JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

1年前から腎臓の数値が良くなく(他に便が出づらい、神経からくる足のひきづり)薬を飲ませてる状態でした。(シロップ、降

質問者の質問

1年前から腎臓の数値が良くなく(他に便が出づらい、神経からくる足のひきづり)薬を飲ませてる状態でした。(シロップ、降圧剤、ステロイド、コバルジン)3週間前の血液検査でも数値は安定し、体重も増えて問 題ないとの事でした。

ところが5日程前に歯石からくる歯からの出血があり病院でステロイド注射した所、出血はすぐ治まったのですが、血液検査の貧血の数値が異様に下がってるとの事で原因追求と様子見で3日連続で見てもらいました。数値は20→18→15%とステロイド注射、増血剤を打ったものの効果は無く、腹部のエコーを見たところ、発見しずらかったであろう、しこりではなく、べったりと張り付いた感じの腫瘍が発見され、心臓の所に血が漏れ出てる状態と言うのがわかりました。

改善するにも開胸手術と輸血しか手がなく、かなりハイリスクとの事で断念しました。
このままの数値の減り方だと、あと2〜3日の命と言われました。

しかし本人は数値が恐らく13%は切ってるであろうに、足はもたつく物の一生懸命4本足で立ち、少しですが歩いてご飯を食べに行きます。食欲も旺盛で目も生き生きし、いつもとあまり変わらなくも思います。本人の生命力が強いのでしょうか?とてもあと2〜3日の命とは思えません。手術以外に何かできることがあれば何でもしてあげたいと思ってます。
お忙しいとは思いますが、ご返答の程よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

腹部エコーで心臓のところに血が漏れ出ているということですが、心臓で間違いないでしょうか?
胸部のエコーを取ったのでしょうか?
質問者: 返答済み 3 年 前.
はい。胸部のエコーを見ながら、3角形っぽい形の画面で尖った先の部分に腫瘍、その下に心臓が動いてるのを確認しながら、その下あたりにモヤモヤと血がある状態でした。
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

そうですか。
やはりそこ を物理的に止めるためには開胸手術しかなく、そのリスクはかなり高いです。
ハイリスクで、手術で出血がとめれたとしても再出血や腫瘍の進行によって状態が悪化する可能性も高く、メリットとしても大きくない手術になってしまいます。

ほかにできることとしては
1.止血剤
 これはどの程度効果が出るかは不明ですが、アドナやトランサミンなどはある程度止血効果が望めることがあります。
2.輸血あるいは血小板輸血
 出血が続くと血小板が減少して出血しやすくなることがあります。輸血は腎臓への負担もありますので、血小板数を確認してもらい、下がっているようであれば輸血あるいは血小板輸血をするのも方法の一つです。

以上が考えられることになります。
かなり厳しい状況かとは思いますが、出血が止まることをお祈りいたしております。
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
ほかに聞きたいことはありますか?

猫 についての関連する質問