JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

猫の多飲多尿について教えて下さい。 FIV陽性・心筋症の8歳の雌です。 去年の夏頃に肺水腫・胸水がたまって以降は、 獣医には毎月、血液検査に行っており、 毎日、心臓の薬

解決済みの質問:

猫の多飲多尿について教えて下さい。
FIV陽性・心筋症の8歳の雌です。

去年の夏頃に肺水腫・胸水がたまって以降は、
獣医には毎月、血液検査に行っており、
毎日、心臓の薬を4種類飲ませています。

10月までは安定していましたが、11月に入って調子が悪くなり、
入院で治療をしましたが、現在も調子が戻りません。

数日前に退院してきたのですが、とても大量の水を飲むようになりました。
1時間半ごとに水を飲みに行き、トイレに行きます。
1日に300mlくらいだと思います。
多飲多尿の原因は何でしょうか、
今日は獣医が休みで、明日の朝に診 察の予定です。
それまでに自宅で改善出来る事があれば、教えていただければ幸いです。

本日の猫の状態ですが、
後ろ足はどちらも歩ける状態です。
少し食欲は落ちている状態に思えます。(トイレ大が少ない)
ほとんど、布団の中に入って寝ており、水を飲む・トイレの時だけ起きてきます。
たまにですが、グルグル喉を鳴らしたり、横にねそべったりします。
熱は37度前半です。 毎日測っていますが、平熱は大体37度前半です。

11月1日以降の流れです。

11/3 11月から呼吸が少し荒くなり、足の動きが悪くなったため、獣医で診察
11/4~8 肺水腫、胸水で入院、(レントゲン、酸素室、胸水除去、点滴など)
11/9~10 退院後に様子見、左後足の動きが悪いため、再度獣医へ
11/10~14 後脚血栓の疑いで入院、(10日のCPK値1563)
11/15 退院(CPK値499、GOT40、BUN22.2)、熱あり(38度台)、自宅で血栓溶解の飲み薬使用(2日に1回)
11/16 多飲はじまる、熱39.1度
11/17  食欲普通、水多飲、熱38.2度
11/18 通院、熱37.2、CPK2000以上、GOT161、PCV27、BUN10.2→点滴し、血栓の飲み薬を注射に変更
11/19 平熱、水多飲、自宅で皮下注射(フラグミン)、食欲落ちてくる
11/20(本日) 平熱、水多飲
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 3 年 前.
こんにちは。
ラシックスなどの利尿剤を飲み始めたのは何日からですか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございます。


利尿剤などの薬を飲み始めて、1年ほどになると思います。


量が変わる事が何度かありましたが、4月以降は、変更がありません。


 


あと、フラグミンなどの血栓の薬は、


どの程度の日数で効果がわかるものでしょうか、


個体差などあると思いますが、参考値などあれば教えていただけないでしょうか。


 

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんにちは。

前回の先生に代ってお答えさせていただきます。

多飲多尿の原因の1つは当然フロセミド(ラシックス)という利尿剤による影響が大きいと思います。利尿剤の量が増えた可能性はないでしょうか。スピロノラクトンも利尿作用がありますが、作用はフロセミドに比べて弱いです。

他には高齢猫の場合、多飲多尿の原因となり得るものは、糖尿病、甲状腺機能亢進症、慢性腎不全、ステロイドの投与、が一般的に挙げられると思います。

猫ちゃんはのどが渇くためにお水を飲んでいるわけですので、お水を切らさないことが必要だと思います。

フラグミンは注射をされているのであれば、薬の効果は注射後30分後位からは出てきていると思います。100単位/kgの容量で注射します。1日2回です。

明日受診されるということであれば、恐らくまた血液検査をされると思いますので、その時に血糖値、BUN(尿素窒素)、CRE(クレアチニン)、ALTやALKPも測定していただき値が高い場合には甲状腺機能亢進症の疑いがありますので、甲状腺ホルモンも測定されることをお勧め致します。

またできれば血圧測定をしていただき高血圧がないかどうか、今後調べることをお勧め致します。

お大事にしてください。

 

質問者: 返答済み 3 年 前.

