JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の質問を受け付けております。
60637329
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

11歳雄のスコテッシュ(信と言います)、家飼いです。激やせし(8月6日3.5㎏・昨日3kg)エサを食べていない事にこ

解決済みの質問:

11歳雄のスコテッシュ(信と言います)、家飼いです。激やせし(8月6日3.5㎏・昨日3kg)エサを食べていない事にこの連休に気が付きました。2匹飼 っているため気が付くのが遅くなり後悔の念にかられています。
昨日獣医さんに、エコー検査で両方の肺が白く、左側に大きいかたまりがあるので、レントゲンを撮影して頂きました。その大きいかたまりは、腸から出ているもの、先天性か後天性かわからないそうです。反対側の肺に2個癌の疑いがあるかげがありました。ひぞうかも知れないとも言ってました。又、注射器で(1.5×7センチ)2本水を抜いたそうです。その水を顕微鏡でみたところ、癌だと思われる浮遊物はないようですと言っておりました。
左側の腸が飛び出たかたまりを結んでしまう手術をするにも、もう一度全身麻酔でCTを撮る必要があるのですが、獣医さんのところでは出来ないし、信の「体力が持たないでしょう」との事です。昨日夜7時に分かった事ですが、もう看取りしか方法がないものなのでしょうか?
私達夫婦は信に、辛い・怖い・痛いおもいもさせたくありませんが、一度ご相談したいと思いメールしました。予期せず突然の事態に動転し、内容にご理解頂けるか・・・ご回答宜しくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
こんにちは。
腸から出ている固まりというのはお腹の中ではなく、皮膚の上にあるのですか?どの辺にありますか?ヘルニアということでしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

レントゲンでは、左肺の形の中、下の方に肺の大きさ4分1の大きさのかたまりです。立体的にはお伝えできず、平面で表現してます。


先生の説明では横隔膜の上です。

質問者: 返答済み 4 年 前.


肺の中です。肺の中に腸から管のようなものでつながって肺の中にかたまりができている。手術をするとしたら、腸壁を結んで、肺に何かが入らないようにすること。手術を始めたる時メスを入れたとたん、何かが飛び出す可能性もあるそうです。一番は麻酔に耐える体力だそうです。


 

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
返答ありがとうございま す。
とても難しい病気だと思いますし、1つの病気だけではないので、手術をしたからといって完治するというのは難しいかもしれません。
飼い主さんがどうしたいかにもよると思いますが、肺に病変があるというだけで、麻酔のリスクは何倍にも上がると思います。
私だったら手術はすすめず、少しでも呼吸かが楽になるように自宅でもレンタルの酸素ボックスを借りてもらったり、胸水がたまったら抜くというのを繰り返すと思います。
しかし、少しでも治る見込みにかけられたいのであれば、手術をするという方法もありだと思いますよ。
専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
続きです。
手術をするなら、かなりのリスクはありますので、前もってCTでどこにどんな病変があるかをしっかり確認してもらった上で、できるだけ短時間で手術を終わらせてもらう必要があります。私は特殊な例ですし、出来れば大学病院など設備の整ったところで検査、手術をしてもらった方がよいと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

昨日はありがとうございました。心が落ち込み返信できず申し訳ありませんでした。


あと一つだけお答え頂ければ幸いです。


昨夜と今朝の信の様子ですが、やはり、水・エサは口にしません。


トイレは、よたよたしながらも玄関外の風除室へ行きます。


いつもの自分のベットには入らず、転々と移動しぐったりしていました。


夜中は、大好きな主人の枕元に2回来て、ゴロゴロしましたが、気が付くといませんでした。


今朝は、好物のヨーグルトを食べたそうに来ていましたが、はじめは匂いだけでした。皿の位置を少しだけ高くしてみたら、テースプーン1杯弱ぺろぺろしました。


 


今後、水・エサを食べずにいて体力はどの位持つものなのでしょうか?


獣医師さんは脱水症状になったら連れて来るようにと、点滴がすぐできるようにしているようです。(足に包帯ぐるぐる巻いてます。痛々しいです)


 


主人が、信の事を考えての事ですが、もう一匹8歳雄ペルシャ猫(トム)を近づけないようにするため、トムが神経質になっています。


トムの方が小さいころから胃炎をおこしたり病院通いが頻繁なだけに心が痛みます。夫婦(72歳・61歳)で乗り越えなければいけない試練です。


信もトムも大切な家族です。余命の質問にお答え頂ければ、覚悟ができるような気がいたします。宜しくお願いいたします。

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
そうでしたか… 突然のことでびっくりされたでしょう…

お水をとらないと、数日で脱水が進行してしまうので、全く飲まず食わずですと、一週間ももたないかもしれません。
てきれば、皮下補液だけでも毎日してあげたほうが本人もだいぶ楽だと思いますよ。
質問者: 返答済み 4 年 前.

皮下補液とは?


注射ですか?飲み物ですか?


獣医師さんがしてくれるのですか?


これから連れて行った方がいいですか?

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
説明不足ですみません。皮下補液は、首の辺りに点滴の液を入れるものです。
今静脈に入っているのであれば、それが3-4日はもちますので、それが使えなくなったらでいいと思いますよ。
静脈の方を使えるうちはそこから入れてもらったほうが直接血管に入るのでよいと思いますよ。
質問者: 返答済み 4 年 前.

足に包帯がしてあります。いつでも点滴ができるようにと聞いてます。
それの事ですね。


 


本当に我慢強い、綺麗好きな信ちゃんです。


 


初めて動物を飼い始め、知らない事ばかりで、本当に信ちゃんには可哀想な事ばかりでした。


 


夫婦で信じあって仲良く暮らそうと、夫婦約束の信ちゃんの命名です。


 


いろいろ本当にありがとうございました。


 


飼い主の心のサポート感謝申し上げます。


 

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
そうでしたか、動物はしゃべれないので、どうしても病気に気づくのが遅くなってしまいますよね。
でも今気づけてあげたおかげで、信ちゃんも残りの時間を飼い主さんと穏やかに過ごせると思いますよ。最後まで苦しまずに、少しでも飼い主さんと一緒にいれたらよいですね。
loverai0210をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問