JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

初めて質問させていただきます。12月で満16才になる雌猫です。8月下旬より食が細くなり痩せてきたので、9月中旬に受診

質問者の質問

初めて質問させていただきます。12月で満16才になる雌猫です。8月下旬より食が細くなり痩せてきたので 、9月中旬に受診したところ、腎臓の病気ということで治療中でした。しかし、すぐに口の開きが悪くなり、9月下旬に顎の筋肉萎縮症(左側)といわれました。ステロイド治療を1週間くらいしましたが、効きませんでした。すぐに自力で食べることができなくなり、スポイドなどでヒルズa/dをミキサーにかけたものやニュートリカル(犬用ですが)を与えています。左目は筋力の低下のためか眼球がずれて白眼がちです。また栄養不足のためか前足が不自由になり、あまり動こうとしません。横になってばかりいます。今日はなぜか朝から雨の中を外に出たがり、玄関の前で鳴いてばかりでした。死が近いのかなと思いました。猫は死が近くなると飼い主の前からいなくなると聞いたような気がしますが、単に草が食べたかったのかも。猫には珍しい病気とのことでしたが、治療法や何かできることはありませんか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんにちは。

16歳の猫ちゃんで9月下旬から筋肉の委縮がおきはじめたということですね。

恐らく神経からの刺激が無くなって急激に筋力が低下している病気ではないかと思いますが、詳しい原因や治療方法は残念ながら分かりかねます。

対症療法としては鼻から細い管=カテーテルを入れて(経鼻カテーテルといいます。)そこから流動食を入れてあげるか、麻酔をかけても大丈夫であれば食道チューブを設置して、そこから食事を入れていただくがよろしいかと思います。栄養がしっかり補給できませんと体力が低下して痩せていきます。恐らく食事が十分に摂れていないことも元気が無い原因の1つではないかと思います。

病気自体の治療法については、方法の1つとして大学病院などの2次診療施設にいけるのであれば、専門の先生に一度は診察していただき病気の原因や有効な治療法があるかどうか調べていただくのがよろしいかと思います。

主治医の先生から受診予約をとっていただき、治療経過報告書を大学に提出することで受診可能になります。また受診後はまたかかりつけの先生のもとで必要な治療を行えますので毎回大学病院に通う必要はございません。

お話をお伺いする限りですと病気は進行しているように思います。まだ動けており鳴く元気もあるのであれば食事さえしっかり摂れればまだまだ頑張れるのではないかと思います。

チューブの設置は主治医の先生でもできると思います。一度主治医の先生にご相談していただきチューブの設置や大学病院への受診などご検討されみてはいかがでしょうか。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答をいただき、ありがとうございます。返答が遅くなり、申し訳ありません。筋肉の萎縮症と書きましたが 、主治医に確認したところ、顎の筋肉の筋肉炎(咀嚼筋炎?)とのことでした。猫には本当に珍しいらしく治療法もないとのことで、ステロイドも効いていないようです。主治医からは胃瘻(食道チューブ?)の話も伺いましたが、その時点では元気だったので考えられませんでした。今は急激に弱ってしまい、歩くのも辛そうです。食欲もあまりなく、時々、点滴を打ってもらっています。これでは大学病院での受診も遅いかもしれませんね。今後のこと、主治医に相談してみます。ありがとうございました。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

顎の筋肉炎ということですね。

何とかして食事を食べさせてあげて栄養を補給できればよいと思います。またビタミンb群の補給も有効な場合があると思います。

現在までに猫の咀嚼筋炎の報告はないそうなので、もう一度他先生に診ていただき再度他の病気の可能性がないのかを調べていただきたいと思います。私はほかに病気の原因があるのではないかと思います。ただしステロイドでの治療は悪くは無いと思います。

定期的に血液検査をして糖尿病になっていないかどうかもモニタリングすることをお勧めします。

なんとか猫ちゃんの体力がもってくれて、大学病院での診察、治療方針が立つことをお祈りしております。

お大事にして下さい。

質問者: 返答済み 3 年 前.

再度のご返答ありがとうございます。主治医からは、猫の顎の筋肉炎は近年になってわかったと言われました。主治医本人も今までに2・3件の経験があるとのことでしたが、猫の咀嚼筋炎の報告がないのであれば、勘違いでしょうか?ビタミンは点適時に入れているようです。水をやたらに欲しがるので、糖尿病も気になります。今日、点滴に行く予定なので調べてもらおうと思います。大学病院の受診も体力を見ながら、考えたいと思います。ありがとうございました。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

鏡病院に行かれるということですね。いずれにしても難治性の病気なのであれば、2次診療の病院での診察の件をご相談されてみてはいかがでしょうか。

お大事にして下さい。

猫 についての関連する質問