JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5280
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

1週間前から、突然左の後ろ足をびっこひいています。 お座りや香箱座りもできなくなってしまい、高い所にも登れません。

解決済みの質問:

1週間前から、突然左の後ろ足をびっこひいています。
お座りや香箱座りもできなくなってしまい、高い所にも登れません。
ベンガル2歳のオスで非常に運動神経もよく、活発だったので、
すごく心配です。
立っているときも、左足に体重がかからないように、少し後ろに逃がしています。
食欲はあり、熱はないので骨折ではないと思うのですが、
獣医さんにもらった関節の消炎剤を飲んでも、1週間全然良くなりません。
どうしたら元通りになるのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

レントゲン検査はしましたか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

獣医さんの判断でレントゲンはとっていません。


触診で捻挫のようなものじゃないかとの判断でした。


でも日に日にびっこの状態が悪くなっています。。

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
突然の事でびっくりされたでしょうね
また改善しないのでご心配かと思います

本人も痛くてたまらないのでしょう

考えられる病気としては
①股関節の脱臼
 レントゲン検査でわかります。すでに時間が経 過しているので痛みがあるなら
 骨頭切除という大腿骨の骨頭を切除する手術で運動機能は多少落ちますが
 痛みが改善されてよくなるでしょう

②膝蓋骨の脱臼
 これも手術で脱臼した膝蓋骨を元の位置にもどすことで痛みが改善します
 レントゲン検査や触診で診断します。

③前十時靱帯断裂
 膝の靱帯が切れて痛みがあるなら、猫の場合には固定して安静にしていれば
 改善することが多いとされていますが改善しないなら手術で靱帯の修復が
 必要です
 これもレントゲン検査や触診で診断します

痛みがあって本人も辛いt思いますが、診断が難しい場合もありますので
今の担当医から整形外科が得意な病院を紹介してもらう
セカンドオピニオンを自分で探して受ける
大学を紹介してもらうなどで対処が必要かもしれません

治癒していないということは、今後新しい方針を立てるために検査や診断に
沿った治療が必要です

 
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問