JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

3日前から顔が腫れだし、足、手も腫れ、リンパも腫れています。 8月10日から10月9日まで行方不明で山間部にい

質問者の質問

3日前から顔が腫れだし、足、手も腫れ、 リンパも腫れています。

8月10日から10月9日まで行方不明で山間部にいたようです、保護したとき左耳後ろに怪我をしていました、
エサやりさんのお宅があり、痩せていませんでした。

その後かさぶたになりましたが、自分で引っかきかたぶたが取れてしまい、傷口をかいたり、耳の中を掻いたりしていました。

獣医で抗生剤の注射、飲み薬を処方してもらいました。

エイズ、白血病の検査はマイナスです。

今日は右顔も結構腫れ、涙目です。

一般的な血液検査の結果は

TP総蛋白8、4
ALBアルブミン3,1
その他は問題なしです。

何か病気なのか心配です、どうぞよろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんばんは。

1歳3か月の猫ちゃんがリンパ節を含む全身の腫れで治療中ということですね。

保護されてから2週間ばかり経ってから今回の症状が出てきたということですね。

血液検査の結果からすると総蛋白の数値が高い(体の中で抗体が作られている)のでやはり感染症の可能性が考えられます。しかし症状から原因を特定することは困難です。ただ免疫系の異常(アレルギー反応など)で腫れている可能性があると思います。感染は細菌感染、ノミダニ、消化管寄生虫、ウイルス感染など考えられます。エイズや白血病はすぐに陽性にならない場合もありますので、数か月後にまた検査されることをお勧め致しますが、症状とは合致しないように思います。

もしノミダニの駆虫薬をまだ着けておられない場合はすぐにつけることをお勧め致します。

また腸管への寄生虫感染の可能性もあるとおもいますから、駆虫剤の投与もされることをお勧め致します。

発熱したり食欲元気が無い場合にはより積極的に、入院して静脈点滴をする、インターフェロンの注射、腫れがひどい場合には一時的にステロイドを使用して炎症を抑える、抗生剤は続ける、赤血球に寄生する細菌もいますので定期的に血液検査をする、などの治療をされることをお勧め致します。食欲を維持して元気がなくならないようにすることが大切ではないかと思います。

 

issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


ご回答有り難うございました。


 


ノミ、ダニ駆除は保護した日につけ、検便は翌日にしコクシの卵があり、駆除すみです。


 


何かのアレルギーの可能性もあるとのことですが、先日カメ虫が1匹部屋の中にいましたが、カメ虫はアレルゲンになりますか?


 


今のところ熱もなく食欲もあります、今後、悪化した場合の対処方法、参考にしたいとおもいます。有り難うございます。

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

ノミダニの駆除はされて、コクシジウムの感染があったということですね。コクシジウムは消化管粘膜細胞に寄生する単細胞生物で分裂して増えるのでなかなか駆除しづらいですし、治療は2週間以上かかります。また繰り返し便検査(1週間ごと位)してオーシストが検出されないことを確認されるようにお勧めします。

アレルギーというか、例えば寄生虫に対して好酸球という種類の白血球の増加がみられた場合、免疫反応の一種として腫れの症状が出る場合もあるかと思います。

カメムシの匂いなどに反応することはあるかもしれませんが、アレルゲンになるかどうかは正直分かりかねます。

現在食欲ありで発熱もないということですね。

顔の腫れは明らかに何らかの免疫反応による浮腫の結果だと思います。体の中にサイトカインという免疫系を活性化する物質が過剰に産生されて免疫系が混乱した結果ではないかと思います。その場合治療は炎症を抑えるためにステロイド、体液中のサイトカインの排泄を促すための点滴(状況に応じて皮下点滴や静脈点滴)、抗ヒスタミン剤の注射が有効だと思います。特に点滴は重要です。

明日も顔の腫れがある場合はこれらの受診されてされることをお勧め致します。アレルギーなどの症状が出ている場合は脾臓や腎臓の梗塞が起きることがあるので点滴して血液還流をしっかりされることは重要です。

お大事にして下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

もう少し様子を見てから受診しようと思っていましたが明日受診
します。


有り難うございました。


 

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

明日受診されるということですね。

最近1週間で検便されていないのであれば、できれば猫ちゃんが便をしたらラップに包んで冷蔵庫で保存しておき受診時に持参されて検便されることをお勧めします。

また歯茎の色が白くないかなども良く診ていただくことをお勧めします。また検温もしてあげて下さい。猫の平熱はだいたい38℃から39℃の前半位です。

血液検査は先生とご相談されて必要があればされるとよろしいかと思います。

アレルギーの治療時に点滴されない先生もおられますが、お願いしてしていただくのがよろしいかと思います。

お大事にして下さい。

 

猫 についての関連する質問