JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

14才のシャム猫オス、体重6.0kg、ちょっと太り気味ですが、元気です。 小さい時5才位から血液検査ではコレステロ

質問者の質問

14才のシャム猫オス、体重6.0kg、ちょっと太り気味ですが、元気です。
小さい時5才位から血液 検査ではコレステロールとGPTが250程度と高かったが、元気だったため特に治療もせず、ここまで来ましたが、13年一緒に育った相棒猫(享年18才)を一昨年前に亡くし、すっかり気落ちして、BUNも40になり、それを機に肝臓も1年前から治療開始、食事を腎臓サポートに変え、ネフガード、エファベット、ウルサミック100mgを一日一回飲んでいます。
現在BUNは30~35、GPTは150~220で推移しています。体調に変化はありません。食欲旺盛で元気です。今は3か月毎に血液検査と薬をもらっています。

今まで飼っていた猫は2匹とも18才で体調を崩すまで医者いらずでした。あまり、いじくりまわすより家でのんびりさせていた方が長生きするような気がして、毎回1万円以上かかるのもきついですし、医者嫌いの飼い猫のストレスを考えると、全く症状もなく、元気でも、この治療を今後もずっと続けるべきなのかどうか悩んいます。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

肝臓に関しては今まで治療していなくて悪化もしていないということですので、確かにストレスを考えると肝臓だけであれば治療をした方がいいかどうかはなんとも言えませんが、腎臓もとなる と話は別になります。

肝臓は肝酵素がどれだけ高くても、酵素が高いことが直接体調に影響することはありませんが、腎臓の数値は高くなれば気分を悪くします。
また、肝酵素が高い=肝不全ではないですが、腎臓の数値が高いのは腎不全になります。

やはりネフガードなどは飲んでおいた方が悪化の仕方は緩やかになります

それから腎不全の治療にもっともよいのは食事療法と言われていますので、食事療法(療法食)もやって行った方がいいかと思います。

質問者: 返答済み 3 年 前.

早々のご返答ありがとうございます。


年齢を考えても、腎臓のケアが優先するのは理解しております。


そのため、ウルサミック以外はネットで購入しているので、腎臓のために今後もロイヤルカナンの腎臓サポートのカリカリをメインの食事、プラス水分多めの缶詰を併用でキープし、ネフガードも続けていくつもりです。これ以外での食事療法は何かありますでしょうか?


 


肝臓のGPTの高さが気になりますが、1年前の治療前(150~260)と比べても大きく数値がさがってはいないようです。(今は150~220)


この状態で、症状がなくてももウルサミックを飲ませ続ける意味があるのか、いつまで続けるのか(一生?)、副作用は全く考えなくてよいのか、一日一回100mgの投与は妥当か、等々、気になっています。


 


結局はウルサミック投与の効果の確認のための血液検査と、薬の処方のために3か月毎に通っているので、もし、飲ませる必要があまりないなら、猫のストレスを考えて、せめて半年に一度か一年に一度の診察にしたいと思っています。


 


それと多少の歯肉炎があります。歯茎が赤いですが食事に不自由はなく、食欲旺盛です。抜歯は年齢と肝臓の数値を考えるとおすすめできないと言われています。何か手立てはありますでしょうか?


 


元々太り気味だったので以前はヒルズのr/dを食べて5.6~5.8kgをキープしてましたが、去年から腎サポに変えたら少し体重も増えて6kgになってしまいました。、そんなに食事量は多いとは思いませんが、5.8kg以下にはなかなかなりません。ダイエットすべきでしょうか?


 


聞きたいことが多くなってしまって申し訳ありません。


これらについてご返答いただけると幸いです。

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

まず、ウルサミックは副作用はほとんどありませんので気にしなくても良いですし、用量もそれで問題ないでしょう。
飲む必要があるのかは、正直どうかわかりませんが、飲んで害になることはありません。
肝臓の数値が下がればやめますが、ある程度までしか下がらない場合は飲み続けることもあります。
昔から肝臓の数値が変わっていないのなら飲ませる必要はないかもしれません。
それは文面からだけでは判断できません。

歯肉炎に関しては抗生剤を使うか、歯磨きをするかになります。
症状が出ていないのであれば、確かに無治療でも大丈夫ですが、ひどくなることもあるので、できれば歯磨きはした方がいいでしょう。

腎臓にかんしては、腎臓サポートで問題ないかと思います。
それとネフガードで様子をみて行ってもいいでしょう。
ただし、理想的には三ヶ月から半年に一度は血液検査をしてもらった方がいいです。

それから、ダイエットはやはりやった方がいいでしょう。
腎不全の子では脱水しやすいので、水分をしっかり取らせながらのダイエットが必要になります。


japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.


ありがとうございます。


セカンドオピニオンが欲しかったので助かりました。


様子を見ながら半年に位のペースで連れていこうと思います。

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
はい、お大事にどうぞ。

猫 についての関連する質問