JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

初めて質問させて頂きます。よろしくお願いします。13歳・オス(去勢済)・雑種の猫を飼っています。 5日程前にお腹に4センチくらいのシコリを見つけ、今週の月曜日に動物病院で診てもら

解決済みの質問:

初めて質問させて頂きます。よろしくお願いしま す。13歳・オス(去勢済)・雑種の猫を飼っています。
5日程前にお腹に4センチくらいのシコリを見つけ、今週の月曜日に動物病院で診てもらいました。
乳ガンの可能性があると言われました。猫の乳ガンは診断が難しいので針を刺して調べるか、摘出して調べるかになると説明されましたが、その日は熱を計り、触診、食欲や日常生活を色々聞かれ、注射を打ち2週間様子をみることになりました。(注射の名前を忘れてしまいました、すいません)
熱もなく、食欲もあります。
乳ガン以外にも乳腺炎や喧嘩で傷ついて腫れている可能性もあるようです。
その時は特になにも聞かずに帰ってきてしまいましたが、疑問があります。

1:シコリは1週間前には無かったと感じています。乳ガンの場合そんな急速にシコリが大きくなるものでしょうか?
2:乳ガンの可能性があるなら様子をみないですぐにでも検査をしたほうが良いのではないでしょうか?
3:病院に行ったときは、痛がるそぶりはありませんでしたが今日シコリを触ると嫌がりました。悪化してる可能性はありますか?

症状が変化したら2週間待たずに来てくださいと言われましたが、もう一度相談に行こうか迷っています。

文章力がなく申し訳ないです。回答よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんばんは。

13歳の雄猫で腹部のしこりということですね。

しこりが7日前には無くて5日前に4cmの大きさということは2日間で4cmになったということになります。たしかに乳腺腫瘍に限らず腫瘍でそのスピードで大きくなることはあまりないと思いますが、逆にそれだけのスピードで大きくなっているということは今後も大きくなる可能性があるということです。

乳がんかどうかも含めまして腫瘍の種類や良性悪性の有無などは見た目では判断できません。そのため必ず細い針を刺して出来物の細胞を採取し細胞を調べて、炎症性か腫瘍性か、腫瘍だとしたらその種類や良性、悪性の判断、を着けることをお勧めします。

このような細胞診では診断は100%とはいきませんが、それでも手術したほうがよいかどうかの判断材料にはなりますし、ある程度予想をもって治療方針を立てることができます。

悪化の有無は分かりかねますが、痛がるということはその出来物が炎症を起こしているのではないかと思います。このまま様子をみるのではなく、なるべくはやく細胞診をされることをお勧め致します。細胞診は採取した細胞を必ず病理の専門家に提出していただき、結果が返ってくるまでの1週間は抗生剤を飲んで待つことをお勧めします。結果はすぐにはでませんのではやめに細胞診をされておかれることをお勧め致します。

issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございます。訂正です。


シコリは今日から1週間前ではなく、通院から1週間前には無かったと感じています。


解りづらい書き方をしてしまい、申し訳ないです。


 


早めにもう一度病院に行き検査を受けます。ありがとうございました。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

しこりは通院される7日前には無かったということですね。それでも7日間で4cmの大きさになるということは腫瘍性のものだとすると成長が早いと思います。

ただし雄猫の場合は乳腺腫瘍の頻度は低いですし、場所が乳腺の位置にあるとしても他の腫瘍の可能性もあります(例えば、肥満細胞腫、リンパ腫など)。そのために最初の検査として細胞診は必要だと思います。場合によっては腫瘍ではなく炎症性のものかもしれません。

いずれにしても早めに診断して治療方針を立てるべきだと思います。

お大事にして下さい。

猫 についての関連する質問