JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

3日前に安楽死させた”み-こ”のことで、お伺いします。 6月頃からひ-ひ-と空咳をするようになり、病院で抗生物質をうちました。 血液検査 cre

解決済みの質問:

3日前に安楽死させた”み-こ”のことで、お伺いします。
6月頃からひ-ひ-と空咳をするようになり、病院で抗生物質をうちました。
血液検査 cre 2mg/dl
gpt 511u/l 薬をもらいましたが、用心深い性格の為、ほとんど飲まず。
7月後半から、食欲が落ち、耳が熱いようなので、病院へ。脱水症状で、点滴と抗生物質をうちました。
8月末 咳の発作 顔を近づけると、ゼロゼロ言ってる が多くなり、便秘気味
何も食べずミズも飲まず
9/9 病院へ。 激しく抵抗 血液検査・レントゲン・エコ- 全てやる。エイズ・白血病は大丈夫。
胸水が溜まって肺を圧迫。コップ2杯程摂る。摂った後、肺が広がったので、一安心。

血液検査 cre -ps 1.4mg/dl
gpt-ps 95u/l 改善しておりました。
治療に2時間半 この間ズ-っと心臓バクバク 病院大嫌いなので、すごいストレスだったと思います。

病理検査の結果  滲出性胸水  腫瘍を疑うには足りず。

好きだったブラッシングもすぐ止める。
外出の支度を見るとにげる。前はうるさい位、くっついていたのに。避ける。心も傷ついたよう。

9/12 グッタリしている。口元まで食事を持っていくが、食べない。 水は少し。

9/14 一週間、飲まず食わず。 病院へ。 物凄い抵抗。  胸水、前より多い。
    点滴・抗生物質・ステロイド(抗炎症) 片肺が、なかなか抜けないとのこと。
    もう呼吸の度に頭も動いている。  新ビオフェルミンちょっと ステロイド粉にして与える。
    殆ど食べず。
この頃から徹底的に避けるので、私がストレスと思い、外出する。

9/18 隠れている。 水を飲もうとするが、自力では飲めない。 動くと、ぐったりして口を開ける。
聞いたことの無い声で泣く。
もうダメだと、思った。3年前に亡くなった父も可愛がっていたので、これ以上苦しめるよりは、父に迎えに来てと祈る。
9/20 一晩中苦しんで、寝てもいない。見ていられない。きゃり-に移す時、初めておもらしする。
病院へ。酸素室に入れる。 胸水100cc位  心臓の近くに、かさぶたか何かあるのか、抜けないと言う。  そのまま入院。  夕方少し楽そうに見えるが、抜いても前ほど肺が膨らまず、本人も楽そうでは無いとのこと。  胸水の中に腫瘍の細胞は見当たらないが、確かなことは言えないとのこと。  ステロイドはもう止め。  レトルトを少し舐め、自分で水を飲みに行ったのと事。嬉しい。
9/21 酸素室の中で、じ-っとしている。 私を見ても無反応。怒 っているんだな。
9/22 酸素ハウスを調べているとき、病院から電話。容体悪し。10時頃

酸素室の中でも目をむいて、口を開けて、苦しそう。
治療台に出して、酸素マスクに切り替える。
何度か目を閉じ、この苦しみから解放されることを、願ったが、何度かじっとしていられず、後ずさりしたり、座り直したり、マスクをはずそうとする。 最後には、もうマスクは要らないと言うように、手でよける。
休日なので、5時以降いられないとのことで、何とか居させて欲しいとたのむが、むり。
救急病院へ行くにも、移動時の酸素がなく、酸素やも休み。 自然死を望むが、もう一晩この苦しみは無理。 4時安楽死を提案。  私には決められない。しかしもう見ていられない。
安楽死を決断。  肉球はピンク。でもこんなピンクは見たこと無い。 心臓がなかなか止まらないと言われる。
何の病気だったのか、他に選択肢は無かったのか、お母さんがいると安心すると言われ、残酷にも10時から4時まで、苦しませてしまった。 もう少し早く決断すれば良かった。と同時に、心臓がなかなか止まらなかったのなら、まだ生きられたのでは、と思ったりして、うちに帰って来てから、一晩中、もうしわけなかった  とあやまりつづけました。
命あるもの、何時かわかれが来るとは思っても、なぜみ-こが、あれほど苦しまなければならなかったのか、病院の勧めで、いろいろ検査をしても、結局は、病名も治療法もわからず、殆ど3週間食事も水もとらず、うんちも出ないで、大嫌いな病院で苦しんで死ななければならなかったのか!?
それを思うと、息もできず、気が狂いそうです。
安楽死も苦しむとネットで見て、やはり殺してしまったんだと思いました。
一年前くらいから、トイレの砂をベントナイトに変えたのもよくなかったのでしょうか?
何でもいいです。病名ともう少し何か方法がなかったのか、ご意見をいただきたいのです。
宜しくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんばんは。

