないからと癌告知後、量を増やす様に指示がありました。
→これについては、私の方で色 々考えた末、量を増やすのを断りました。
理由は、治らない癌があるのに飲ませる事は適切ではないと、素人考えで判断しました。
というのも、この扁平上皮癌の最後を考えると、愛猫が想像を絶する程に苦しむのでは?と、余りにも怖く、であれば甲状腺の病気で天国へ旅立つ方が辛く無いんじゃないか?少しでも安らかに天国へ旅立てるんじゃないかと考えたからです。
ただ、すぐに止めてしまうのもどうか分からず、止めてすぐに旅立ってしまったら……と恐怖もあり、量は増やさないまでも、今までの量を投与しています。
ちなみに、朝晩各半錠です。
最近は、どんどん腫れていく頬を見て、チアマゾールを中断してしまっても良いんじゃないか?とも思ってます。飲ませるのも辛そうで可哀想に思えます。この選択は危険でしょうか?
あと一つ。食事ですが、元々食欲旺盛な猫で食べるのが大好きです。
現在も甲状腺の病気せい もあるかも知れませんが食欲はとてもあります。
獣医からも、好きな物を与えて良いよ、と言われました。
今まで、小さい頃からの尿結石で治療食しか食べて来れなかったので、好きな物を与えようと思ってますが、今まで与えてたc/dをゼロにしてしまうのが怖いので、c/dをベースに市販のフード等を混ぜて与えてます。(以前肥満の為s/dやa/d?切替えたら尿結石を再発。かなり辛そうで大変な思いや経験をしたからです。今はペニスも取ってるので大丈夫かともおもうんですが、その時のトラウマもあってかc/dはベースにしています)
食欲は気にせず何でも与えて良いんでしょうか?ドライフードは経済的に助かるのですが、腫瘍に傷付けたりしてしまいますか?出血の原因にも成りかねますか?欲しがっても硬いものは止めた方が良いですか?
長くなりましたが、どうぞ宜しくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

扁平上皮癌は、転移よりも局所浸潤をすることが多く、一番多いのはどんどん口の中で大きくなり、それが感染して痛くて食べられないとか顎の骨に浸潤していき顎がうまく動かせなくなって食べれなくなるということです。
それにより、衰弱や脱水、腎不全などを起こして亡くなってしまうことが多いです。

抗生剤に関しては今現在は あまり必要でないかもしれませんが、ネコちゃんがよほど嫌がらない限りは予防的に飲んでおいた方がいいでしょう。
一度感染するとなかなか腫瘍の感染は治りにくいので。
抗生剤を飲み続けるデメリットはあまり多くはありません。

それから甲状腺に関しては今のままのほうがいいでしょう。
今の状態で体重減少などの甲状腺機能亢進症による全身状態の悪化がみられなければ増やす必要はありませんが、減らさない方がいいです。

ご飯は基本的にはどんなものでもいいと思います。
できればc/dベースのほうがいいですが、ドライフードを混ぜてもらう分には問題ありません。



猫 についての関連する質問