ご返信ありがとうございます。


 


素人の考えで申し訳ないのですが、
利尿剤の量は4月から増えてはいないので、
今になっていきなりその影響が起きたとは思えません。


 


甲状腺機能亢進症の主症状について調べましたが、
現在は嘔吐や下痢もなく、落ち着いていますし、
体温も高くないので、あてはまるかどうか・・。


 


慢性腎不全に関しては、


毎月、血液検査で薬の影響が腎臓に無いかチェックしています。
11/8の血液検査ではBUN23.9、CRE0.7です。
10日間ほどで急激に悪くなる可能性はあるのでしょうか?

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

多飲多尿の症状は多くの場合、尿量が増えるために喉が渇くので水を飲むことになります。

今回多飲多尿の症状は退院後から始まっている、あるいは気がつかれたということ、退院後薬の種類や量に入院前と変わりはないとなると、入院中の治療に多飲多尿の原因があるのではないかと思います。

その中で可能性として考えられるのは入院中にステロイド(副腎皮質ホルモン)を使用したとしたら、その影響が出ている可能性があるかと思います。

腎臓が急に悪くなる可能性はないわけではないですが、利尿剤の量は変化なし、甲状腺は測定してみないとわからない、腎臓は11/18日にBUNが22なので多飲多尿がすでに始まっているときの数値です。そうなると糖尿病か入院中にステロイドを使用したか、が考えられるのではないかと思います。

体重1kgあたり100㏄以上水を飲む場合は多飲多尿となります。これに当てはまる場合には、明日は血液検査をされることをお勧め致します。

 

お大事にして下さい。

質問者: 返答済み 3 年 前.

お忙しい中に度々ありがとうございます。


退院して今日で5日なのですが、入院中の治療で、仮にステロイドを使用したとして、


そんなに長い日数にわたって影響されてしまうのでしょうか?


 


 


水は、体重3.8キロほどで、今朝7時~18時までの間に140ml飲んでいます。


1キロあたり100ccだとしたら、380cc程が多飲のラインのようですが、


だとしたら、現在の飲量はそれほど多いというわけでもないのでしょうか?


 


 


あと、現在の投薬内容に、
ルンワン、リーチペット、ナットウキナーゼ
などのサプリを足すのは良くないでしょうか?
FIVキャリアなので、できればDフラクションも追加したいと思っています


 

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

ステロイドの投与が原因で高血糖になっている場合には影響がでるのではないでしょうか?

あるいはストレスによる多飲多尿も考えられるかもしれません。

多飲多尿の定義は2つあります。1つ体重1kgあたり100cc以上飲む場合、もう1つは今までよりも急に明らかに尿量が増えた場合です。飼い主様の猫ちゃんは3.8kg なので100cc/kg以上ではないということですね。しかし入院前よりも退院後に急に飲水量が増えて、尿量も増えたということであれば、なんらかの原因で一時的かもしれませんし、持続的かもしれませんが、多飲多尿になっているということですね。しかしそれが病的なものかどうかは、今の段階では判断材料がないので分かりかねます。今わかることは退院後明らかに飲水量が増えて尿量が増えている、しかし薬の量は変わっていないということなので、入院中の治療に多飲多尿の原因があるのではと考えるのが普通ではないでしょうか。

また個々のサプリメントについては猫の負担にならない場合には与えていただいても問題ないと思います。

ルンワン:血液をサラサラにする効果。

リーチペット:血栓凝固予防

ナットウキナーゼ:血栓溶解作用、血液サラサラ効果、

これらは効果が重複しますので、どれか1種類にされることをお勧め致します。

D-フラクションはこれらのサプリと重複しませんので一緒に飲ませていただいてよろしいかと思います。

サプリメントは薬ではないので、副作用が無い分はっきりした効果も出にくいかもしれませんが、飲ませていただくことは全く問題ないと思います。

お大事にして下さい。

issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験: 北海道大学獣医学部卒業
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問