大切な猫のみーこちゃんがお亡くなりになったとのとこ、心からご冥福をお祈り申し上げます。

症状としては咳と胸水の貯留(滲出液)ということですね。そしてGPTが最初高かったということですね。

滲出液は慢性心疾患、腫瘍の場合にでることがよくあります。また咳の症状は猫の場合、喘息やフィラリア症などの場合にでることが多いと思います。さらにGPTは猫の場合肝疾患以外に甲状腺機能亢進症(甲状腺ホルモンの分泌過剰になる病気)で上昇することが多いです。

症状から病名を1つに絞ることは困難ですが、腫瘍、心筋症(心臓の筋肉が分厚くなったり動きが悪くなる病気です。)(甲状腺機能亢進症からくるものも含む)、喘息、全身性高血圧などが病気の原因ではないかと思います。

飼い主様のお気持ちや治療経過は非常によく分かります。病院嫌いの猫ちゃんで呼吸が苦しそうなのでなんとか治療をしてあげたいけれど胸水貯留の原因がはっきり分からないケースはしばしばみられることです。胸水を抜いてもまた時間が経てば貯まりますので次第に体力が失われていき、やがてお亡くなりになることが非常に多いです。

胸に水が溜まるなどの呼吸が苦しくなる病気は難治性のことが多いですが、ご自宅でできることは酸素室をレンタルしていただいてその中で過ごさせることが考えられます。しかし猫ちゃんによっては酸素室から出たがることもよくあります。また部屋を涼しくしてあげると多少呼吸がしやすくなることもあります。

ご記入いただいた最後の症状からすると劇的な改善が見込めない状態では私も飼い主様が決断されたように楽にしてあげることが一番よろしかったのではないかと思います。

確かにご自宅で看取ってあげられかなったのは残念ですが、でも飼い主様に看取られて最後を迎えることができたのはよかったのではないでしょうか。

また心臓がなかなか止まらないと書かれておりますがそれは心臓にはペースメーカー細胞があるためしばらくは自動的に動き続ける仕組みですので決して苦しんでいるわけではございません。安楽死は麻酔をかけてからお薬を注入しますので、決してみーこちゃんは苦しむことなくお亡くなりになられたと思います。

呼吸が苦しい、あるいは胸水が溜まるなどの症状の猫ちゃんの治療は原因がはっきりしないことも多く非常に悩ましいです。

病院としは先の見通しをもう少し飼い主様に分かりやすくご説明して差し上げることができればよかったのかもしれません。

ぜひともみーこちゃんをしっかりご供養なされて天国でのお父さんと幸せに過ごせるようにお祈りされることをお願いします。

飼い主様はみーこちゃんを決して殺したのではなく苦しみから救ってあげたのだと思います。

みーこちゃんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

 

 

質問者: 返答済み 3 年 前.

回答有難うございました。 泣けてきました。 肉球がいつもより、濃いピンクだったのは、理由がありますか? ここまで酷い症状なのに、息ができず、水も飲めず、尚、自然死ができなかったのは、どうしてでしょう?


最後の日はもう、駆けつけた時から。時々痙攣が起きていました。意識は最後までしっかりしていたと思います。だから、余計むごかったと思うのです。


 


ベントナイトの影響はありませんでしょうか?今後の為にも知っておきたいのですが。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

肉球がいつもより濃いピンクだったのは、猫ちゃんも興奮して末梢の血管が拡張していたのと、100%酸素を恐らくは吸わせてあげていたのでいつも以上に末梢の血流量が増えた結果ピンクに見えたのではないでしょうか。

また犬などと異なり猫の場合しんどい場合自分で行動を制限して酸素消費を減らしたりしますので、胸水貯留や呼吸状態が悪化して食欲が減退してもどうにか自分をコントロールしていたのではないかと思います。しかし猫ちゃんでもほんとに呼吸が苦しくなるとパニックを起こしてバタバタと暴れてばったりお亡くなりになることもよくあります。

痙攣が起きていたということは、恐らく肺のパフォーマンスが低下しており脳に酸素が十分に供給されなくて低酸素状態による意識の低下によって起きていたと思います。

しかしお亡くなりになる前にしっかりお別れをしてあげることがお出来になったとおもいますし、恐らく呼吸しても酸素が吸えない苦しみは不安や恐怖を伴いますので、その状態から解放してあれげた飼い主様のご判断はやはり正しかったのだと思います。

ベントナイトの影響ということは砂のチリが肺に入って悪影響を及ぼすとかいうことでしょうか。もしそのような事例があれば報告されるはずですが、今のところベントナイトと呼吸器疾患の関係があるといった報告は私の知る限りなされていないと思います。

ただし猫砂によるチリと猫の喘息などにはやはり関係はあると思います。猫によって感受性の違いはあると思いますのでどれが優れているかは一概には言えないと思いますが、

猫砂はベントナイトにせよパルプ製にしてもほこりやチリが舞うことは同じですので、やはりなるべくチリが舞わないものを選ぶことがいいのではと思います。同じ生活空間に人も一緒に生活しているのでなおさらその点は気をつけるべきと思います。

 

質問者: 返答済み 3 年 前.

