JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

はじめまして。 もうすぐ3歳になるオス猫を飼っています。 普段は室内飼いですが、3ヶ月ほど前に脱走し、先月保護し

解決済みの質問:

はじめまし て。
もうすぐ3歳になるオス猫を飼っています。
普段は室内飼いですが、3ヶ月ほど前に脱走し、先月保護しました。
念のため、病院で血液検査をしたところ、貧血(20%ほどしか赤血球がない)とFIV陽性という結果がでました。
この先、どうしたらいいのかわかりません。
去勢もしておらず、医師の話では麻酔も危険だし、そんなに先も長くないだろうから、そっとしておく方がいいのでは…と言われました。
もともとどんなに熱があっても食欲は旺盛な子ですが、普段よりは気持ちだるそうにしています。これ以上、何もする事がないのでしょうか…
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

FIVに感染してもそれほどすぐに貧血は起こりませんが、貧血の原因はなんだと言われていますか?
また、腎臓の数値は具体的にいくつですか?

もう少し情報をお願いします。
質問者: 返答済み 4 年 前.
貧血は、栄養失調からくるものではないかと言われました。

血 液検査の結果は
WBC9400
RBC384万
HCT28.0%
Hb8.2
PLT15.0万

総蛋白7.7
アルブミン2.7
A/G比0.54
総ビリルビン0.2
AST(GOT)18
ALT(GPT)38
ALP44
γ-GTP0.1
リパーゼ18
尿素窒素32
クレアチニン1.1
総コレステロールロール125
中性脂肪43
カルシウム10.0
無機リン6.4
血糖70
という結果でした。
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

確かに今の貧血はそれほど強いものではなく、栄養不良や慢性炎症でも起こってくる程度の貧血ではあります。
ただし、外に脱走してから起きているものですので、ヘモバルトネラと言われる赤血球の寄生虫には注意が必要です。
FIVは喧嘩などでうつることがほとんどであることを考えられると、そのヘモバルトネラが原因で貧血と体のだるさが起こっている可能性もあるかと思います。
これは、機械で検査してもわからず、血液を顕微鏡でみないとわかりません。
これがなければ少し様子を見てもいいと思いますが、こちらの検査はやってもらう必要があるでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.
FIVに対する対応はどうすればいいのでしょうか。
今日倒れるか、明日倒れるかと思うと心配で外出もままなりません…
食欲で判断して下さいと医師には言われましたが、起きるのがしんどくても食べるタイプで、普通の猫より我慢できる子だね、と医師に言われ、もしかしたら辛いのを我慢しているのではと思うと心配です…
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
FIVはHIVと同じで、感 染=発症ではありませんし、感染3ヶ月で発症するとは考えられません。
もし脱走前にFIV陰性だったのであれば、発症していることはまず考えられませんし、そのときに要請だった場合でも口内炎などなければ発症している可能性は低いかと思います。
FIVは発症しなければ、特に今のところ何か治療が必要だというデータはでていませんし、ストレスをかけないようにしてもらうことで発症のリスクを減らすことはできます。
ですので、もし元気、食欲が出ない場合はFIV以外の原因を探る必要があるでしょう。
FIVは発症しない限り(発症したかどうかの判断は難しいですが)、全身に影響を与えることはないですし、発症したとしてもFIVの治療ではなく、口内炎や感染症などの治療をしていくということになるので、今元気がない理由を探らないと治療のしようはないです。
脱走して疲れているとか脱水しているのであれば、点滴で数日でよくなってくれることが多いです。
それで改善しなければ、先ほどあげたヘモバルトネラを含めてレントゲンやエコー検査などさらなる検査が必要になるでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.
9月10日に保護して、3日ほどして診察、風邪かもしれないと 言われ、抗生物質を服薬していました。服薬から3日ほどして、上顎の犬歯の裏側のあたりに直径3mmほどの丸い口内炎ができましたが、しばらくしてなくなりました。
FIVの症状ではないですか?
また、普段よりは少しお腹が膨れているように思えます。
食事をしてもしていなくても満腹な感じのお腹です。
それは保護直後から感じていました。
普段はあまりグルーミングをしない子なんですが、やたらかいて、毛を舐めます。所々毛も抜けています。
医師は傷あとが痒いからではというのですが、そうなんでしょうか。
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
お腹が膨れているというのはエコー検査などはしていないですか?腹水が溜まっていれば話はかわってきます。
それから風邪症状はおさまっていますか?
質問者: 返答済み 4 年 前.
医師は先ほど書いた症状にはあまり関心がない様子でしたので、エコーなどもしておりません。

風邪については、抗生物質を服薬し切ってから2週間弱経ちますが鼻水も目やにもありません。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
それであれば、そちらを調べないことには治療方針は決まりません。
腹水があれば、その原因を調べてその治療をしないとよくならないでしょう。

口内炎=エイズの発症ではないです。
可能性はありますが、まずは先ほどもあげたように貧血の原因と腹水がないかをみることが一番です。
もし調べてくれないのであれば、他の病院でセカンドオピニオンを聞いてください。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問