JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

約10歳の黒の女の子です。避妊手術は済ませております。 一ヶ月ほど前から、異常な食欲がではじめ、過食を心配し始

解決済みの質問:

約10歳の黒の女の子です。避妊手術は済ませております。

一ヶ月ほど前から、異常な食欲がではじめ、過食を心配し始めた頃、
今度は、吐くようになりました、

1日に6回くらい吐瀉物は、黄色の時や緑色です。

近くの獣医先生に行きました。
腹部を触診して痛がらないので異物などは大丈夫。
口の奥を見て荒れているので、咳の時に吐くのかもしれませんとのことで、点滴しました。
喉の消炎剤投薬いたしました。
心配なのは5日ほど食事をお受継ないので体力の低下が心配です、
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

食欲が異常に増して、その後に嘔吐が出てくるときに多い病気としては糖尿病や甲状腺機能亢進症などがあります。
多飲多尿の症状はないですか?
また甲状腺ホルモンを含めて血液検査はされていないですか?
質問者: 返答済み 3 年 前.


明日にでも、登院するつもりです。


確かにおしっこの量が増えております。ウンチは全然ありません。


もちろん、食事をしても吐瀉してしまいます。


甲状腺ホルモンを含めた血液検査をお願いすれば、良いのでしょうか?


また、治療費は、おいかほどになりますでしょうか?

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
まだ血液検査はされていないということですね。

まずはしっかり血液検査をしてもらうべきでしょう。
血糖値に問題がなければ甲状腺ホルモンを測ってもらったほうがいいでしょう。

糖尿病であった場合には、この先インスリンの注射を毎日する必要が出てきます。
一部のねこちゃんでは食事療法 だけでうまくコントロールできる子もいますが、ほとんどの場合はインスリン治療が必要になります。
安定してきても、最低月に1万円ほどはかかるのではないかと思います。

甲状腺機能亢進症は内服のお薬による治療が必要になります。
糖尿病よりは費用が駆らないことが多いです。

ただし、どちらの病気でも嘔吐が続いて食べていないのであれば点滴などが必要になりますし、検査もある程度頻繁に行う必要があります。
安定するまでは数万円かかるかもしれません。
あまり状態が悪くなると入院も必要になり、余計に費用が掛かりますので、明日にはしっかり検査してもらい、早めに適切な治療を始めてもらうことを強くお勧めします。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問