JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5406
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

15歳の♀猫です。右目の瞳孔が左に比べて少し大きく、病院で光を照らして診てもらったところ、右下の部分に影が見え、剥が

解決済みの質問:

15歳の♀猫です。右目の瞳孔が左に比べて少し大きく、病院で光を照らして診てもらったところ、右下の部分に影が見え、剥がれているのか?中からできものがでてきているのかか?と診断されました。今の所、食欲も元気もあります。涙も目ヤニもありません。
甲状腺の薬を服用中です。数値は正常値になりました。
先生は経過を見るとおっしゃってましたが、不安です。
専門の病院を紹介してもらいすぐ診察してもらった方が良いのか?
しばらく様子をみた方がいいのか?アドバイスお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。


大事な猫ちゃんに目に異常がみられ、心配ですね。

-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

目に異常が出た時に眼圧や血圧、血液検査などはしましたか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

眼圧検査・血圧・血液検査はしていません。


10月21日に血液検査はしています。


白血病・エイズはありません。


 


 


 


先生は光を当てて目の中を見てただけなので・・・


初めて見たとおっしゃていました。


病名が分からないのでどうしたら良いのか・・・。


このまま様子を見てても大丈夫なのでしょうか?


症状は黒目の大きさが違うくらいです。

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
考えられる病気としては

①タぺタムと言われる眼球の裏側で問題が生じている
 眼底の出血や網膜剥離などが高血圧や何かしらの問題で生じている
 ※腎不全や甲状腺機能亢進症、心臓疾患、原因不明で高血圧になることが
  猫でもよくあります

②眼球内に炎症や出血、何かしらの新生物が生じている

などがあるかもしれません

それ以外にも色々と考えられますのでできれば眼科を専門としている病院で
一度診察を受けましょう。
質問者: 返答済み 3 年 前.


10月21日の血液検査では・・


BUN 25


BS 56


WBC 4200


PCV 35


TP 6.6


Cre 2.7


T4 2.7


甲状腺機能亢進症・腎不全の疑いはありますか?


甲状腺の薬はこのまま飲ませても大丈夫でしょうか?


カリナール2というサプリも与えています。2ヶ月前までBUNが40だった為。 


 


一度、専門の病院に連れてきますが、高齢なので痛みは出来るだけ避けてあげたいです。


 

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
今は改善していても一過性に甲状腺が高買った時に血圧が高かったかもしれません。
また現在は腎臓の数値は普通ですが以前に高い数値があったので
サプリで改善していますが初期の腎不全の疑いはあります。


ですから血圧が高めだったことが原因で網膜剥離などを突然に発症することはあります。
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
甲状腺機能亢進症は薬を飲んである程度コントロールできているのでしょう

腎機能は実は血液検査では70%以上腎機能が破壊されないと数値があがってきません

ですから数値が一時的に高い事があったのはその70%台だったので少し高い
数値が一過性に出たのでしょう。

さらに尿検査や超音波検査などでの評価が腎不全と診断するには必要ですが
おそらく血液の数値が高くなるかならない程度に腎臓が破壊されている
初期の腎不全だと思います
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.
再投稿:回答の質.
回答は早かったのですが少し言葉が伝わってこないのと、質問に対して答えがなかったのが残念でした。すみません。
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
甲状腺の薬はこのまま服用しても大丈夫ですが、今後は調節が必要でしょう。

甲状腺機能亢進症は体の機能が亢進するので、血圧が上昇したり腎臓が
必要以上に働いて血液検査だけだと正常に見えることがあります
今回のBUNやCreの数値、過 去の数値がBUNしかわからないですし
尿検査や血圧測定がされていません、また診察をしていませんので責任は持てませんが
腎不全の初期である可能性は高いでしょう。

①タぺタムと言われる眼球の裏側で問題が生じている
 眼底の出血や網膜剥離などが高血圧や何かしらの問題で生じている
 ※腎不全や甲状腺機能亢進症、心臓疾患、原因不明で高血圧になることが
  猫でもよくあります

②眼球内に炎症や出血、何かしらの新生物が生じている

などの可能性が高いと思いますし、放置しておくとさらに悪化する可能性が
あります。早急に診察を受けるべきでしょう。
一見は問題ないような状態だと思われていますが、高血圧症など
大きな問題が隠れていてこれから突然に失明したりするかもしれません。

甲状腺機能亢進症は血液検査やホルモン測定だけではなくて
血圧や尿検査、腹部超音波検査、心臓疾患が隠れていないかなど
全体的に検査して調節していく必要があります。

甲状腺機能が下がって喜んでいると、甲状腺ホルモンの抑えすぎで
以前は血圧が高くて腎機能が必用以上に働いて機能が保たれていた
腎臓機能が低下しすぎて腎不全が悪化しすぎるなど難しい面もあります。

猫 についての関連する質問