JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

【慢性腎臓疾患と診断された猫の急激な症状の変化について】 猫のチンチラゴールデン オス 12歳7ヶ月 今年の夏前頃から、トイレ以外でオシッコをする回数が増え、7月に近く

解決済みの質問:

【慢性腎臓疾患と診断された猫の急激な症状の変化について】

猫のチンチラゴールデン オス 12歳7ヶ月

今年の夏前頃から、トイレ以外でオシッコをする回数が増え、7月に近くのペットクリックで診察を受けたところ、エコー検査で遺伝の可能性もあるのか、少し腎臓の奇形があり、 中度の腎臓病と診断され早期の治療をすすめられました。ただ、トイレ以外でのオシッコとの関係性はわからず、その時点では食欲旺盛で活発でしたので、そのまま様子をみておりました。

食事は、1日2回。缶詰半分を朝と夕に分けて2回と、常にお水とドライフードを置いてあり、好きなとき食べれるようにしてあります。
ずっと銀のスプーンなどの毛玉ケアのものを2種類混ぜてあげておりましたが、11月からはサイエンスダイエットの高齢猫用のヘボールコントロールをあげるようにしました。

ここ最近、缶詰のウェットフードは間食しますが、ドライフードを食べる量が少し減ってきた感じもしていました。

来月1月、猫を連れて実家から出て一人暮らしをする予定もあり、先日12/18に再度、腎臓の状態を検査してもらいに、同じペットクリニックで相談と検査をしたところ、体重も1kgほど減少し、クレアチニンとBUNの値がかなり増えていて、完全なる慢性腎臓疾患であると言われました。

今回の検査結果を、引っ越し先の近くのペットクリニックに見せて、治療を開始しようと思っておりましたが、ここ2~3日前ほどから、急に食欲がなくなり、辛そうな顔をするようになりました。
よく観察してみると、何度も唾を飲み込む感じで、常に吐き気がある様です。
実際、ここ数日、毛玉ではない嘔吐が多くなりました。
また、2日位前から下痢にもなっています。
動きも鈍くなり、食後のグルーミングもあまり出来ない様です。

年末で病院もお休みになり、あまりの突然の様態の変化に不安でたまりません。
腎臓病が進行すると、尿毒症になり、嘔吐や下痢の症状になると聞きましたが、
こんなに突然に現れるものなのでしょうか?

ひとつ、気になっている点として、
12/18にペットクリニックでサンプルとしてもらった腎臓疾患用のドライフードをあげたたところ、よく食べたので、ヒルズ 猫用 k/d ドライと、ヒルズ 猫用 k/d チキン入りパウチを購入し12/22からあげました。
それが原因の可能性もあるのでしょうか?

検査機関が違うので、正確な比較にするのは難しいとの事ですが、検査結果の推移です。
7/26の検査結果
クレアチニン:4.1mg/dl (参考値 0.8-2.2)
BUN:54mg/dl (参考値 11-40)

12/18の検査結果
クレアチニン:8.9mg/dl (参考値 0.8-1.8)
BUN:115.3mg/dl (参考値 17.4-32.8)

先程、おトイレ掃除中に、便意をもよおした様子で絨毯の上に排便しようとしたので、自分の手のひらで下痢便を受け止めたところ、便が出る最初に血液の様な赤いものを見ました。
血便でしょうか?
何か、胃腸に潰瘍の様なものができているのでしょうか?

気のせいかもしれませんが、私はかなり鼻が敏感に利いてしまう タイプなのですが、半月前から猫の顔に自分の顔を近づけると、いつもの生臭い口臭ではない、胃潰瘍の人間の様な口臭を感じていました。
12/18に病院の先生にも伝えましたが、そのときは元気でしたので、特に話題にもなりませんでした。

明日は大晦日で、病院も休みですし、痛みや辛さを伝えられない猫だけに、そばで見ていてとてもやりきれない気持ちで、涙ばかりこぼれてしまいます。

この数日間、どのように対処をすればよいでしょうか?
何か良い対処方法などありましたら、是非、ご教示頂けないでしょうか?

