JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

18才と半年のメス猫です。今年の1月に小さい初期の乳ガンが見つかりました。先生と相談して高齢のたため、リスクを考え手

解決済みの質問:

18才と半年のメス猫です。今年の1月に小さい初期の乳ガンが見つかりました。先生と 相談して高齢のたため、リスクを考え手術はしませんでした。最近びらんが酷くなり、出血をしています。先生からは飲み薬と塗り薬を処方して頂いたのですが、塗り薬をつけると気になるのか舐め続けて尚更、出血が酷くなっているように思います。この数日は塗り薬をつけていません。先生は、びらんの手術も高齢のため、出来ないと。これ以上、出来る事は無いと言われました。覚悟は出来ているつもりです。ただ出来るだけ痛みや辛さを和らげてあげたいです。お願いします。びらんを少しでもどうにかしてあげられないでしょうか。これから私に出来る事は何かありますか。お願いします。アドバイスをお願いします。お願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

おそらく麻酔をかけた処置は望まれておられないと思うので、根治的な治療は難しいかと思います。
出血をひどくさせない方法は
1.レ ーザー治療
 これは最近よく行われているもので、腫瘍の自壊の出血やびらんの治癒を促進してくれます。
 痛みもほんほとんどなく、鎮痛、消炎作用もあります。

2.免疫療法
 これはもう少し根本的な治療になりますが、自分の血液を培養して戻すというリンパ球活性化療法というものがあります。
これは少し高額になりますが、負担はほとんどなく、腫瘍が小さくなる可能性があります。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問