JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

飼い猫が繊維肉腫で再発をして2回ほど手術をしました。 前回手術は3ヶ月ほど前です。 ですが、また再発をしてしまい、

解決済みの質問:

飼い猫が繊維肉腫で再発をして2回ほど手術をしました。 前回手術は3ヶ月ほど前です。
ですが、また再発をしてしまい、しこりは日に日に大きくなっているようです。 主治医に相談したところ、大学病院で手術をして貰い、放射線をあてるのが今のところ有効とのこと、例えば指示に従い放射線治療をして治るものなのでしょうか。 本猫は治療中苦痛はどのような感じなのでしょうか。 再発の確率はどのようなものでしょうか。 また、放射線治療は治ったとしても定期的にするものでしょうか
お答えよろしくお願いいたします。 すがるような思いでこのメールを書いています。
明快な回答どうぞ、よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんばんは。

10歳の猫ちゃんが繊維肉腫を再発して3回目ということですね。

この腫瘍は遠隔転移はあまりしませんが、再発率の高い軟部組織肉腫の一種です。治療は広汎な切除によって腫瘍細胞を取り残さないことです。

再発の原因は広く切除をしたつもりでも腫瘍細胞が体に残っているためです。

3回目の手術で完全に取りきることは難しいとは思いますが、可能性が無いわけではないと思います。出来物がどこに出来ているかによって切除できる範囲がおのずと限られてきますし、術者の技量にも依ると思います。

その後に放射線治療によって取り残した腫瘍細胞を死滅させるようにすることになりますが、それも大学病院の先生とよく相談しながらされることをお勧めします。

放射線治療は一定の回数を数週間単位で照射してそれで終わりです。永遠に定期的に続けるものではございません。また放射線照射の間は麻酔をその都度かけますし、体全体に照射するわけではございませんので、苦痛は最小限に抑えられます。ただし放射線治療には恐らく数十万円は費用がかかると思います。

またそれでも再発をする可能性はあると思います。しかし何もしなければゼロですし、このまま腫瘍がどんどん大きくなっていけばいずれ栄養を腫瘍に取られて、やがてやせ細っていくと思います。さらに腫瘍が大きくなれば切除が不可能になります。

大学病院でまずは先生のお話をお聞きになるところからスタートされることをお勧め致します。また再発してしまい、どうしたらよいのか分からないというお気持ちは非常によくわかりますが、大切な猫ちゃんのために、立ち止まっていないで前進することをお勧め致します。

お大事にして下さい。

issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問