JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

保護した黒猫くーちゃん。たぶん7月生まれくらいなので現在生後4~5か月。 一か月前からなんだかお腹が膨らんできたよ

解決済みの質問:

保護した黒猫くーちゃん。たぶん7月生まれくらいなので現在生後4~5か月。
一か月前からなんだかお腹が膨らんできたようで気になってかかりつけの獣医さんへ。
2年前に伝染性腹膜炎で愛猫を亡くしてたのでまさかまたと・・・
で、腹水をとって検査してもらったら88%陰性というけっかだったので、
他の腹水がたまる病気なのかもしれないと、また違う検査をしました。
FeLV 陰性。 FIV 陰性。
熱は39.8 高め。

Ht(ヘマトクリット) 24.6   WBC(白血球数)23000   GLU(血糖値) 148
BUN(腎機能) 19   CRE(腎機能) 0.4     TP(タンパク)7.8  
 ALB(アルブミン) 2.1  GPT(肝機能)  12   ALP  50以下  

グロブリン 5.7   A/G= 0.37


結果としては88%陰性だけどもやはり伝染性腹膜炎の可能性が高いので はと・・・

で、前の子は食事がとれなくなり衰弱して、薬を飲んでも注射をしても
もう間に合わなかったのか発覚してから2週間で亡くなり辛い最後を経験したので

主人ももう苦しい思いや怖い思いはさせたくないということで
自然にまかせてしばらく様子をみることになりました。

現在、腹水がたまりはじめてから1か月経過・・・お腹はますますパンパンに膨らんで
見るのも哀れな体型になっています。

でも本人は腹水がパンパンなこと以外は元気に走り回れるし、食欲も旺盛です。
(さすがに腹水のせいで胃や腸は圧迫されてるからか食事量は少しづつしか食べれませんが)

腹水さえたまってなければ
何も異常がないようにさえ感じます・・・便も量は減ってますがコロコロした良い便ですし。

で、お尋ねしたいことは
腹水は抜いてもらっても無駄なんでしょうか?すぐまた溜ってしまうから意味がないのでしょうか?
かかりつけ医は腹水を抜く必要は今はないと判断していました。
胸水は溜っていないし、腹水のせいで肺を圧迫して呼吸困難になっているわけでもないし。

そうは言われていても
ハクション大魔王のツボのような形に腹水で風船みたく膨れてしまった愛猫のお腹を
見ていると、水を抜いてもらったらもっと楽になって少しは延命効果もあるのではと
考えずにはいられないのですが・・・

かかりつけ医以外の先生の意見もぜひ伺いたくてこちらに書かせていただきました。

よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

確かに症状や検査結果(高グロブリン)、年齢などを考えるとFIPの可能性は極めて高いと思います。
88%陰性というのはおそらく抗体検査だと思いますが、抗体は体の 反応が鈍いとあまり上がってきません。

腹水に関してはご飯を食べれていて呼吸が落ち着いている場合は抜かない方がいいかと思います。
抜けば圧力の兼ね合いで腹水がまたたまりやすくなりますし、腹水の中には栄養分も多いので、余計に栄養が取られてしまいます。


FIPの場合、ステロイド剤が有効なことが多く、腹水を減らせることが多いので、それを使ってもらうのはいいかと思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ステロイド剤は飲み薬ですか?


前に使用したのは錠剤の飲み薬とあと最初の一週間は


一日おきに注射と言われたので・・・


 


一日おきの注射は精神的にも体力的にも


猫への負担(夜、仕事終わってから車で獣医に連れていくのは負担大きい)


があるので、錠剤だけならもらって試してみる価値はあるかなと・・・


 


ただFIPの治療を始めるならば、もうひとつの検査をして


断定してからがいいともいわれたので足踏みしてます・・・

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
確かに確定診断がつけれるといいですが、実際にどんな検査をしても100%の診断がつけれらないケースも多いです。
また、確定診断を付けても、正直なところ、今の状態を劇的改善するような方法はないかと思いますので、僕であればステロイドのお薬を使うことが多いです。
ステロイドは注射も飲み薬もあります。

実際にはFIPでは利尿剤はあまり効果が出ないことが多く、ステロイド剤のほうが反応はいいですので、試してみる価値はあります。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。


回答をいただいて納得できました。


 


ステロイド剤を服薬できるか、かかりつけ医に相談してみようと


思います。奇跡がおきてクーちゃんがもう少し穏やかに生きられるよう・・・


 


 


ありがとうございました。おやすみなさい。

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
ステロイドは症状を抑える効果は比較的高いですよ。

数日から数週間で効果が落ちてしまうことは多いですが。

お大事にどうぞ。

猫 についての関連する質問