JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

今日、猫(1歳にはなっていないと思いますが、発情がきました。)の避妊手術と肩の部分の傷(他の猫か犬に噛まれたのではな

解決済みの質問:

今日、猫(1歳にはな っていないと思いますが、発情がきました。)の避妊手術と肩の部分の傷(他の猫か犬に噛まれたのではないかとのことでした)が治りにくいため、その部分に血小板を注射しました。
麻酔が完全にきれていませんでしたが、大丈夫とのことで、治療後飛行機で自宅に戻りました。

自宅は離島で獣医さんがいませんので飛行機で病院に行きました。

医療後7時間程たちますが、食欲がなく、呼吸時にたんがからまったような音がします。

呼吸回数には異常はありません。
このまま様子をみて大丈夫でしょうか?

宜しくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

もう少し情報を整理させていただいてよろしいでしょうか?

1.避妊手術はいつされたのでしょうか?
2.血小板は血液の成分で、傷に注射をしてもあまり効果は認められません。
 輸血したのではなくて、傷口に注射したのですか?
 また、注射したのは本当に血小板ですか?
3.血液検査で血小板の減少などはありましたか?
4.舌の色はいつもと変わりませんか?
5.体は熱いとか冷たいということはないですか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

後返信ありがとうございます。


 


1.避妊手術は本日の午後行いました。血小板投与も本日です。


2 猫本人の血液から分離した血小板を炎症を起こしていると思われる肩甲骨周辺に注射しました。輸血ではありません。


 


3 本日の手術の為、判りません。


 


4 舌の色はいつもと変わらず、ピンク色です。


 


5 体温は平熱だと思います。


 


 とにかく、呼吸時に聞こえる(息を吐くときに鳴る)ゴロゴロという音が気になります。今までに聞いたことのない音です。


 


 


 

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

血小板は通常、血小板減少症の子には有効ですが、それ以外の原因(凝固因子の不足など)では効果がないのと、局所投与というの は聞いたことないので、正直どの程度効果があるのかはわかりませんが、自己血小板の投与がそういった副作用はおこしません。

お話をお伺いする限り、手術時に気管挿管したために咽頭や喉頭の炎症を起こしているのではないかと思います。
気管チューブや挿管時に使う局所麻酔のスプレーなどでそういったことが起こります。
実際に見ていない以上100%のことは言えませんが、現在、呼吸が落ち着いていて、ほかに異常がない場合はおそらく大丈夫かと思います。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.


返信ありがとうございます。


 


明日主治医にも聞いてみますが、とりあえず安心しました。


 


局部麻酔の影響やチューブ挿入による炎症の可能性は全く考えていませんでした。


 


どうもありがとうございます。

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
そうですね。

何事もないことをお祈りしています。

お大事にどうぞ。

猫 についての関連する質問