JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5402
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

10歳ミックスの雌猫、8日に抜歯(全身麻酔)をした際に使用した麻酔薬あるいは 痛み止めが原因で腎臓の血流が悪くなっ

解決済みの質問:

10歳ミックスの雌猫、8日に抜歯(全身麻酔)をした際に使用した麻酔薬あるいは
痛み止めが原因で腎臓の血流が悪くなったと思われる急性腎不全に なり17日から入院、輸液をしています。
12日ごろから食欲がまったくなくなりましたが、水はよく飲みおしっこはでていました。比較的元気でした。
入院時のクレアチニンは8、bunは116だったそうです。質問は原因になった麻酔薬、痛み止め(薬物)は輸液で取り除けるものですか?(獣医師に質問をしましたが、取り除けるということ)この段階では正しい治療法(輸液のみ)でしょうか。原因を取り除かないと数値も下がらないのではないかと思うのですが。腎臓に薬物は停滞していないのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問ありがとうございます。

すでに麻酔薬や痛みどめなどは体から排出されています

現在の治療は点滴することで腎機能障害によって腎臓から排出されない
血液中に溜まっている老廃物を排出する助けをしているにすぎ ません。

点滴治療自体は正しい治療です。
現在の治療はBUNやクレアチニンの数値をよくして食欲を出させるための治療です。

血液中の老廃物が無くなり、BUNやクレアチニンが改善して、治療を
止めたその後にまた数値が高くなるのかそれともそうでないかは腎臓機能が
十分に残っているかどうかによるでしょう。

質問者: 返答済み 3 年 前.

迅速な返信ありがとうございました。今の段階では正しい治療だということで安心しましたが、原因を取り除いても、腎機能がかならずしも回復するとは限らないということですね。


今病院に確認をしたら、24時間の点滴後、まったく口にしなかったカリカリを少し食べたそうです。


次の血液検査でBUNやクレアチニンの数値が下がっていることを期待しますが、点滴を止めたときに、またこれらの数値が上がった場合(腎臓機能が十分に残っていないのでしょうか)、次の段階では


一般的にどのような治療がとられるのでしょうか。

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
腎機能は一旦障害されると肝臓のように回復はしませんので機能補助をする治療に
なります。

そのためには

尿検査や腹部超音波検査、血圧測定などで腎臓障害の原因探ること
(薬物や慢性の糸球体腎炎、慢性間質性腎炎、リンパ腫、多発性腎のう胞、アミロイドーシスなどの鑑別)や腎機能の評価を行い必要であれば薬を与える。

また食餌については腎臓病食を与える

定期的に点滴や経口での水分投与を行う
(これは腎不全の程度によって回数や量などは事なってきます)
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問