どうぞ宜しくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

腎不全に関しては脱水を起こすと急激に悪くなります。
12/18の数値はかなり悪く、すでに尿毒症になっていてもおかしくない数値です。

k/dに関しては腎臓食なので、それが原因で尿毒症がひどくなることはないですが、急に今まで食べたことのないものを食べると下痢することはありますので、下痢の原因になっているかもしれません。
下痢による脱水で調子を崩したか、尿毒職によって腸内環境が悪化して下痢を起こしたかのどちらかでしょう。
腎不全では胃酸過多になりやすいので、胃潰瘍のようなにおいがしても不思議ではありません。

とにかく、脱水を改善してあげないといけません。
その数値で(おそらくさらに悪くなっているとは思いますが)、嘔吐が続いたり食欲不振が続けば命にかかわります。
明日開いている病院を探して受診されないと命の危険があると思ってもらったほうがいいでしょう。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

早々のご回答ありがとうございました。


気が動転してしまい、ご連絡が遅くなりすみません。


 


検査をしてもらったペットクリニックはお休みで全く連絡がつかず、


出来るだけ近場で、大晦日に営業している動物病院を見つけ、早速


朝一番で連れて行きました。


やはり、さらに数値が上がり末期状態でしたが、皮下注射で吐き気止めと栄養剤を入れて頂き、少し容態は安定しました。


 


ホテルも併設している個人の動物病院でしたので、特別に2日にも、診察と皮下注射をする為に、病院を開けて下さるとの事で安心しました。本当に感謝です。


 


無事に年を越す事が出来、今日は少しずつですがご飯を食べたり、ゆっくりと家の中を歩ける様になりました。


 


もう回復するのは難しいのかもしれないですが、出来るだけ苦しんだり辛い思いをする事がないよう、そばに居れるときはそばで一緒に過ごしたいと思います。


 


質問をした30日は、嘔吐と下痢がひどく、動く事も出来ない位に衰弱していたのですが、すぐにでも開いている病院を探すようにアドバイスを頂き、受診して本当によかったです。


 


今回は、本当にありがとうございました。


 


 

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
そうでしたか。

それはよかったです。

腎不全の子が脱水をすると一気に調子を崩しますので、診ていただける病院があってよかったです。
また何かあればご相談ください。

お大事にどうぞ。
質問者: 返答済み 3 年 前.

この度は、色々とお世話になりありがとうございました。


 


不安なときにご回答頂き、どれだけ心強かったことか。


 


残念ながら、昨日1月6日の午前4時に、最愛のミエルは息をひきとりました。


 


 


大晦日の皮下注射で少しは良くなったかの様に見えましたが、


尿毒症は進行していた様で、食欲はあまりなく、元旦には右下の犬歯が歯周病の為か、折れてぐらぐらになっていました。


 


2日の診察で、ぐらぐらの歯を取ってもらい、その他の歯は大丈夫との事で安心していましたが、やはり食欲がほとんどなく衰弱していきました。


 


3日は、口から少し血のついたよだれが出ていましたので、口の中に潰瘍のような物ができ始めて痛いのも、食欲のない原因の一つになっていた様です。


 


4日の診察では、口の中がかなり荒れているので、皮下注射で、栄養剤と吐き気止めの他、炎症を抑える薬を入れてもらいました。


 


ご飯をほとんど食べていないので、もう足もふらつき始め、動く事も難しくなってきました。


 


夜は、口の中の粘り気のある唾液が、鼻に入ってしまったのか、鼻が詰まって、呼吸が苦しいのか、悲壮な声で鳴くようになりました。


 


私が、少しでも口から水分を入れようと、スポイトやスプーンで水を流し込んだのがいけなかったのでしょうか?


でも、そうすると水を飲む事を思い出して、水場に飲みに行ったりもしました。


 


5日は、本当に苦しそうで心音も弱っていました。


 


仕事初日でしたが、何を置いてもそばに居たかったので、なんとか代理をお願いし、片時も離れず看ていることが出来ました。


 


ずっと寄り添い、たまにあげる辛そうな鳴き声に、「もう十分に頑張ったからもういいよ!」と声をかけ続けました。


 


ついに、最後の瞬間は私の腕の中で抱きしめる事ができました。


 


何よりも愛しい存在なので、もっと早く異変に気付いて早めに治療をしてあげれば、こんなにも辛い思いをさせなくて済んだのに、と後悔の毎日です。


 


ネコの腎臓病への知識もなく、尿毒症の恐ろしさと進行の早さには本当に驚きました。


 


他のネコちゃんが腎臓病の初期の段階で治療を受けて、少しでも辛い思いをせずに長生き出来る様に、早期の治療を是非、勧めて行って下さい。


 


今回は、本当にありがとうございました。


 


 


 


 


 

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
そうでしたか。

おつらい中ご報告ありがとうございます。

最後の瞬間を一緒に過ごせれたのはミエルちゃんにとっても幸せだったのではないかと思います。

謹んでお悔やみ申し上げます。

猫 についての関連する質問