JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

はじめまして。1歳半の男の子の猫です。 昨日から呼吸が浅く速かったので今日1時間掛けて遠方の病院へ連れて行きました

解決済みの質問:

はじめまして。1歳半の男の子の猫です。
昨日から呼吸が浅く速かったので今日1時間掛けて遠方の病院へ連れて行きました。
予想もし ない診断に不安だらけです。
神経質な仔で先生に触られただけで興奮状態になり、バスタオルに包まれネットに入れられてレントゲン撮影でした。
異常なほど胸に水が溜まっており、大きな腫瘍が写っていました。
恐らくお母さんからの感染が考えられるリンパ腫との事で完治は難しいとの事でした。
この腫瘍のせいで胸が圧迫して呼吸が苦しい状態との事です。
直ぐに胸に管を入れる処置をしてもらい右から120cc左から25ccの水を抜いてもらいましたが全部ではありませんでした。
その後、酸素室に入れられ呼吸が少し楽になったのか落ち着いた顔をしていました。
今後の治療はこのまま最低1週間は入院し、抗がん剤治療を強く勧められました。
一番効果がみられる治療法との事です。
この仔の一番の苦痛は呼吸。
抗がん剤に対する考え方は人それぞれのようですが、まだ1歳半の若さもあり抗がん剤が効いて腫瘍が少しでも小さくなれば呼吸は楽になるとの事。
それで3年生きた仔もいるし、治療をせず亡くなってしまった仔もいる。
副作用は人間と同じでそれぞれですが、やってあげられる事があるのならやってあげたいと先生も言われていました。
この方法は一般的なのでしょうか?
抗がん剤が利かなかった場合まだ他に治療法はありますか?
副作用がきつい場合止めてあげた方が良いでしょうか?
私としては予想以上に早い最期に向けて、出来るだけ苦しまず、家で過ごさせてあげたいです。
家族と一緒に安心して過ごしてほしい。
余命はどのくらいと考えていれば良いでしょう?

長々とすみません。宜しくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

基本的にはその先生の言う通りかと思います。
おそらく白血病ウィルスを持っているのではないかと思いますが、白血病ウィルスを持っていると縦隔リンパ腫と言って、若いうちに胸の中にリンパ腫ができて、そのせいで供水がたまることがあります。
治療法は抗がん剤によるもので、これがきけば腫瘍が小さくなり、供水がたまらなくなる可能性も十分あります。
ただし、完治できるということではなく、いずれ再発しますし、抗がん剤がずっと効くというわけではないです。

治療法のオプションとしては
1 .抗がん剤を使っていく
 ただし、1週間の入院が絶対必要というわけではありません。
状態さえよければ明日にでも抗がん剤をやってそのまま帰ってくるという選択肢もあります。
抗がん剤は毎日やらないといけないというものではありません。
おそらく、状態が悪かったり、副作用をできるだけ予防するために点滴が必要ということかと思いますが、それだけ怖がりな子であれば、入院が長引くストレスのほうがリスクなる可能性があります。

2.抗がん剤ではなく、ステロイドだけ使っていく。
 リンパ腫にはステロイドもある程度効果が期待できます。
これであればのみぐすりをお家で飲んでもらえます。
効果は抗がん剤よりは落ちますが、副作用のリスクやストレスをできるだけ感じないようにするのであればこれも一つの方法かと思います。

抗がん剤の副作用は人に比べるとそれほどきつくない(厳密なコントロールが難しいので、あまりきつすぎる用量では使わないため)ですが、やはり最低でも半日の入院は必要になります。
そのあたりのことをもう一度先生と相談されてはいかがでしょうか?
基本的には言われていることは正しいですが、飼い主さんの希望をしっかり伝えて、飼い主さんが納得できる最善の方法を取られることがいいかと思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

早速のご回答ありがとうございました。


先生も猫の状態を察し、精神的なストレスを考慮して治療しますが最低1週間は入院して様子を診させてくださいと親身に言ってくださいました。


ついこの前まで元気だったのに我慢していたのでしょうか?


 


 


小さい頃から吐く仔ではありませんので最近えずいても吐かない事が数回あり毛玉がお腹に溜まっているから苦しいのかな・・・と思っていたので


予想もしない病名に戸惑っています。


 


治療法としては抗がん剤が効かない場合はどうなりますか?


 


人間が思う程、抗がん剤治療は猫には負担にはならないですか?


 


 


 


抗がん剤が効いた場合、効果が無かった場合のおおよその余命も教えていただけませんでしょうか。


 


宜しくお願いします。


 


 

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
まず、ネコちゃんはしんどくてもしんどい姿はあまり見せないです。
リンパ腫の胸水は急に一気にたまるわけではなく、徐々にたまりますが、ある程度はたまっていても症状として出てきません。
呼吸機能が一定のラインを越えて阻害 されて症状として出てくるので、ある一定のラインまでは症状として出なかったのが、それを越えて一気に出てきたように感じたのだと思いm和う。

確かに戸惑うお気持ちはわかります。
抗がん剤はもちろんほかの薬に比べればきついですが、正直飼い主さんがイメージするほどしんどいものではありません。
ほとんどの子は抗がん剤を使ったその日にも普通の生活を元気にしています(ほとんどの子は元気や食欲は落ちません)。
負担にならないと言い切ることはできませんが、考えられているよりは副作用は少ないです。

正直この腫瘍は抗がん剤以外の治療法がないため、抗がん剤が効かなければほかの方法ということはできません。
胸水がたまったら抜くということを繰り返すことになるのではないかと思います。

それから余命に関してはリンパ腫の種類(リンパ腫はすべて悪性ですが、その中でも悪性度がかなり異なります)によって変わってきますので、本来は検査センターに胸水を出して、悪性度を調べてもらわないと、わかりません。
一般的には抗がん剤が効いても3か月から1年半くらいになるかと思います。
抗がん剤を使わない場合は1~2か月といわれています。
正直私は3年生きた子は見たことはありません。
ただし、抗がん剤にしてもステロイドにしても、使うのと使わないのでは、胸水のたまり方はかなり違い、呼吸はかなり楽になるので、ステロイドだけでも使うことは強くお勧めします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。
胸水を見せてもらいましたが赤みがかった水でした。


検査に出すと言われていましたので、悪性度を調べられるんですね。


胸水が溜まったら抜くという治療も


猫の負担を出来るだけ軽くするように、毎回痛い思いをさせるのではなく今日、管を入れる処置をされたので良かったのかなと思います。


 


最後に1つだけ質問させてください。


あの仔は私の宝物です。


先生が私の立場でしたら、抗がん剤治療を選択されますか?


 


3年は生きられませんか・・


すごく寂しいし悲しいです。


でも、帰って来たらたくさん同じ時間を過ごして少しずつ覚悟をしていこうと思います。


 


 

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうご ざいます。

経験上、どういった経過をたどるかというのをある程度予想はできます。
抗がん剤を使っていった方が、胸水がたまらず、楽な生活ができることが圧倒的に多いということもわかっていますので、私であれば抗癌剤治療を選択します。
自分で診ることはできるので、呼吸さえ落ち着いていれば、入院させずにつれて帰るとは思いますが、そのあたりは通常の飼主さんとは少し違うところかもしれません。

3年は0%ではないと思いますが、残念ですがリンパ腫であればかなり厳しいかと思います。
少しでもいい時間を長く(QOLの維持)というのを考えられるのが一番かと思います。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問