JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

生後3~4ヶ月の子猫のことで質問です。(メス) 保健所からレスキューした子猫で、保健所に来た時点で骨盤骨折がありま

解決済みの質問:

生後3~4ヶ月の子猫のことで質問です。(メス)
保健所からレスキューした子猫で、保健所に来た時点で骨盤骨折がありました。
現在は自力で排便・排尿は出来ていますが排尿に関してはポタポタとしか尿が出なく
残尿感があるようで何度もトイレに行きます。
発育が悪く現在体重が1キロで同じくらいの子猫の1/3も食べていないように思います。
心配なときは自宅で皮下点滴を入れていますが育ってくれるか不安です。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんにちは。

3-4か月の子猫ちゃんで性別は雄でしょうか雌でしょうか。文章中には雌となっていますが性別欄は雄になっています。

骨盤骨折があり骨盤腔が狭い、食欲があまりないということですね。

どのくらい前の骨折なのか分かりませんが、まだ骨はくっ付いていないのでしょうか。

どの程度の検査をされておられるか分かりませんが、もし血液検査がまだでしたら一度血液検査もされることをお勧めします。一般血液検査とウイルス感染(猫白血病FeLVと猫免疫不全FIV)、をお勧めします。食欲不振の原因を見つけることが今後の発育の程度を知るうえで重要だと思います。栄養状態が悪い場合はしっかりした治療によって改善する場合もあると思います。

排尿が上手にできないのは神経が痛んでいるためか骨盤腔が狭いためか、今後の成長をみながら場合によっては骨盤腔を広げるために手術をする必要があるかもしれません。

ポタポタしか尿が出ないのであれば膀胱内に尿貯留が常時おきてその結果膀胱の収縮力が低下してしまう状態になるかもしれません。原因がはっきりしているのであればその治療をすることをお勧めしますし、はっきりしていない場合には排尿障害が出ている原因をなるべく突き止めることをお勧めします。レントゲン、エコー検査、尿検査、が検査の候補になると思います。感染性の膀胱炎、尿石症、交通事故による神経障害、などが考えられます。

食欲がないと育たないでしょうし、排尿や排便が不自由ですと慢性疾患(重症便秘や巨大結腸症、慢性膀胱炎から腎不全)になる可能性があると思います。

ご自宅での看護で何とかなる状態か入院が必要かの判断も含めて調べる必要があると思います。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございます。


メスで交通事故から約1カ月です。エイズ・白血病はマイナスですが


小さいのでまた変わるかもしれないとの獣医さんの判断でした。


エコー・尿検査はまだしていませんが、尿については交通事故の影響


だといわれましたが、それに対しての処置はありません。


事故による神経障害の場合改善の治療はありますか?


また食欲がない場合皮下点滴はしておいたほうがよいでしょうか?


(乳酸リンゲルを30~50CCです)

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

雌ということですね。

骨盤のあたりの脊髄(中枢神経)から出る馬尾神経が交通事故の影響で損傷している場合には排尿障害がでるために膀胱の収縮が上手にできず膀胱に常時尿貯留を起こす場合があります。脊髄神経の損傷の場合、脊髄は中枢神経ですからこれの修復は難しいですが、その末梢神経の損傷であればまだ若いですし今後回復する可能性はあると思います。ただし膀胱が弛緩した状態が続くと膀胱の収縮力が失なわれるのでそれ自体問題ですので、もし尿道自体に問題ない場合は、飼い主様が圧迫して尿を出してあげることをお勧めします。

まずエコーで膀胱内の尿貯留がいつもあるかどうかを調べる、次に尿道は問題ないこと、尿検査でも膀胱炎をおこしていないことを調べて、問題ない場合先生に圧迫排尿の仕方を教えていただくのがよろしいかと思います。またベサコリンなどの神経に作用して膀胱の収縮を助けるお薬を飲ませることも、補助療法として考えられます。

皮下点滴(乳酸加リンゲル)は電解質は入っていますが栄養は入っていません。まったく意味がないことはないですが、それだけでは不十分です。そのため食欲が無い場合には何等かの方法で食事を口から給餌する必要があると思います。なぜ食欲がないのか、原因を突き止めることも重要だと思います。骨盤腔が狭いために便秘気味で食欲が無いとかいうことは無いでしょうか。しかしとりあえずの方法としては、例えば経鼻カテーテルを設置してもらって飼い主様が流動食を給餌するなどの方法が考えらると思います。

issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問