JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5278
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

こんにちは。 猫の口内炎の治療で用いる☆ステロイドの件で教えて頂きたいと思います。 長期型と短期型があり

解決済みの質問:

こんにちは。

猫の口内炎の治療で用いる☆ステロイドの件で教えて頂きたいと思います。

長期型と短期型があります。
こちらの先生方には、猫の口内炎の相談をしたところーーー
短期型を勧められました。
長期型を使うのは良くないとのことでした。

短期型で2週間に1回のステロイドの注射をしなければならないのと、長期型で2ヶ月に1回の注射と では、長期型の方が効率良く、猫の負担もなくて良いかと勝手に思ったりするんですがーーー
何故に、短期型を勧めるのでしょうか?

長期型のデポメドロールやデキサメサソンに入っている成分に問題があるのですか?
短期型は副作用は長期型に比べるとそんなに少ないのですか?

ジャストアンサーの先生方は、口内炎の治療で長期型を使ったことはないのですか?
また、短期型で最高、どのくらい持続しますか?
猫ちゃんによって、異なるでしょうが、平均的な数値をお聞かせ下さい。

ヨロシクお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.

長期間作用型の良いところは 長く消炎効果がでます。

そうすると歯の痛みが長くおさまる可能性は短期間型よりも 高くなるかもしれませんが 同時に副作用も強く出ますのでよくありません。

 

消化器が荒れて嘔吐下痢をする、胃潰瘍になる、最悪は胃腸に穴が開く事もあります。

 

また糖尿病の気があると長期作用型のステロイドを使用するとより血糖値が上がって 糖尿病が悪化します。

長期間作用するとは良い面も悪い面も強くでることが問題であると思ってください。

短気作用型は同様の副作用があるにしても作用時間が短いので副作用は

出にくいでしょう。 短気作用型のプレドニゾロンは半日~1日程度は有効です。

長期作用型のステロイドも使った事はありますが、私は2-3ヶ月位は連続で 使ったことがあります。 試用期間についてはどれくらいというのは難しくて、私なら短気作用型を 一生使用するかわりに毎日使用するのではなくて、週に1-2回だけ使用して

できるだけ少ない量で済ませることが多いかもしれません。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。


 


短期型の方が絶対的に良いと言うことですね。


 


短期型は1~2週間は持ちますか?


平均、一回打つと、どのくらいの持続性があるのでしょうか?


猫によって、差が出てくるとは思いますが。。。


お聞かせ下さい。


 


あと、余談ですがーーー


口内炎の抜歯について。。。


抜歯は有効的な治療法と言われています。


 


抜歯をすることによって、その後、長い猫生に於いて、食べ難くなるとか、顎の発達が衰え食べられなくなるとか、悪影響はありますか?


 


抜歯の最大のメリットとデメリットを教えて下さい。


 


ヨロシクお願い致します♪

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
抜歯することで顎の骨などがもろくなる可能性はあります
が食餌で咀嚼することはありませんので歯が無くてもドライフードは食べられます
また呑みこんでいるのであまり歯は関係ないよ うに思います

抜歯のメリットは歯肉炎や歯周病が有る場合には歯があることで痛みが
あるなら痛みの軽減になります

デメリットは麻酔のリスクや顎の骨がもろくなるかもしれないということですが
私自身はかなり抜歯しましたが何か問題が起きたことはありませんでした

プレドニゾロン(短期間作用型)は半日からもって1日くらいしか効きません。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。


 


プレドニゾロンは錠剤ですか?


今、我が家の猫(モモ、推定5才~8才)は、食べれなくなった頃、長期型のステロイド注射をしています。


口内炎で薬を飲ませるのが困難です。


薬を飲ませるのが困難な場合は短期型のステロイドの注射になる訳ですか?


通うのも大変ですよね。。。


 


私は新潟県に住んでいます。


短期型も、長期型と同じくらいの副作用が出ると仰る先生もいらっしゃいますし、短期型の方が頻繁なため、副作用が大きいと仰る先生もいらっしゃいます。


 


ジャストアンサーの先生方は、断然!!!短期型を勧めますが、他の先生は、意外に長期型を使うことが多いようです。


 


長期型のステロイドを定期的に使っていると、その時は痛みが緩和され、食欲も出て来て、元気になるメリットもありますがーーー


問題は、長期間、使っていると、副作用が出てくる場合もあると思います。


この副作用が出るのは大きな確率なんでしょうか?


 


我が家のモモの場合ーーー


食べれなくなったら、ヤハリ★ステロイドを注射するしかないような気がします。


今の主治医の先生は、食べられないことが一番問題だと。


結局☆死んでしまうので。。。


食べられるようにしてあげることが大切と言っています。


私も同意見です。


しかし!!!


数年後の副作用が物凄く心配です。。。


 


先生はモモに対しては、どのような処置を勧めますか?


教えて下さい。


 


これからの方針が明確に見えて来ないんです。


心配点ばかりが気になって、どういう方向性で行けばよいのか分かりません!!!


 


ヨロシクお願い致します。


 

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
短期作用型でも長期間使用するなら副作用は出る可能性はもちろんありますが
長期作用型は一旦注射するとその効果は持続するわけですから暫くは具合が
悪くなったとしても中止できません。

長期型を使用して副作用も出ないことはありますが
使用量を減らしていたりすることが多いので、副作用もなくなりま すが
痛みを抑える作用も弱くて、打っても効かないことが多いなんてこともよく
あります。

数年使用していると間違いなく何かしらの問題だ長期作用型のステロイドは出る
と思っておいた方が良いと思います

治療も毎日できないのであれば、今から歯を抜いてあげるのが良いでしょう
ステロイドが必用だとしてもかなり使用回数や量が減らせる可能性が高いでしょう
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。


 


短期型のステロイドは錠剤ですか?


皆さんはどのように猫に与えているのでしょうか?


参考のため、お聞かせ頂きたいです。


 


抜歯の件でチョット★お聞きします。


今から歯を抜いた方がいいと先生は仰いました。


 


ステロイドが効かなくなってから、抜歯するのでは良くないと言うことですよね?!


抜歯は最終手段と言う考え方は良くないと言うことでしょうか?


 


ネットで見たことがあります。


ステロイドが効かなくなってから歯を抜いたのでは、遅い!!!


効かなくなってしまうとのことでした。


 


この遅いと言う意味は、ステロイド注射が効かなくなった後の抜歯は麻酔が効かなくなると言う意味か、抜歯しても効果が出ないと言う意味なのか、それとも、この記事はインチキなのか。。。???


 


5才~8才(推定)のまだ☆歯がしっかりとした猫ですが、抜歯がヤハリ★有効的なのでしょうか???


 


先生の意見を聞かせて下さい。


 


ヨロシクお願い致します。

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
短期作用型のステロイドは錠剤です。

粉にして与える、液体にする、食餌に混ぜるなど様々です
錠剤で与えている人もいますよ、

考え方は様々ですが、歯肉炎をコントロールするために、あるいは歯周病 が
酷くて飲み薬だけでコントロールできない可能性が高い場合に
注射や飲み薬と併用で抜歯を行います

薬が効かなくなる位酷くなってから抜いても改善はすると思いますが
改善するのにはすごく時間がかかるように経験では思います。

歯がしっかりとしているうちはあまり抜くことはお勧めではありませんが
薬が飲ませられない、注射に通えないなどがあるなら
抜歯することで治癒はしませんが、注射が減らせる可能性は
高いので併用することはあります

wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問