お返事有難うございました。 酸素ですが、副作用を聞いたとき、100%酸素では無いので、ということでした。


只、前日は、元気とはいかないまでも、酸素室で横たわっていたのに、あの日はマスクをあてがっても苦しんで、何度か自分で外そうとしていました。


私は後で、もしかしたら、酸素がいっていなかったんじゃないか、と思いぞっとしました。  一刻も外せない状況でしたので、自分で試してみれば良かった,と後悔しました。


先生のご指摘で、ちゃんと酸素はでていたのですよね?


それと、カルテを見せて欲しいと頼みましたが、法律で公開はできない、と断れました。そうなのですか?


金曜日に入院したのですが、たまたま主治医が土曜日から休みで、いろいろ間が悪いこともあったのではないかと、もしほかの病院だったらと、考え出すときりがありません。


 


もし、その日一晩おいておいたら、パニックを起こして、一人でもっと苦しんだかもしれませんね?


 


 

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

酸素は100%ではなかったということですね。その場合、酸素発生装置から供給される酸素を使用していたのだと思います。しかし80%くらいの酸素濃度のものが出ていたとは思います。

ただし、酸素室の酸素濃度はあまり高すぎてもよくないので一般的には40%程度の酸素濃度になるように設定されていると思います。また酸素が万が一供給されておらず酸素室の酸素濃度が低下した場合自動で扉が開くかブザーがなるように安全面でも配慮されていますので、酸素が足りなかったということは恐らくないと思います。

また猫ちゃんに酸素マスクをあてがうと顔の前にマスクが来るのでそれを嫌がる猫ちゃんは多いと思います。

カルテは飼い主様からの請求があればカルテのコピーを開示しなければならないと思います。法律で開示できないということは絶対にありえません。他の病院でも請求があれば嫌でもコピーして渡しております。

飼い主様の気持ちの整理がまだつかないのですね。心が落ち着けるようになるにはまだ時間がかかりそうに思いますが、私でよければ出来るだけご相談に乗らせていただければと思います。一日もはやく飼い主様にこころの平安が訪れるように願いっております。

 

質問者: 返答済み 3 年 前.

ご返事有難うございました。


当日は、私が行った時点で、酸素室の中で、目をむき苦しんでおりましたので、私がそばに居られるように、酸素室から出して、マスクをあてがい、ず-とそうしておりました。口に直接の方が良いということでした。


 


カルテの件は、その旨指摘してもう一度頼んでみます。あの病院を選んだのを、少し後悔しております。


 


でも先生のご回答で、納得できたところもあり、大分気持ちが落ち着きました。


 


み-こはきれいな猫でした。一人暮らしの父を慰め、その後私を支えてくれました。相談できるお姉さんのようなそんざいでした。


 


そんなみ-こを死後思い出すたびに、断末魔の苦しみの様子しか浮かばず、怯んでおりました。


 


でもみ-この写真ができましたら、やっぱり可愛くて、まるで生きているように見え、私を愛して温めてくれた可愛いみ-こを思い出すのがみ-こも喜ぶだろうとおもうようになりました。


 


今み-こは骨になって、父と母と一緒に仏壇に並んでいます。


49日が過ぎたら父が丹精した庭の、元気なころによく上っていた松の木の根元に、骨を埋めてあげようかとおもいます。


 


私が死んだとき、一緒に埋めてもらおうかと思いましたが、み₋はこの家が好きでしたから。


 


最後にお願いがあります。


物言わぬ動物相手で、難しいとは思いますが、検査をしてもはっきりしないことが多すぎます。  


 


み₋このように、苦しむ猫が少しでも減るように、さらにご努力頂きたいと,切に切にお願いいたします。


 


み-こが頑張ったように、彼女に恥じないように私も、乗り越えなければと思えるようになりました。


 


お忙しいところ、何度もご回答有難うございました。


どんなに慰められたか分かりません。


 


あれで良かったんですよね???

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

飼い主様の気持ちはよく分かります。私も猫を飼っているので飼育管理や治療など難しいなといつも感じております。

飼い主様のこころからの声をお伺いさせていただき、大変自分の心に感じるものがありました。私も多くの動物を助けてあげれるよう、また飼い主様の気持ちを汲めるような医療を目指していきたいと思います。

動物はどうしても飼い主より先に亡くなります。つらい選択をされたとは思いますが最後まで看護してしっかり看取ってあげられたことは本当によろしかったのではないかと思います。

飼い主様もこころの整理がついてまた他の猫ちゃんを可愛がってあげられる日が来ることを願っております。

質問者: 返答済み 3 年 前.

今、カルテの開示は方針で出せないといわれました。
何か不都合でも?と聞きましたが、他の病院はともかく、40年やってて、そんなことを言われたのは、初めてだ。休日なのに、こちらは一生懸命やった。


とのことでした。


 


ちなみに


木更津市幸町1-5-11  平野動物病院  0XXX-XX-XXXX


です。


 


先生とネコちゃんが、お幸せでありますように。


 


長い間、ありがとうございました。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

カルテは見せてはいただけないということですね。

もうすこし間をおいてから治療経過報告書という形式でいただくことならばできるかもしれませんね。獣医師として精一杯治療された先生の言葉も嘘は無いと思います。

今はみーこちゃんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

飼い主様の心に平安が早く訪れますように願っております。

 

 

issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問