JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

生後5ヶ月くらいの女の子ですが、 食欲不振と元気がないため、 10月5日に病院に連れて行きましたが、 40度近

解決済みの質問:

生後5ヶ月くらいの女の子ですが、
食欲不振と元気がないため、
10月5日に病院に連れて行きましたが、
40度近い熱があると言われ抗生剤の注射とビタミン注射と皮下補液をしてもらいました。
昨日まで2日間通院しまし たが高熱が続き食欲もなく、
歩くにもふらついてしまい辛いです。
病院の先生には、触診とエコーで左側の腎臓がおかしいが開腹してみないとわからないと言われてしまいました。
今の状態で血液検査などをすることは体力的に無理があるのでしょうか。
不安です。
ご回答宜しくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんにちは。

5か月の猫ちゃんで高熱と食欲の不振ということですね。

熱があるということは体で炎症が起きているということですので、原因を調べるためにも血液検査やレントゲン検査などは一通り早めにされることをお勧め致します。その状態でも血液検査をする分には問題ないです。猫エイズや猫白血病ウイルス、などのウイルス検査や必要ならば猫伝染性腹膜炎の感染の有無を調べることもお勧めします。これらは血液検査で調べられます。

しかし開腹手術は慎重に検討されることをお勧めします。特にその手術をして回復する見込みがあるならしても良いかと思いますが、試験的に開腹してみるというような手術であればしないほうがよろしいかと思います。

外に出る猫ちゃんの場合は感染症による炎症の可能性もありますし、ケンカ傷が原因で胸に膿が溜まっている場合もあるかもしれません。現段階で病気の原因を特定することは困難なのでしっかり血液検査やレントゲンなど比較的負担の少ない検査を早めにされることをお勧め致します。病気の中には猫伝染性腹膜炎(FIP)や猫白血病ウイルス、など予後不良の病気の場合もあります。しかし猫エイズなどはしっかり治療することで比較的予後が良い場合もあります。

診察しておりませんのでわからないところもありますが、試験開腹は最後の手段でありまずよほどのことが無い限りしないことをお勧めします。

質問者: 返答済み 3 年 前.
エコーの際に左側の腎臓が2個ある?ようだと言われました。
そのことが原因ていうことはあるのでしょうか?
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

左の腎臓が2つあるようだと言われたということですね。

左の腎臓が2つあるから発熱がおきるということは恐らくないと思いますので、それは腹腔内にできた腫瘤(肉芽腫)などの可能性のほうが高いと思います。調べる方法としては造影剤を静脈注射して腎臓の造影像を撮ることでほんとに左に腎臓が2つあるかどうかわかると思います。しかし一般的にエコー技術に長けた先生ならば造影検査されなくても腎臓かどうか判断できると思います。腎臓は左右に2つありますので、もしかしたら右の猫がやせていて右の腎臓も同時に見えているという可能性もあると思います。

試験開腹するまえにレントゲン、血液検査、をしっかりされること、開腹して腎臓が左に2つあるか調べるくらいなら造影検査をすることで簡単にそれが腎臓かどうか分かります。

あるいは消化管内異物の可能性もある場合はバリウムを猫ちゃんに飲ませて造影するなど検査されることをお勧めします。

その腎臓みたいな出来物が発熱や食欲不振の原因という可能性はあると思います。しかし治療方法として外科的切除することが完治につながるかどうかは何とも言えないと思います。

 

issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問