JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の質問を受け付けております。
60637329
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

6才になるちょっと太りぎみのメス猫なんですが、一昨年に乳腺腫瘍で右側の乳腺を全摘出しました。 今年の4月ごろに全摘

解決済みの質問:

6才になるちょっと太りぎみのメス猫なんですが、一昨年に乳腺腫瘍で右側の乳腺を全摘出しました。
今年の4月ごろに全摘出した右側の脇の下が5センチ位、腹部が1センチ位のしこりができました。
それぞれ、動くしこりで前のときは痛がってたのですが今のしこりは痛くないみたいなんです。
前の手術ですごく音に敏感になってしまい、病院には連れて行けない状態なので…
どうか、よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
こんばんは。
乳腺腫瘍は病理検査は出されましたか?
リンパ節への転移などは書かれていましたか?悪性でしたか?
質問者: 返答済み 4 年 前.
はい、摘出してから検査してもらって米粒ぐらいのときに手術してもらったので転移はないと言われました。きれいに取れたとは言ってましたが、悪性だったので再発もありうるとも言われました。
専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
もし手術の際に脇下のリンパ節も切除されていないのでしたら、脇下のしこりは前の腫瘍の転移の可能性は高いかと思います。
腹部のしこりは皮膚腫瘍の可能性もありますが、左の乳腺に転移している可能性もあります。
腫瘍が1-2週間でどん どん大きくなってきたり、他の部位にも出来るようでしたら、転移の可能性は高いと思います。
もしリンパ節への転移でしたら、手術をしてもどんどんできていくので、抗がん剤の治療になってきます。
様子を見ていても大きくなるようでしたら、やはり早めに病院で見てもらうか、往診に来てもらえないか聞いて見てもよいかと思います。
loverai0210をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問