JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

糖尿病と診断され、インシュリンの投与を続けましたが、よくならず、四肢の麻痺がでてきました。ほかの病気が考えられますか

解決済みの質問:

糖尿病と診断され、インシュリンの投与を続けましたが、よくならず、四肢の麻痺がでてきました。ほかの病気が考えられますか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

糖尿病を誤診することはまずありません。
糖尿がうまくコントロールできないと末梢神経障害がでてくるので、おそらく診断が間違っているのではなく、治療がうまく行っていないのだと思います。
現在の血液検査結果はお分かりになりますか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

7月25日入院して、朝 晩、2回の投与をしました。血糖値は、569、630、163、269,374で、安定しませんでした。9月27日の検査では、423で、朝、1回で済むインシュリンの薬に変えました。2,3日して、歩き方がおかしいと思いみてもらったときは、血糖値は455でした。その薬を夜も3目盛り投与しました。そのあと、399,481と高かったので、もとのインシュリンの薬に戻しました。そのうち、前足もこけるようになり、血糖値も下がりません。背中を丸め、後ろ足は、べた足のように、両側に滑るようにあるき、5,6歩で、止まってしまいます。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

ケトン体は出ていませんか?またリンは測定していますか?
もう少し情報をお願いします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ケトン体は調べていません。リンも測定していません。カリウムは正常値だそうでした。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

まず、糖尿病は間違いなくあります。

糖尿病のコントロールがうまくいかず、併発症が出てしまっているものと思います。
そして症状からは糖尿病性の末梢神経障害を起こしている可能性が一番高いと思います。

これに関しては血糖値をしっかり下げることが一番の治療になりますので、糖尿病のコントロールがう まくいかないとよくなってこないと思います。
糖尿病ではリンが低下したり、ケトン体が上がったりします。
特にケトン体が高い場合は糖尿病のコントロールがうまくいかない時です。
ですので、ケトン体が高い場合、また2週間程度の血糖値の平均の指標となる糖化アルブミンを測定してもらい、これらが高いときはもう少ししっかりした糖尿のコントロールをしないと麻痺が治まらないでしょう。


japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問