JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

15歳の猫(オス:去勢済み)が、ここ何日か急激に食欲がなくなり 病院に行って病理検査の結果後、「悪性中皮腫」という

解決済みの質問:

15歳の猫(オス:去勢済み)が、ここ何日か急激に食欲がなくな り
病院に行って病理検査の結果後、「悪性中皮腫」という結果で
手の施しようがない、と言われました。
抗がん剤も効かないし、痛みを和らげるぐらいしか。。。

それなら通院も猫にとっては、すごいストレスです。
これ以上、免疫力を弱めることはしたくないのですが
診察するのに意義があり、薬も様態によっては変わるかもしれないと。
だから週に1回は来てください。と。

今のところ、a/d缶を、1週間に1缶、やっと食べきるぐらいで
3.5キロしかありません。フラフラで、ゼエゼエです。
可愛そうで見てられません。
濃縮酸素をレンタルし、BOXをつくり、そこで寝てる時は
少し楽そうです。

これからの介護方で、少しは楽にさせてあげたいのです。
もし、本当に全く治療法がないのであれば
彼の人生をまっとうさせてあげたいのです。

なにか、少しでも楽になれる方法はないのでしょうか。
今は
・消炎剤
・強心剤
・利尿剤のみ飲んでいます。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんにちは。

15歳の猫のひでちゃんが、胸水?の検査の結果悪性中皮腫ということですね。

肺が白いということは、腹水ではなくて胸水を抜いたのではないでしょうか。

胸水が貯留する病気の場合は呼吸を楽にするためには溜まった胸水を穿刺して抜くことで肺が拡張するスペースを確保すること、が重要かと思います。

抜いてもまた胸水は溜まりますが、どの位の間隔で胸水を抜くかは溜まり具合をみながらきめることになると思います。

肺が拡張できないので呼吸が苦しい状態です。酸素室は有効だと思いますが、他にはなるべく運動は控えて呼吸器系への負担を最小限にすることが重要だと思います。

左右の脇腹がペコペコするのが激しい場合にはかなり胸水が溜まって呼吸が苦しいのではないかと思います。1週間を待たずとも呼吸がくるしそうであれば、受診されて胸水を抜いてもらうことをお勧め致します。胸水が溜まるスピードがどの位かはわかりませんので呼吸状態から判断するか、3日後位に一度受診されてエコーで胸水の様子を確認されるのがよろしいかと思います。

その際に病院の待ち時間がなるべく少ない時間帯に受診されることをお勧め致します。電話で確認されるのも方法の1つだと思います。

お大事にして下さい。

質問者: 返答済み 3 年 前.

病名は「悪性中皮腫」です。


2回目は水は溜まっていましたが、2回目は、抜く水はありませんでした。


なので、水がたまることによる、肺の負担ではなく、


病理検査結果、「悪性中皮腫」、ということになりました。


 


「悪性中皮腫」に対する、治療法、対処法、が知りたかったのです。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

悪性中皮腫は漿膜という体腔内の膜にできる腫瘍で、滲出物が体内ににじみ出ますので、胸水貯留や腹水貯留が生じます。

腫瘍に対しては一般的に外科、放射線、化学療法(抗がん剤)の3種類の治療が挙げられますが、悪性中皮腫は範囲が漿膜面と広いので外科的切除は出来ませんし、放射線療法も局所の出来物ではないので適用外になります。抗癌療法が唯一考えられる方法ですが、その場合でも治療の基本は延命であり治すということは困難です。

抗がん剤の中でもシスプラチンというものが癌の進行や浸出液の低下に有効とされていますが、どの位効果があるか、また副作用(消化器症状や骨髄抑制による白血球の減少など)はどの程度でるかは使用してみないと分からないところがあります。

このあたりのことはかかりつけの先生と良くご相談して決めていただくようお願い申し上げます。もし抗癌剤治療をご希望であれば、中皮腫の抗癌療法を経験されている先生がいる可能性がある大学病院などの2次診療施設を紹介してもらって治療を受けられることをお勧め致します。

他の治療方法としては病気を治そうとする治療ではなくホスピスということになります。免疫力を維持するためにD-フラクションを与える、オゾン療法(血液とオゾンを混和して血管に戻す)、活性リンパ球療法(猫ちゃんの血液を採取してリンパ球を分離培養し増殖させて体に戻す)、などの治療が考えられます。これらの治療を受けられる病院は限られています。

D-フラクションはネットや病院での購入が可能です。印象としてオゾン療法は腫瘍を治すことはできませんが体が楽にはなると思います。

お大事にして下さい。

issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問