JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5470
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

雄猫雑種です。目が開きはじめた頃捨てられていた仔猫で我家に来て約19年になります。獣医さんには去勢手術以来、病気、ケ

解決済みの質問:

雄猫雑種です。目が開きはじめた頃捨てられていた仔猫で我家に来て約19年になります。獣医さんには去勢手術以来、病気、ケガもなく一度も行っていません。環境は 賃貸共同住宅の為外に出した事なく人見知りする猫です。2週間前に急に痛そうに左後足を引きずるようなビッコ歩きをする様になり暫く様子をみていたら3日ほどで元気になり普通に歩くまで戻りましたがまた最近ビッコ歩きで辛そうです、今は大人しく座ってるか寝ている日々ですが高齢化が原因か心配です近くに病院もなく通院のためのマイカーも無く不安です。アドバイスお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

突然に左後ろ足をひきずるよう になったとのことでご心配ですね
さすがに19歳まで長生きすると色々な病気の可能性が考えられます

①糖尿病が発症した場合には
 糖尿病による神経症状で後ろ足をひきずるようになることがあります
 血液検査や尿検査で診断します

②関節炎
 珍しいですがリュウマチのような免疫介在性の関節炎や骨の変形による慢性的な
 関節炎になっている場合があります
 免疫介在性の場合にはステロイドなどの薬が必要です
 慢性経過の場合には鎮痛剤やコンドロイチンが必要です。
 検査は抗核抗体検査や関節穿刺検査、レントゲン検査、血液検査などが必要です。

③骨腫瘍
 高齢なのでどこかに骨腫瘍があり、痛みが生じている
 レントゲン検査

④膝関節の膝蓋骨脱臼や前十字靱帯の断裂(稀)
 触診やレントゲン検査

⑤高い所から降りてあしを痛めた
 触診
などが考えられます
改善してもまた再発したので繰り返す可能性が高いでしょうし、今後悪化すると
思います

高齢で大変だとは思いますが、一度診察を受けて相談してもらうのが
ベターだと思います。
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございました。病院に連れていきます。

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
お大事にどうぞ

猫 についての関連する質問